•  

助け合い

経理、労務、総務のことでわからないこと、利用者同士で助け合いを目的とした掲示板です。ルールを守ってご利用くださいませ。

スポンサーリンク

売上原価の項目について

質問 回答受付中

売上原価の項目について

2009/05/26 15:21

syscomoon

おはつ

回答数:2

編集

今、決算書を作りにあたり悩んでいます。
どなたか教えてください。

会社はソフトウェア開発やネットワーク構築、ヘルプデスク等の仕事をしています。

経費(費用)の半分は外注費になっています。

今まで売上原価とはせずに、仕入と仕掛品以外は全て販管費で処理をしていたのですが、金額も大きくなってきたこともあって変更しようということになりました。

この場合、売上原価には現場部門で使った経費は全て売上原価になりますか?(現場部門には現場営業や現場管理者(マネージャ)も含まれますか?)

また、損益計算書の売上原価の部分はどのように表示すればいいのですか?

「売上原価」とまとめて1本でいいのか、外注費、給料手当、旅費交通費というように細かくするべきなのでしょうか?

上場している会社をみると、製造原価明細みたいなものが別であったところもあって・・・。
うちのような規模ではそこまですることないのかな、と思ったり。

わかりにくかったらごめんなさい。
よろしくお願いします。

今、決算書を作りにあたり悩んでいます。
どなたか教えてください。

会社はソフトウェア開発やネットワーク構築、ヘルプデスク等の仕事をしています。

経費(費用)の半分は外注費になっています。

今まで売上原価とはせずに、仕入と仕掛品以外は全て販管費で処理をしていたのですが、金額も大きくなってきたこともあって変更しようということになりました。

この場合、売上原価には現場部門で使った経費は全て売上原価になりますか?(現場部門には現場営業や現場管理者(マネージャ)も含まれますか?)

また、損益計算書の売上原価の部分はどのように表示すればいいのですか?

「売上原価」とまとめて1本でいいのか、外注費、給料手当、旅費交通費というように細かくするべきなのでしょうか?

上場している会社をみると、製造原価明細みたいなものが別であったところもあって・・・。
うちのような規模ではそこまですることないのかな、と思ったり。

わかりにくかったらごめんなさい。
よろしくお願いします。

この質問に回答
回答一覧
並び順:
表示:
1件〜2件 (全2件)
| 1 |

1. Re: 売上原価の項目について

2009/05/28 23:51

reiko3

常連さん

編集

大変遅くなりましたが、ごく小規模の弊社の例で、おたずねについてレスします。

1.売上原価は、下記のように株主総会などに提出する損益計算書では、売上高の次に売上原価として表示しています。
(財務諸表等規則様式第三号)

おたずねの売上原価は、△寮渋じ恐舛良充方法のこととおもいます。これは内訳なしの1本で表示しています。

売上高
売上原価(+◆櫚)
 \宿粉首棚卸高 
 当期製品製造原価 
 製品期末棚卸高
売上総利益
販売費及び一般管理費
営業利益(以下省略)

弊社で使用中の会計ソフトは、市販のごく一般的なもので、売上原価(製造原価)の内訳が勘定科目別にわかるように設定しています。
その結果は「製造原価報告書(明細書)」として出力されます。

その形は大体このようなものです。↓
http://www.chuokai-niigata.or.jp/shosiki/pdf/145.pdf#search='

この報告書(明細書)は、法人税申告の際、損益計算書に添付し税務署に提出しておりますが、株主総会には提出しておりません。

3.>売上原価には現場部門で使った経費は全て売上原価になりますか?

販売、営業活動および一般管理のための経費(販管費部分)は、売上原価には含めません。

現場部門の経費のなかにソフトウェア作成、ネットワーク構築、ヘルプデスクサービス提供等の製品あるいはサービス提供のための経費(製品、サービスに必須のもの)が含まれていれば、それは売上原価に計上します。

ただ、実務面では、原価と販管費の区別には判断に迷うことが多く、絶対的なものはないようです。

また、同じ社員が、営業にも製品作成などにも従事する場合、原価管理上、その人の給与手当、法定福利費等の人件費とか家賃、リース料などの経費について、売上原価と販管費に分けて計上する必要があります。
この辺の処理は会社ごとに違いがあるようで、分計の手間ヒマと効果を比較し、メリットがすくなければ稼動の大きい方の費用区分に一括計上する例が多いようです。

このように売上原価計上には、グレー部分がつきものです。
事情が大きく変わらなければ、一度決めた費用の計上方法を継続すれば、あまり問題になることはないと考えてはおりますが・・・

大変遅くなりましたが、ごく小規模の弊社の例で、おたずねについてレスします。

1.売上原価は、下記のように株主総会などに提出する損益計算書では、売上高の次に売上原価として表示しています。
(財務諸表等規則様式第三号)

おたずねの売上原価は、△寮渋じ恐舛良充方法のこととおもいます。これは内訳なしの1本で表示しています。

売上高
売上原価(+◆櫚)
 製品期首棚卸高 
 当期製品製造原価 
 製品期末棚卸高
売上総利益
販売費及び一般管理費
営業利益(以下省略)

弊社で使用中の会計ソフトは、市販のごく一般的なもので、売上原価(製造原価)の内訳が勘定科目別にわかるように設定しています。
その結果は「製造原価報告書(明細書)」として出力されます。

その形は大体このようなものです。↓
http://www.chuokai-niigata.or.jp/shosiki/pdf/145.pdf#search='

この報告書(明細書)は、法人税申告の際、損益計算書に添付し税務署に提出しておりますが、株主総会には提出しておりません。

3.>売上原価には現場部門で使った経費は全て売上原価になりますか?

販売、営業活動および一般管理のための経費(販管費部分)は、売上原価には含めません。

現場部門の経費のなかにソフトウェア作成、ネットワーク構築、ヘルプデスクサービス提供等の製品あるいはサービス提供のための経費(製品、サービスに必須のもの)が含まれていれば、それは売上原価に計上します。

ただ、実務面では、原価と販管費の区別には判断に迷うことが多く、絶対的なものはないようです。

また、同じ社員が、営業にも製品作成などにも従事する場合、原価管理上、その人の給与手当、法定福利費等の人件費とか家賃、リース料などの経費について、売上原価と販管費に分けて計上する必要があります。
この辺の処理は会社ごとに違いがあるようで、分計の手間ヒマと効果を比較し、メリットがすくなければ稼動の大きい方の費用区分に一括計上する例が多いようです。

このように売上原価計上には、グレー部分がつきものです。
事情が大きく変わらなければ、一度決めた費用の計上方法を継続すれば、あまり問題になることはないと考えてはおりますが・・・

返信

2. Re: 売上原価の項目について

2009/06/02 16:39

syscomoon

おはつ

編集

reiko3

この度はありがとうございました。
返信が遅くなってすみません。
参考にさせていただきます。
助かりましたm(_ _)m

reiko3

この度はありがとうございました。
返信が遅くなってすみません。
参考にさせていただきます。
助かりましたm(_ _)m

返信

1件〜2件 (全2件)
| 1 |
役に立った

0人がこのQ&Aが役に立ったと投票しています