•  

助け合い

経理、労務、総務のことでわからないこと、利用者同士で助け合いを目的とした掲示板です。ルールを守ってご利用くださいませ。

スポンサーリンク

決算月の給与仕分けのタイミングと内訳書について

質問 回答受付中

決算月の給与仕分けのタイミングと内訳書について

2012/05/19 11:37

sandot

おはつ

回答数:2

編集

いつも大変参考にさせて頂いていおります。
初めての決算でまずは内訳書から着手しているのですが
早速躓いてしまったもので、ご質問失礼いたします。


買掛金(未払金・未払費用)の内訳書 等に関係してくる
決算月の給与・役員報酬の扱いについて何点か悩んでおります。

 決算月 :4月
 給与締日:月末
 支給日 :翌月25日

1・通常は支給日である翌月25日に仕分け入力をしているのですが
  「4月の労働に対して発生した」ものかと思うので、
  4月中に「未払いの給与」として仕訳すべきでしょうか?
  それとも月末締めの場合は不要なのでしょうか。
  
 (※参考書には「締日20日の場合は21〜末までの分を
  日割計算して未払い費用に計上できる」とありました)

2・上記で「未払費用(従業員給与)」として計上する場合、
  役員報酬も混ぜてしまって良いのでしょうか?

3・更にこの「未払費用(従業員給与)」の金額に
  源泉徴収分(預り金)は加えて良いのでしょうか?

4・また、社会保険料(会社負担分)の前払費用としての計上は
  「5/25に支払う4月分給与に関わる分」で間違いなかったでしょうか?


初歩的な疑問なのかなとは思いつつ、調べた範囲ではどうしてもハッキリしなかったもので…
部分部分でも構いませんので、ご回答頂けましたら幸いです。

いつも大変参考にさせて頂いていおります。
初めての決算でまずは内訳書から着手しているのですが
早速躓いてしまったもので、ご質問失礼いたします。


買掛金(未払金・未払費用)の内訳書 等に関係してくる
決算月の給与・役員報酬の扱いについて何点か悩んでおります。

 決算月 :4月
 給与締日:月末
 支給日 :翌月25日

1・通常は支給日である翌月25日に仕分け入力をしているのですが
  「4月の労働に対して発生した」ものかと思うので、
  4月中に「未払いの給与」として仕訳すべきでしょうか?
  それとも月末締めの場合は不要なのでしょうか。
  
 (※参考書には「締日20日の場合は21〜末までの分を
  日割計算して未払い費用に計上できる」とありました)

2・上記で「未払費用(従業員給与)」として計上する場合、
  役員報酬も混ぜてしまって良いのでしょうか?

3・更にこの「未払費用(従業員給与)」の金額に
  源泉徴収分(預り金)は加えて良いのでしょうか?

4・また、社会保険料(会社負担分)の前払費用としての計上は
  「5/25に支払う4月分給与に関わる分」で間違いなかったでしょうか?


初歩的な疑問なのかなとは思いつつ、調べた範囲ではどうしてもハッキリしなかったもので…
部分部分でも構いませんので、ご回答頂けましたら幸いです。

この質問に回答
回答一覧
並び順:
表示:
1件〜2件 (全2件)
| 1 |

1. Re: 決算月の給与仕分けのタイミングと内訳書について

2012/05/19 19:06

anoano

すごい常連さん

編集

,砲弔い
 月末締翌月26日払いの場合には、決算日時点で
5月25日に支払うべき給料が未払いとなっていますので、
従業員については1月分計上できます。
△砲弔い
 従業員の計算期間と役員の計算期間は別に考える必要があります。御社の場合、5月25日に支払う役員報酬が4月分とする明確な根拠がある場合を除いて、むつかしいうような気がします。
従業員の計算期間は就業規則や賃金規定で定められますが、
役員については、原則として定時株主総会で決められた役員報酬は定時株主総会から翌年の株主総会までの役員就任期間中に対応するため、その支払方法をどのように決めたかによります。
この点については判断が分かれるところなので、顧問税理士などに相談することをお勧めします。
について
 預かり源泉税は発生していませんので、源泉税込みで未払費用に計上します。
い砲弔い
 社会保険の未払い(前払費用ではない)については、
5月25日に支払うべき給料から天引きする分は4月分なので、
それに対応した会社分(児童拠出手当金を含めて)を計上します。

,砲弔い
 月末締翌月26日払いの場合には、決算日時点で
5月25日に支払うべき給料が未払いとなっていますので、
従業員については1月分計上できます。
△砲弔い
 従業員の計算期間と役員の計算期間は別に考える必要があります。御社の場合、5月25日に支払う役員報酬が4月分とする明確な根拠がある場合を除いて、むつかしいうような気がします。
従業員の計算期間は就業規則や賃金規定で定められますが、
役員については、原則として定時株主総会で決められた役員報酬は定時株主総会から翌年の株主総会までの役員就任期間中に対応するため、その支払方法をどのように決めたかによります。
この点については判断が分かれるところなので、顧問税理士などに相談することをお勧めします。
について
 預かり源泉税は発生していませんので、源泉税込みで未払費用に計上します。
い砲弔い
 社会保険の未払い(前払費用ではない)については、
5月25日に支払うべき給料から天引きする分は4月分なので、
それに対応した会社分(児童拠出手当金を含めて)を計上します。

返信

2. Re: 決算月の給与仕分けのタイミングと内訳書について

2012/05/21 12:32

sandot

おはつ

編集

日をまたいだお返事になってしまってすみません。
とても分かり易いご回答、大変ありがとうございました。


1・参考書の一言で見当違いの混乱をしていたようで、お蔭でスッキリしました。

2・役員報酬に関して確認した所、明確に4月分という取り決めはなかったので
  頂きましたアドバイス通りこちらは除外で考えようと思います。

4・あっ、前払費用ではなく未払いですよね、失礼いたしました。

  社会保険料は「5/25に払う給料と役員報酬」の両方から
  一緒に引き落とされるので一瞬迷ったのですが、あくまで”社保の支払”なので
  役員報酬にかかる分であろうが計上して問題ない。という解釈をしたのですが
  勘違いがありましたら一言ご指摘頂けましたら幸いです。


3に関してはお恥ずかしながら追加で新たな疑問(仕訳方法)が浮上してしまいまして、
頂いたアドバイスを元に再度調べ直し・頭の整理をしている所です。

どうしても解決に至らなかった場合は再度お尋ねしてしまうかも知れないのですが、
まずは取り急ぎ1・2の解決とお忙しい中ご回答頂きましたお礼を申し上げます。
どうもありがとうございました。

日をまたいだお返事になってしまってすみません。
とても分かり易いご回答、大変ありがとうございました。


1・参考書の一言で見当違いの混乱をしていたようで、お蔭でスッキリしました。

2・役員報酬に関して確認した所、明確に4月分という取り決めはなかったので
  頂きましたアドバイス通りこちらは除外で考えようと思います。

4・あっ、前払費用ではなく未払いですよね、失礼いたしました。

  社会保険料は「5/25に払う給料と役員報酬」の両方から
  一緒に引き落とされるので一瞬迷ったのですが、あくまで”社保の支払”なので
  役員報酬にかかる分であろうが計上して問題ない。という解釈をしたのですが
  勘違いがありましたら一言ご指摘頂けましたら幸いです。


3に関してはお恥ずかしながら追加で新たな疑問(仕訳方法)が浮上してしまいまして、
頂いたアドバイスを元に再度調べ直し・頭の整理をしている所です。

どうしても解決に至らなかった場合は再度お尋ねしてしまうかも知れないのですが、
まずは取り急ぎ1・2の解決とお忙しい中ご回答頂きましたお礼を申し上げます。
どうもありがとうございました。

返信

1件〜2件 (全2件)
| 1 |
役に立った

0人がこのQ&Aが役に立ったと投票しています