•  

助け合い

経理、労務、総務のことでわからないこと、利用者同士で助け合いを目的とした掲示板です。ルールを守ってご利用くださいませ。

スポンサーリンク

「役員報酬手当等及び人件費の内訳書」の書き方について

質問 回答受付中

「役員報酬手当等及び人件費の内訳書」の書き方について

2011/02/23 15:59

nori1130

積極参加

回答数:3

編集

法人税申告書に添付をする「役員報酬手当等及び人件費の内訳書」の書き方について教えてください。


毎月、役員の方に支払う内訳が以下のような場合、

〔魄報酬 1,000,000円
通勤交通費 20,000円

内訳書にはどのように記載をしたらいいでしょうか?
なお、定期同額給与の判定には△龍盂曚牢泙瓩此↓,龍盂曚里澆嚢圓旨、税務署には確認済みです。


【内訳書の記載方法について】

(1)通勤交通費を除いた金額で記載
この場合、決算書の役員報酬額と通勤交通費分金額が合わなくなります。

(2)+△龍盂曚乃載
「定期同額給与」欄には,龍盂曚魑載するかと思いますが、△龍盂曚呂匹海傍載すればいいでしょうか?
それとも+△龍盂曚髻崢蟯同額給与」欄に記載するようになりますでしょうか?



■追加
(1)の記載方法にした場合、下段の「人件費の内訳」に載せている従業員の「給与手当」及び「賃金手当」も通勤交通費を除いた金額で記載すべきなのでしょうか?


初歩的な質問で大変恐縮です。
どうぞよろしくお願い致します。

法人税申告書に添付をする「役員報酬手当等及び人件費の内訳書」の書き方について教えてください。


毎月、役員の方に支払う内訳が以下のような場合、

役員報酬 1,000,000円
通勤交通費 20,000円

内訳書にはどのように記載をしたらいいでしょうか?
なお、定期同額給与の判定には△龍盂曚牢泙瓩此↓,龍盂曚里澆嚢圓旨、税務署には確認済みです。


【内訳書の記載方法について】

(1)通勤交通費を除いた金額で記載
この場合、決算書の役員報酬額と通勤交通費分金額が合わなくなります。

(2)+△龍盂曚乃載
「定期同額給与」欄には,龍盂曚魑載するかと思いますが、△龍盂曚呂匹海傍載すればいいでしょうか?
それとも+△龍盂曚髻崢蟯同額給与」欄に記載するようになりますでしょうか?



■追加
(1)の記載方法にした場合、下段の「人件費の内訳」に載せている従業員の「給与手当」及び「賃金手当」も通勤交通費を除いた金額で記載すべきなのでしょうか?


初歩的な質問で大変恐縮です。
どうぞよろしくお願い致します。

この質問に回答
回答一覧
並び順:
表示:
1件〜3件 (全3件)
| 1 |

1. Re: 「役員報酬手当等及び人件費の内訳書」の書き方について

2011/02/23 20:16

anoano

すごい常連さん

編集

通勤交通費(非課税分)を除いたところで記載します。
従業員分も同様です。
通常、決算書の役員報酬額には、通勤交通費を含めないのでは?
なぜなら、通勤交通費が定期同額給与の判定には含めないと
する前提には、源泉税の課税を受けていないことがあります。
一人別源泉徴収簿との照合を考えると、
通勤交通費は役員報酬でなく、旅費交通費で処理するのが
合理的ではないでしょうか?

通勤交通費(非課税分)を除いたところで記載します。
従業員分も同様です。
通常、決算書の役員報酬額には、通勤交通費を含めないのでは?
なぜなら、通勤交通費が定期同額給与の判定には含めないと
する前提には、源泉税の課税を受けていないことがあります。
一人別源泉徴収簿との照合を考えると、
通勤交通費は役員報酬でなく、旅費交通費で処理するのが
合理的ではないでしょうか?

返信

2. Re: 「役員報酬手当等及び人件費の内訳書」の書き方について

2011/02/24 10:35

nori1130

積極参加

編集

anoanoさんどうもありがとうございました。

当社では通勤交通費は「役員報酬」並びに「従業員給与手当」に含み、補助科目で区分をしています。
なるほど勘定科目を分ければ、内訳書の記載もスッキリしますね。

やはり通勤交通費は、「旅費交通費」で処理するのが一般的なのでしょうか?

anoanoさんどうもありがとうございました。

当社では通勤交通費は「役員報酬」並びに「従業員給与手当」に含み、補助科目で区分をしています。
なるほど勘定科目を分ければ、内訳書の記載もスッキリしますね。

やはり通勤交通費は、「旅費交通費」で処理するのが一般的なのでしょうか?

返信

3. Re: 「役員報酬手当等及び人件費の内訳書」の書き方について

2011/02/24 21:08

anoano

すごい常連さん

編集

中小企業では、旅費交通費で処理するのが一般的です。
一人別源泉徴収簿とも一致するし、
しかも消費税の処理をする上でも、
定期同額給与部分は課税対象外で、
通勤交通費部分は課税仕入れとなるため、
勘定を区別した方がわかりやすいと思われます。

中小企業では、旅費交通費で処理するのが一般的です。
一人別源泉徴収簿とも一致するし、
しかも消費税の処理をする上でも、
定期同額給与部分は課税対象外で、
通勤交通費部分は課税仕入れとなるため、
勘定を区別した方がわかりやすいと思われます。

返信

1件〜3件 (全3件)
| 1 |
役に立った

0人がこのQ&Aが役に立ったと投票しています