•  

助け合い

経理、労務、総務のことでわからないこと、利用者同士で助け合いを目的とした掲示板です。ルールを守ってご利用くださいませ。

スポンサーリンク

敷金が戻った場合のCF計算書

質問 回答受付中

敷金が戻った場合のCF計算書

2010/10/21 01:26

おはつ

回答数:2

編集

補足する

3年契約で事務所を賃借し敷金を315支払いました。B/Sには敷金315を計上しました。CF計算書には「投資活動」の区分に△315を計上しました。なお、消費税は税抜方式を採用しています。

3年後、契約満了時に、敷金210が戻ってきました。
105は、復旧費・補修費等とかいうことで差し引かれたわけです。

この満期の年度には、上記のように敷金戻りの取引しかなかったとし、また期首の現金残高=0であったと仮定すると、

・税金等調整前当期純利益=△100
・期末現金残高=210
・未払消費税残高=△5(貸方)
となるかと思います。

このようなとき、満期年度のキャッシュフロー計算書の「投資活動」には、「敷金の戻り」として、
(1)純額的に210と記載する
(2)総額的に315と記載する
の、いずれが正解なのでしょうか。あるいはどちらでもよいのでしょうか。

ちなみに(2)の場合は、直接法のCF計算書であれば、営業活動の区分に「その他の支出」として△105(うち5は消費税)を記載することになるかと思います。

3年契約で事務所を賃借し敷金を315支払いました。B/Sには敷金315を計上しました。CF計算書には「投資活動」の区分に△315を計上しました。なお、消費税は税抜方式を採用しています。

3年後、契約満了時に、敷金210が戻ってきました。
105は、復旧費・補修費等とかいうことで差し引かれたわけです。

この満期の年度には、上記のように敷金戻りの取引しかなかったとし、また期首の現金残高=0であったと仮定すると、

・税金等調整前当期純利益=△100
・期末現金残高=210
・未払消費税残高=△5(貸方)
となるかと思います。

このようなとき、満期年度のキャッシュフロー計算書の「投資活動」には、「敷金の戻り」として、
(1)純額的に210と記載する
(2)総額的に315と記載する
の、いずれが正解なのでしょうか。あるいはどちらでもよいのでしょうか。

ちなみに(2)の場合は、直接法のCF計算書であれば、営業活動の区分に「その他の支出」として△105(うち5は消費税)を記載することになるかと思います。

この質問に回答
回答一覧
並び順:
表示:
1件〜2件 (全2件)
| 1 |

1. Re: 敷金が戻った場合のCF計算書

2010/10/22 00:16

koensu

すごい常連さん

編集

固定資産の売却損と同じように考えれば

税引前当期純利益=△100
資産除却損   = 100
営業CF    =   0
投資活動
敷金返還収入  = 210
期末キャッシュ = 210

上記のようになるでしょうね。

固定資産の売却損と同じように考えれば

税引前当期純利益=△100
資産除却損   = 100
営業CF    =   0
投資活動
敷金返還収入  = 210
期末キャッシュ = 210

上記のようになるでしょうね。

返信

2. Re: 敷金が戻った場合のCF計算書

2010/10/22 01:25

おはつ

編集

koensuさん、早速のご回答ありがとうございます。

"純額的"に記載するわけですね。CF計算書では、事柄によって、総額で記載すべきなのか純額で記載すべきなのか、素人にとってはなかなか判断が難しいですねぇ。

ところで、上記設例では、当社は消費税を「5」支払ったつもりなんですが、その分はCF計算書には現れないのでしょうか。便乗追加で恐縮ですが、よろしくお願いします。

平成10年の実務指針では、消費税処理には3つの方法が認められていますが、2番目の「税抜法」で表示すると、勿論、直接法でも間接法でも同額になることとは思いますが、営業活動区分に記載される「消費税の収支額」はどういうことになるのでしょうか。実際にキャッシュで支払ったわけではないので「0」でしょうか、それとも「△5」でしょうか。もし後者の場合、現金増加を210にするためには、どうやって帳尻を合わせるのでしょうか。頭が混乱しています。

koensuさん、早速のご回答ありがとうございます。

"純額的"に記載するわけですね。CF計算書では、事柄によって、総額で記載すべきなのか純額で記載すべきなのか、素人にとってはなかなか判断が難しいですねぇ。

ところで、上記設例では、当社は消費税を「5」支払ったつもりなんですが、その分はCF計算書には現れないのでしょうか。便乗追加で恐縮ですが、よろしくお願いします。

平成10年の実務指針では、消費税処理には3つの方法が認められていますが、2番目の「税抜法」で表示すると、勿論、直接法でも間接法でも同額になることとは思いますが、営業活動区分に記載される「消費税の収支額」はどういうことになるのでしょうか。実際にキャッシュで支払ったわけではないので「0」でしょうか、それとも「△5」でしょうか。もし後者の場合、現金増加を210にするためには、どうやって帳尻を合わせるのでしょうか。頭が混乱しています。

返信

1件〜2件 (全2件)
| 1 |
役に立った

0人がこのQ&Aが役に立ったと投票しています