2047

積極参加

回答数:0

編集

自動車保険等のことで根本的な事がまず知りたいと思っています。
A社がB社の自動車保険保険に加入していてA社がC社に事故車の修理を依頼した場合、

 ∋故の保険金がA社に入金になりそのお金で修理代をC社に支払う時

■村劼らC社に直接保険金が流れてA社には帳簿上何も載らない場合

このような2ケースがあると思います。(なぜそうなるかはわかりませんが、、、)

そこで私が気になったのが通常課税の事業者の場合には保険金を不課税収入で計上し、修理代を課税仕入れで計上する,離院璽垢諒が特になると思いますがどうしてこんな2ケースが出てくるのかが知りたいのと、この考え方があっているのかどうかアドバイスをお願いします。

もう一つ、2のケースで事故車を処分し、保険金で代りを購入する場合に簿外資産となってしまうのでしょうか?考えても答えが出ません。どなたかよろしくお願いします。

自動車保険等のことで根本的な事がまず知りたいと思っています。
A社がB社の自動車保険保険に加入していてA社がC社に事故車の修理を依頼した場合、

 ∋故の保険金がA社に入金になりそのお金で修理代をC社に支払う時

■村劼らC社に直接保険金が流れてA社には帳簿上何も載らない場合

このような2ケースがあると思います。(なぜそうなるかはわかりませんが、、、)

そこで私が気になったのが通常課税の事業者の場合には保険金を不課税収入で計上し、修理代を課税仕入れで計上する,離院璽垢諒が特になると思いますがどうしてこんな2ケースが出てくるのかが知りたいのと、この考え方があっているのかどうかアドバイスをお願いします。

もう一つ、2のケースで事故車を処分し、保険金で代りを購入する場合に簿外資産となってしまうのでしょうか?考えても答えが出ません。どなたかよろしくお願いします。