•  

助け合い

経理、労務、総務のことでわからないこと、利用者同士で助け合いを目的とした掲示板です。ルールを守ってご利用くださいませ。

スポンサーリンク

パソコン税込120,000円の減価償却

質問 回答受付中

パソコン税込120,000円の減価償却

2012/05/14 08:22

tomotty

おはつ

回答数:3

編集

青色申告の法人で平成24年3月に決算を迎えます。

平成24年1月に購入したパソコン税込120,000円の減価償却の計算ですが、
全額損金での処理はできますか?
それとも、3年毎に償却の方法をとり、減価償却費40,000の計上になりますか?

青色申告の法人で平成24年3月に決算を迎えます。

平成24年1月に購入したパソコン税込120,000円の減価償却の計算ですが、
全額損金での処理はできますか?
それとも、3年毎に償却の方法をとり、減価償却費40,000の計上になりますか?

この質問に回答
回答一覧
並び順:
表示:
1件〜3件 (全3件)
| 1 |

1. Re: パソコン税込120,000円の減価償却

2012/05/14 17:22

ZELDA

神の領域

編集

基本的に10万円以上の物は減価償却の対象になります。

但し、「中小企業者等の少額減価償却資産の取得価額の損金算入の特例」に該当し、その条件に当てはまる場合は、取得価額に相当する金額を損金の額に算入することができます。
参考: http://www.nta.go.jp/taxanswer/hojin/5408.htm

また、今回は取得価額が20万円未満ですので、これを3年間で償却する一括償却資産の損金算入の規定を選択することもできます。
参考: http://www.nta.go.jp/taxanswer/hojin/5403.htm

勿論、通常の減価償却も選択可能です。
どれを選択するかは御社次第ですので、自分で判断できなければ上司の方に相談するのが間違いないと思います。

基本的に10万円以上の物は減価償却の対象になります。

但し、「中小企業者等の少額減価償却資産の取得価額の損金算入の特例」に該当し、その条件に当てはまる場合は、取得価額に相当する金額を損金の額に算入することができます。
参考: http://www.nta.go.jp/taxanswer/hojin/5408.htm

また、今回は取得価額が20万円未満ですので、これを3年間で償却する一括償却資産の損金算入の規定を選択することもできます。
参考: http://www.nta.go.jp/taxanswer/hojin/5403.htm

勿論、通常の減価償却も選択可能です。
どれを選択するかは御社次第ですので、自分で判断できなければ上司の方に相談するのが間違いないと思います。

返信

2. Re: パソコン税込120,000円の減価償却

2012/05/14 18:16

anoano

すごい常連さん

編集

補足情報として、
少額特例資産として損金算入したものは、
地方税の償却資産税の対象になりますが、
一括償却資産として処理したものは、
償却資産税の対象にはなりません。
判断材料のひとつになるかと思います。

補足情報として、
少額特例資産として損金算入したものは、
地方税の償却資産税の対象になりますが、
一括償却資産として処理したものは、
償却資産税の対象にはなりません。
判断材料のひとつになるかと思います。

返信

3. Re: パソコン税込120,000円の減価償却

2012/05/15 15:44

tomotty

おはつ

編集

ZELDAさん、anoanoさん、回答をありがとうございます。
わたしの会社の場合、どちらの方法も取れるようです。
地方税の対象になるかどうかという点で考えて判断したいと思います。
ありがとうございました。

ZELDAさん、anoanoさん、回答をありがとうございます。
わたしの会社の場合、どちらの方法も取れるようです。
地方税の対象になるかどうかという点で考えて判断したいと思います。
ありがとうございました。

返信

1件〜3件 (全3件)
| 1 |
役に立った

0人がこのQ&Aが役に立ったと投票しています