•  

助け合い

経理、労務、総務のことでわからないこと、利用者同士で助け合いを目的とした掲示板です。ルールを守ってご利用くださいませ。

伝票作成者

質問 回答受付中

伝票作成者

2010/08/12 07:42

hsduiyeiuw

おはつ

回答数:1

編集

伝票って誰が作成しているのでしょうか?
つまり、営業の費用なら営業が伝票は作成して、経理にあげてくるのか、それとも、その営業の費用の領収書なりを経理に提出して経理が伝票を作成しているのでしょうか?

伝票って誰が作成しているのでしょうか?
つまり、営業の費用なら営業が伝票は作成して、経理にあげてくるのか、それとも、その営業の費用の領収書なりを経理に提出して経理が伝票を作成しているのでしょうか?

この質問に回答
回答

Re: 伝票作成者

2010/08/12 20:48

せびら

常連さん

編集

小規模会社のことですが、会計ソフトの普及した現在では、市販の伝票様式を使って、会計伝票を作成する会社は少数派ではないかと思います。

以前は、各部門で会計伝票を作成し、それを経理に回し、経理担当が決算の入力資料とする会社が多くありました。今でも決算事務を外注(アウトソーシング)すると、事務受注側から、伝票を入力資料として送付してほしいという要望がたまにあるようです。

おたずねの会計伝票を作成している会社の場合、伝票は、ー莪に責任を持つ各事業部門で作成するケースと、経理ですべての伝票を作成するケースがあり、それぞれの会社の決めによっており、区々です。

のケースは、伝票を取引の決済機能として利用している会社に多いようです。決済機能を別の形、たとえば立案文書による場合などでは、各部署で伝票を作成している会社は少ないのではないかと思います。なぜなら、会社としては伝票作成事務は専門家である経理担当に任せ、会計ソフトで作成してもらったほうが効率的だからです。
は、領収書とか請求書などの会計書類(証憑)を各部署から提出してもらうなどして、この書類を基に経理担当が会計ソフトを使ってPC上で伝票を作成する方法です。実態調査などの根拠はないのですが、伝票作成方法としては、たぶんこれが現在の小規模会社の主流ではないかと思います。

小規模会社のことですが、会計ソフトの普及した現在では、市販の伝票様式を使って、会計伝票を作成する会社は少数派ではないかと思います。

以前は、各部門で会計伝票を作成し、それを経理に回し、経理担当が決算の入力資料とする会社が多くありました。今でも決算事務を外注(アウトソーシング)すると、事務受注側から、伝票を入力資料として送付してほしいという要望がたまにあるようです。

おたずねの会計伝票を作成している会社の場合、伝票は、取引に責任を持つ各事業部門で作成するケースと、経理ですべての伝票を作成するケースがあり、それぞれの会社の決めによっており、区々です。

のケースは、伝票を取引の決済機能として利用している会社に多いようです。決済機能を別の形、たとえば立案文書による場合などでは、各部署で伝票を作成している会社は少ないのではないかと思います。なぜなら、会社としては伝票作成事務は専門家である経理担当に任せ、会計ソフトで作成してもらったほうが効率的だからです。
は、領収書とか請求書などの会計書類(証憑)を各部署から提出してもらうなどして、この書類を基に経理担当が会計ソフトを使ってPC上で伝票を作成する方法です。実態調査などの根拠はないのですが、伝票作成方法としては、たぶんこれが現在の小規模会社の主流ではないかと思います。

返信

回答一覧
並び順:
表示:
1件〜1件 (全1件)
| 1 |

1. Re: 伝票作成者

2010/08/12 20:48

せびら

常連さん

編集

小規模会社のことですが、会計ソフトの普及した現在では、市販の伝票様式を使って、会計伝票を作成する会社は少数派ではないかと思います。

以前は、各部門で会計伝票を作成し、それを経理に回し、経理担当が決算の入力資料とする会社が多くありました。今でも決算事務を外注(アウトソーシング)すると、事務受注側から、伝票を入力資料として送付してほしいという要望がたまにあるようです。

おたずねの会計伝票を作成している会社の場合、伝票は、ー莪に責任を持つ各事業部門で作成するケースと、経理ですべての伝票を作成するケースがあり、それぞれの会社の決めによっており、区々です。

のケースは、伝票を取引の決済機能として利用している会社に多いようです。決済機能を別の形、たとえば立案文書による場合などでは、各部署で伝票を作成している会社は少ないのではないかと思います。なぜなら、会社としては伝票作成事務は専門家である経理担当に任せ、会計ソフトで作成してもらったほうが効率的だからです。
は、領収書とか請求書などの会計書類(証憑)を各部署から提出してもらうなどして、この書類を基に経理担当が会計ソフトを使ってPC上で伝票を作成する方法です。実態調査などの根拠はないのですが、伝票作成方法としては、たぶんこれが現在の小規模会社の主流ではないかと思います。

小規模会社のことですが、会計ソフトの普及した現在では、市販の伝票様式を使って、会計伝票を作成する会社は少数派ではないかと思います。

以前は、各部門で会計伝票を作成し、それを経理に回し、経理担当が決算の入力資料とする会社が多くありました。今でも決算事務を外注(アウトソーシング)すると、事務受注側から、伝票を入力資料として送付してほしいという要望がたまにあるようです。

おたずねの会計伝票を作成している会社の場合、伝票は、取引に責任を持つ各事業部門で作成するケースと、経理ですべての伝票を作成するケースがあり、それぞれの会社の決めによっており、区々です。

のケースは、伝票を取引の決済機能として利用している会社に多いようです。決済機能を別の形、たとえば立案文書による場合などでは、各部署で伝票を作成している会社は少ないのではないかと思います。なぜなら、会社としては伝票作成事務は専門家である経理担当に任せ、会計ソフトで作成してもらったほうが効率的だからです。
は、領収書とか請求書などの会計書類(証憑)を各部署から提出してもらうなどして、この書類を基に経理担当が会計ソフトを使ってPC上で伝票を作成する方法です。実態調査などの根拠はないのですが、伝票作成方法としては、たぶんこれが現在の小規模会社の主流ではないかと思います。

返信

1件〜1件 (全1件)
| 1 |
役に立った

0人がこのQ&Aが役に立ったと投票しています