naohana

常連さん

回答数:0

編集

親子間の連結相殺仕訳について教えてください。
親会社の会計期間は4/1〜翌年3/31、子会社は1/1〜12/31です。

親会社が子会社の応援に行った場合の第2四半期決算(親会社:4-9月、子会社:1-6月)
における相殺仕訳です。
個別仕訳では子会社は親会社に応援費用を払い、親会社はその分収益をもらいます。

4-9月の応援費用を100、9月末における債権・債務を50とすると
相殺仕訳は次のようになります。

 収入(親会社)100/費用(子会社)100
 未払金(子会社)50/未収入金(親会社)50

ただし上記の金額は親会社の9月末時点における金額なので、
子会社の方でも7-9月の金額を連結上追加計上しなければなりません。
(子会社の第2四半期は6月までのため)

7-9月の応援費用が80の場合追加仕訳は次のような仕訳で良いのでしょうか?

 子会社の追加仕訳

 “駘80/未払金80
 
 9月末時点の債権・債務が50なので次の仕訳も必要でしょうか?

 ¬なФ30/現金30 

どうも△了徒がしっくりきません。
,了徒だけでよいのでしょうか?


以上宜しくお願いします。

親子間の連結相殺仕訳について教えてください。
親会社の会計期間は4/1〜翌年3/31、子会社は1/1〜12/31です。

親会社が子会社の応援に行った場合の第2四半期決算(親会社:4-9月、子会社:1-6月)
における相殺仕訳です。
個別仕訳では子会社は親会社に応援費用を払い、親会社はその分収益をもらいます。

4-9月の応援費用を100、9月末における債権・債務を50とすると
相殺仕訳は次のようになります。

 収入(親会社)100/費用(子会社)100
 未払金(子会社)50/未収入金(親会社)50

ただし上記の金額は親会社の9月末時点における金額なので、
子会社の方でも7-9月の金額を連結上追加計上しなければなりません。
(子会社の第2四半期は6月までのため)

7-9月の応援費用が80の場合追加仕訳は次のような仕訳で良いのでしょうか?

 子会社の追加仕訳

 “駘80/未払金80
 
 9月末時点の債権・債務が50なので次の仕訳も必要でしょうか?

 未払金30/現金30 

どうも△仕訳がしっくりきません。
仕訳だけでよいのでしょうか?


以上宜しくお願いします。