•  

助け合い

経理、労務、総務のことでわからないこと、利用者同士で助け合いを目的とした掲示板です。ルールを守ってご利用くださいませ。

スポンサーリンク

期をまたぐ売上(建設業)

質問 回答受付中

期をまたぐ売上(建設業)

2011/11/28 10:28

tomotty

おはつ

回答数:2

編集

3月決算で、今までは工期が期をまたいだ事はなかったのですが、
今回、工期が平成23年10月20日から平成24年5月31日までの工事を請け負うことになりました。
今年度の売上には計上するべきでしょうか?
それとも工期が終了して竣工してから
次年度分に一度に計上するべきでしょうか?

その場合は日割りで計算するべきでしょうか?

売上金額の総額×3月31日までの日数/総工事日数?

その際の仕入れの計上の仕方とあわせてご指示頂けますと、
ありがたく思います。

3月決算で、今までは工期が期をまたいだ事はなかったのですが、
今回、工期が平成23年10月20日から平成24年5月31日までの工事を請け負うことになりました。
今年度の売上には計上するべきでしょうか?
それとも工期が終了して竣工してから
次年度分に一度に計上するべきでしょうか?

その場合は日割りで計算するべきでしょうか?

売上金額の総額×3月31日までの日数/総工事日数?

その際の仕入れの計上の仕方とあわせてご指示頂けますと、
ありがたく思います。

この質問に回答
回答一覧
並び順:
表示:
1件〜2件 (全2件)
| 1 |

1. Re: 期をまたぐ売上(建設業)

2011/11/28 12:46

takapon

すごい常連さん

編集

契約にもよりますが・・・

通常請負工事の場合、完成基準を取っている場合、工事が完成していないのに部分完成を行うことはできません。
完成時に全額売上を上げることになります。
ですので発生原価は全額未成支です。

進行基準を採用している場合、進捗度に応じた売上を計上します。
この場合、発生原価が進捗度に応じた売上に対する全部完工原価になります。

工数単価契約なんかだと、実労働時間に対応した売上検収ってことも考えられますがこの場合は、実労働分の売上計上になるかと思います。

契約にもよりますが・・・

通常請負工事の場合、完成基準を取っている場合、工事が完成していないのに部分完成を行うことはできません。
完成時に全額売上を上げることになります。
ですので発生原価は全額未成支です。

進行基準を採用している場合、進捗度に応じた売上を計上します。
この場合、発生原価が進捗度に応じた売上に対する全部完工原価になります。

工数単価契約なんかだと、実労働時間に対応した売上検収ってことも考えられますがこの場合は、実労働分の売上計上になるかと思います。

返信

2. Re: 期をまたぐ売上(建設業)

2012/01/04 11:42

tomotty

おはつ

編集

takaponさん、回答をありがとうございます!
他の売上はすべて完成時に計上しているので、
今回も今年度は未成にしたいと思います。

takaponさん、回答をありがとうございます!
他の売上はすべて完成時に計上しているので、
今回も今年度は未成にしたいと思います。

返信

1件〜2件 (全2件)
| 1 |
役に立った

0人がこのQ&Aが役に立ったと投票しています