•  

助け合い

経理、労務、総務のことでわからないこと、利用者同士で助け合いを目的とした掲示板です。ルールを守ってご利用くださいませ。

スポンサーリンク

廻し手形について

質問 回答受付中

廻し手形について

2011/07/14 16:07

koukichi

常連さん

回答数:5

編集

いつもお助けいただいております。

さて、さっそく表題の件について、当社ではこれまで「一部の経費支払い」について「廻し手形」を使っています。
それは、当社自体が手形を振り出すことがなく、しかし、得意先からは結構な手形支払いを受けているため、資金繰りの観点からです。
ただし、それは昔から慣例的に受け入れてもらっている数取引先のみです。

それでこの「一部経費支払い」の対象を少々拡大したいと思います。

そこで、お伺いしたいのは、

・廻し手形支払を受け入れてもらうための、取引先への交渉術。

→なかなか手形支払い自体が時代に合わなくなってきた感はありますが、何か「こういう言い回しであれば、割と取引先に受け入れられやすい」などありましたら教えてください。

・廻し手形支払交渉を受け入れてもらうための、社員への説得方法

→現金払いから廻し手形払いにすることで、「数ヶ月の支払猶予」が発生し、その間の突発的な自社の資金繰り悪化に対応しやすい、といったメリットがあると思うのですが、現状会社ではそれほど資金繰りが厳しいこともないため、いまいち支払条件交渉を行う社員への納得感が低いのです。
「こういう風に説得すれば理解を得やすい」といった点があればお教えいただきたいと思います。
(経理である私自身が取引先に支払い条件交渉を行うことはほとんどありません)

以上、よろしくお願い致します。

いつもお助けいただいております。

さて、さっそく表題の件について、当社ではこれまで「一部の経費支払い」について「廻し手形」を使っています。
それは、当社自体が手形を振り出すことがなく、しかし、得意先からは結構な手形支払いを受けているため、資金繰りの観点からです。
ただし、それは昔から慣例的に受け入れてもらっている数取引先のみです。

それでこの「一部経費支払い」の対象を少々拡大したいと思います。

そこで、お伺いしたいのは、

・廻し手形支払を受け入れてもらうための、取引先への交渉術。

→なかなか手形支払い自体が時代に合わなくなってきた感はありますが、何か「こういう言い回しであれば、割と取引先に受け入れられやすい」などありましたら教えてください。

・廻し手形支払交渉を受け入れてもらうための、社員への説得方法

→現金払いから廻し手形払いにすることで、「数ヶ月の支払猶予」が発生し、その間の突発的な自社の資金繰り悪化に対応しやすい、といったメリットがあると思うのですが、現状会社ではそれほど資金繰りが厳しいこともないため、いまいち支払条件交渉を行う社員への納得感が低いのです。
「こういう風に説得すれば理解を得やすい」といった点があればお教えいただきたいと思います。
(経理である私自身が取引先に支払い条件交渉を行うことはほとんどありません)

以上、よろしくお願い致します。

この質問に回答
回答

Re: 廻し手形について

2011/07/19 10:50

koukichi

常連さん

編集

nova様、PTA様

ご返信ありがとうございます。

言葉足らずで申し訳ありませんが、今回のお伺いは既存の取引先を念頭に置いているのではなく、今後新たに発生し、もしくは単発的に発生し、かつ金額の大きなものなど(○十万以上、など)を想定しております。
例えば、単発的な社屋の修繕、広告宣伝費といったことなどです。

仕入先においては一切考慮しません。
仕入先においては、社のポリシーで末〆、翌月末支払、現金100%です。
確かにここをむやみに先方にとって不利な方へ条件変更すれば、法的にも、そして当社の風評にも悪い方向へ影響を与えるでしょうね。

今回これまで慣例的に廻し手形を用いていた一部の経費支払において、廻し手形で支払う先の基準があいまいなので少々整理しようと思っています。

現状、社内的には「末〆、翌月末支払、現金100%」が浸透しているため、新規の単発支払の場合は、現金支払になっています。

・・・まぁよく考えれば、最初の条件提示の時点で普通に「当社は末〆、翌月末支払、手形100%です。」などとすればいいだけなのかもしれませんね。

nova様、PTA様

ご返信ありがとうございます。

言葉足らずで申し訳ありませんが、今回のお伺いは既存の取引先を念頭に置いているのではなく、今後新たに発生し、もしくは単発的に発生し、かつ金額の大きなものなど(○十万以上、など)を想定しております。
例えば、単発的な社屋の修繕、広告宣伝費といったことなどです。

仕入先においては一切考慮しません。
仕入先においては、社のポリシーで末〆、翌月末支払、現金100%です。
確かにここをむやみに先方にとって不利な方へ条件変更すれば、法的にも、そして当社の風評にも悪い方向へ影響を与えるでしょうね。

今回これまで慣例的に廻し手形を用いていた一部の経費支払において、廻し手形で支払う先の基準があいまいなので少々整理しようと思っています。

現状、社内的には「末〆、翌月末支払、現金100%」が浸透しているため、新規の単発支払の場合は、現金支払になっています。

・・・まぁよく考えれば、最初の条件提示の時点で普通に「当社は末〆、翌月末支払、手形100%です。」などとすればいいだけなのかもしれませんね。

返信

回答一覧
並び順:
表示:
1件〜5件 (全5件)
| 1 |

1. Re: 廻し手形について

2011/07/18 14:47

nova

すごい常連さん

編集

廻し手形は弊社では扱いが無いのでお答えはご勘弁頂きますが、
記述の中で
>→現金払いから廻し手形払いにすることで、「数ヶ月の支払猶予」が発生し、その間の突発的な自社の資金繰り悪化に対応しやすい、といったメリットがあると思うのですが、

(1)自社振出手形を用いずに廻し手形とする ということと、
(2)上記にお書きになった現金払いから廻し手形による数カ月の支払猶予 
というのとでは基本的な部分で違いがあると思います。

ご承知の上での書き込みですので単刀直入に言いますが、
支払方法変更による相手側での現金化(=資金化)に影響がありますよね。
この点については別次元での説明で相手方が十分に納得して頂けない場合には、たとえ経費支払と言えども逆にこちら側に対する信用不安を与えることになりますので、その点は十分にご注意下さい。

廻し手形は弊社では扱いが無いのでお答えはご勘弁頂きますが、
記述の中で
>→現金払いから廻し手形払いにすることで、「数ヶ月の支払猶予」が発生し、その間の突発的な自社の資金繰り悪化に対応しやすい、といったメリットがあると思うのですが、

(1)自社振出手形を用いずに廻し手形とする ということと、
(2)上記にお書きになった現金払いから廻し手形による数カ月の支払猶予 
というのとでは基本的な部分で違いがあると思います。

ご承知の上での書き込みですので単刀直入に言いますが、
支払方法変更による相手側での現金化(=資金化)に影響がありますよね。
この点については別次元での説明で相手方が十分に納得して頂けない場合には、たとえ経費支払と言えども逆にこちら側に対する信用不安を与えることになりますので、その点は十分にご注意下さい。

返信

2. Re: 廻し手形について

2011/07/19 07:46

PTA

すごい常連さん

編集

誤解ならご指摘いただきたいのですが、
御社の、現在の支払いは、現金払いだが、
これを数カ月先の期日の廻し手形に変更したい
ということでしょうか?

本件は、廻し手形の問題と言うより、
決済条件の変更、しかも、取引先に不利になるような条件変更の申し入れを
購買担当に対して、「交渉してこい」ということになりませんか?

また、相手が下請けに該当すれば、一方的な支払い遅延とみなされ違法行為となる懸念があります。

だとすれば、普通は嫌がります。
値上げや購入数量アップなどの交換条件が必要と思われます。

ただし、
御社の現行条件の現金払いが、
例えば「3カ月先の振込」といった、先払いの条件であれば、
同じ期日すなわち3カ月先の廻し手形で支払うなら
交渉の余地があると思います。
その手形を割引に回せば、期日前に現金化ができるというオプションを相手に与えることができるからです。

いずれにしても、自社の事情でけでなく、相手にとってどのようの影響ががあるのか、これも考慮するべきだと思います

誤解ならご指摘いただきたいのですが、
御社の、現在の支払いは、現金払いだが、
これを数カ月先の期日の廻し手形に変更したい
ということでしょうか?

本件は、廻し手形の問題と言うより、
決済条件の変更、しかも、取引先に不利になるような条件変更の申し入れを
購買担当に対して、「交渉してこい」ということになりませんか?

また、相手が下請けに該当すれば、一方的な支払い遅延とみなされ違法行為となる懸念があります。

だとすれば、普通は嫌がります。
値上げや購入数量アップなどの交換条件が必要と思われます。

ただし、
御社の現行条件の現金払いが、
例えば「3カ月先の振込」といった、先払いの条件であれば、
同じ期日すなわち3カ月先の廻し手形で支払うなら
交渉の余地があると思います。
その手形を割引に回せば、期日前に現金化ができるというオプションを相手に与えることができるからです。

いずれにしても、自社の事情でけでなく、相手にとってどのようの影響ががあるのか、これも考慮するべきだと思います

返信

3. Re: 廻し手形について

2011/07/19 10:50

koukichi

常連さん

編集

nova様、PTA様

ご返信ありがとうございます。

言葉足らずで申し訳ありませんが、今回のお伺いは既存の取引先を念頭に置いているのではなく、今後新たに発生し、もしくは単発的に発生し、かつ金額の大きなものなど(○十万以上、など)を想定しております。
例えば、単発的な社屋の修繕、広告宣伝費といったことなどです。

仕入先においては一切考慮しません。
仕入先においては、社のポリシーで末〆、翌月末支払、現金100%です。
確かにここをむやみに先方にとって不利な方へ条件変更すれば、法的にも、そして当社の風評にも悪い方向へ影響を与えるでしょうね。

今回これまで慣例的に廻し手形を用いていた一部の経費支払において、廻し手形で支払う先の基準があいまいなので少々整理しようと思っています。

現状、社内的には「末〆、翌月末支払、現金100%」が浸透しているため、新規の単発支払の場合は、現金支払になっています。

・・・まぁよく考えれば、最初の条件提示の時点で普通に「当社は末〆、翌月末支払、手形100%です。」などとすればいいだけなのかもしれませんね。

nova様、PTA様

ご返信ありがとうございます。

言葉足らずで申し訳ありませんが、今回のお伺いは既存の取引先を念頭に置いているのではなく、今後新たに発生し、もしくは単発的に発生し、かつ金額の大きなものなど(○十万以上、など)を想定しております。
例えば、単発的な社屋の修繕、広告宣伝費といったことなどです。

仕入先においては一切考慮しません。
仕入先においては、社のポリシーで末〆、翌月末支払、現金100%です。
確かにここをむやみに先方にとって不利な方へ条件変更すれば、法的にも、そして当社の風評にも悪い方向へ影響を与えるでしょうね。

今回これまで慣例的に廻し手形を用いていた一部の経費支払において、廻し手形で支払う先の基準があいまいなので少々整理しようと思っています。

現状、社内的には「末〆、翌月末支払、現金100%」が浸透しているため、新規の単発支払の場合は、現金支払になっています。

・・・まぁよく考えれば、最初の条件提示の時点で普通に「当社は末〆、翌月末支払、手形100%です。」などとすればいいだけなのかもしれませんね。

返信

4. Re: 廻し手形について

2011/07/20 07:36

PTA

すごい常連さん

編集

そういうことでしたか・・・
失礼しました。

支払い条件の決め方は、あくまでも互いの交渉で決めるものですから、最初から廻し手形で支払う旨を提示されたらよろしいかと思います。
自己振り出しの手形で支払うよりは、喜ばれます。
期日と金額が支払条件に合う廻し手形を用意するのが手間かもしれませんが、その辺りは問題ないと拝察いたしました。

そういうことでしたか・・・
失礼しました。

支払い条件の決め方は、あくまでも互いの交渉で決めるものですから、最初から廻し手形で支払う旨を提示されたらよろしいかと思います。
自己振り出しの手形で支払うよりは、喜ばれます。
期日と金額が支払条件に合う廻し手形を用意するのが手間かもしれませんが、その辺りは問題ないと拝察いたしました。

返信

5. Re: 廻し手形について

2011/07/20 09:19

koukichi

常連さん

編集

PTA様

私こそ説明が足りずに失礼しました。

なるほど、自己振り出しの手形よりも喜ばれるということは、自社よりも規模の大きな、例えば上場会社の手形などであれば、さらに喜ばれて有利に交渉ができる、という点もあるかもしれませんね。

ありがとうございました。

PTA様

私こそ説明が足りずに失礼しました。

なるほど、自己振り出しの手形よりも喜ばれるということは、自社よりも規模の大きな、例えば上場会社の手形などであれば、さらに喜ばれて有利に交渉ができる、という点もあるかもしれませんね。

ありがとうございました。

返信

1件〜5件 (全5件)
| 1 |
役に立った

0人がこのQ&Aが役に立ったと投票しています