•  

助け合い

経理、労務、総務のことでわからないこと、利用者同士で助け合いを目的とした掲示板です。ルールを守ってご利用くださいませ。

スポンサーリンク

欠損金の繰越控除時の損益計算書上の表記等について

質問 回答受付中

欠損金の繰越控除時の損益計算書上の表記等について

2009/04/01 16:31

corgy101

おはつ

回答数:4

編集

お世話になります、経理初心者のため下記の点につきましてお教えいただきたくお願いいたします。

条件
 ・今期は第2期となる
 ・前期(初年度)決算時における欠損金が ¥1,000,000
 ・今期(第2期)決算時における税引前当期利益が ¥1,500,000

Q1
今期の法人税の対象所得額は
   ¥1,500,000(税引前当期利益)
  ー¥1,000,000(前期欠損金)
  = ¥500,000(当期法人税対象所得額)
と考えれば良いのでしょうか?

Q2
この場合、帳簿上では特に欠損金の控除が行われていることは示さなくて(仕訳などは行わなくて)良いのでしょうか?

Q3
また、損益計算書上では
   税引前当期利益 ¥1,500,000
   法人税等     ¥150,000 (←法人税対象所得額より規定に基づき算
   当期純利益   ¥1,350,000       出された法人税等額と仮定)
と表記されることになり、欠損金の控除処理がなければ、税引前当期利益である
¥1,500,000に対する法人税等額と比べると大きく異なる法人税等額が表記されることになりますが、これで良いのしょうか?
損益計算書上でも、欠損金の繰越控除を行っていることがわかるような表記が必要なのでしょうか?

Q4
さらに、当期の利益処分可能額は
   ¥1,350,000(損益計算書上の等期純利益)
    ¥350,000(欠損金の繰越控除後額ー法人税等額)
のどちらとなるのでしょうか?

以上、Q1〜4につきまして、ご回答いただきたくお願いいたします。



お世話になります、経理初心者のため下記の点につきましてお教えいただきたくお願いいたします。

条件
 ・今期は第2期となる
 ・前期(初年度)決算時における欠損金が ¥1,000,000
 ・今期(第2期)決算時における税引前当期利益が ¥1,500,000

Q1
今期の法人税の対象所得額は
   ¥1,500,000(税引前当期利益)
  ー¥1,000,000(前期欠損金
  = ¥500,000(当期法人税対象所得額)
と考えれば良いのでしょうか?

Q2
この場合、帳簿上では特に欠損金の控除が行われていることは示さなくて(仕訳などは行わなくて)良いのでしょうか?

Q3
また、損益計算書上では
   税引前当期利益 ¥1,500,000
   法人税等     ¥150,000 (←法人税対象所得額より規定に基づき算
   当期純利益   ¥1,350,000       出された法人税等額と仮定)
と表記されることになり、欠損金の控除処理がなければ、税引前当期利益である
¥1,500,000に対する法人税等額と比べると大きく異なる法人税等額が表記されることになりますが、これで良いのしょうか?
損益計算書上でも、欠損金の繰越控除を行っていることがわかるような表記が必要なのでしょうか?

Q4
さらに、当期の利益処分可能額は
   ¥1,350,000(損益計算書上の等期純利益)
    ¥350,000(欠損金の繰越控除後額ー法人税等額)
のどちらとなるのでしょうか?

以上、Q1〜4につきまして、ご回答いただきたくお願いいたします。



この質問に回答
回答一覧
並び順:
表示:
1件〜4件 (全4件)
| 1 |

1. Re: 欠損金の繰越控除時の損益計算書上の表記等について

2009/04/04 10:05

hirunosannpo

常連さん

編集

Q1 その通りです。課税所得は500,000円
Q2 帳簿上は特に繰越控除が行われた事を示す仕訳は必要ありません。
Q3 表面上は税率が10%のような錯覚を起こす感じになりますが、Q2で述べたように特に仕訳がないので、その通り。これを防ぐために大企業等では税効果会計をしています。興味があれば調べて見るのもよいかと思います。
Q4 利益処分可能額(=配当可能限度額?)は、当期の利益のみから算出するものではありません。簡単に言うと、‖濕畋仂班修僚禹饂困龍盂曚300万円を超えていることが大前提。↓,クリア出来たら貸借対照表の純資産から資本金を引いた金額。となります。例えて言うと
資本金   280万円
利益剰余金  35万円(地方税を無視)
純資産(合計)315万円
まず、,禄禹饂困315万円なので、300万円を超えているからOK。
△315万円−280万円=35万円 なので35万円。と言いたいところですが、利益処分後の純資産は最低300万円をキープしなければならないので、315万円−300万=15万円 となります。なので、配当可能限度額は15万円です。もし、株などの時価会計をされているようでしたら、その旨お伝え下さい。算式がちょっとだけややこしくなります。

Q1 その通りです。課税所得は500,000円
Q2 帳簿上は特に繰越控除が行われた事を示す仕訳は必要ありません。
Q3 表面上は税率が10%のような錯覚を起こす感じになりますが、Q2で述べたように特に仕訳がないので、その通り。これを防ぐために大企業等では税効果会計をしています。興味があれば調べて見るのもよいかと思います。
Q4 利益処分可能額(=配当可能限度額?)は、当期の利益のみから算出するものではありません。簡単に言うと、貸借対照表の純資産の金額が300万円を超えていることが大前提。↓,クリア出来たら貸借対照表の純資産から資本金を引いた金額。となります。例えて言うと
資本金   280万円
利益剰余金  35万円(地方税を無視)
純資産(合計)315万円
まず、,禄禹饂困315万円なので、300万円を超えているからOK。
△315万円−280万円=35万円 なので35万円。と言いたいところですが、利益処分後の純資産は最低300万円をキープしなければならないので、315万円−300万=15万円 となります。なので、配当可能限度額は15万円です。もし、株などの時価会計をされているようでしたら、その旨お伝え下さい。算式がちょっとだけややこしくなります。

返信

2. Re: 欠損金の繰越控除時の損益計算書上の表記等について

2009/04/06 13:28

corgy101

おはつ

編集

hirunosann様

お世話になります、ご回答いただきありがとうございました。

Q1〜3までにつきまして了解いたしました。
Q3につきましては、小さな会社ですので税効果会計につきましては、敢えて行わないでおこうかと思います。

さて、Q4についてなのですが、この点につきましては知り得ませんでした。
まず、損益計算書の純資産の金額が300万円以上を越えているということが大前提という点については、資本金や売上、その他の事項に関係なく・・・という理解でよろしいでしょうか?

弊社の場合は、出資金350万円の合同会社です。今回対象となる決算期の損益計算書上の純資産の金額は、約420万円で、繰越利益剰余金は約70万円でした。
ご教示いただきました内容からしますと
 
 1. 純資産が300万円以上であること:クリア
 2. 420万円(純資産)ー300万円=120万円(配当可能限度額)
   と考えればよろしいのでしょうか?
   420万円(純資産)ー350万円(資本金)=70万円(配当可能限度額)
   と考えなくてよろしいのでしょうか?

また、実際には資本金の1/4まで準備金が蓄えられるまでは、配当金額の10%を準備金として積立る必要があるようですので、仮に120万円(あるいは70万円)が配当可能であったとしても12万円(7万円)を準備金として積立てた残りの108万円(63万円)が実質的は配当可能限度額となるのでしょうか?

何度もで恐縮いたしますが、よろしくお願いいたします。

hirunosann様

お世話になります、ご回答いただきありがとうございました。

Q1〜3までにつきまして了解いたしました。
Q3につきましては、小さな会社ですので税効果会計につきましては、敢えて行わないでおこうかと思います。

さて、Q4についてなのですが、この点につきましては知り得ませんでした。
まず、損益計算書の純資産の金額が300万円以上を越えているということが大前提という点については、資本金や売上、その他の事項に関係なく・・・という理解でよろしいでしょうか?

弊社の場合は、出資金350万円の合同会社です。今回対象となる決算期の損益計算書上の純資産の金額は、約420万円で、繰越利益剰余金は約70万円でした。
ご教示いただきました内容からしますと
 
 1. 純資産が300万円以上であること:クリア
 2. 420万円(純資産)ー300万円=120万円(配当可能限度額)
   と考えればよろしいのでしょうか?
   420万円(純資産)ー350万円(資本金)=70万円(配当可能限度額)
   と考えなくてよろしいのでしょうか?

また、実際には資本金の1/4まで準備金が蓄えられるまでは、配当金額の10%を準備金として積立る必要があるようですので、仮に120万円(あるいは70万円)が配当可能であったとしても12万円(7万円)を準備金として積立てた残りの108万円(63万円)が実質的は配当可能限度額となるのでしょうか?

何度もで恐縮いたしますが、よろしくお願いいたします。

返信

3. Re: 欠損金の繰越控除時の損益計算書上の表記等について

2009/04/09 12:55

hirunosannpo

常連さん

編集

 返事が遅れてすいません。

純資産の300万円は資本金や売上高は関係ございません。
今回は,僚禹饂困300万円を超えている。をクリアしているので、⊇禹饂困ら資本金を控除した金額となります。
今回の配当可能限度額は
 420万円−350万円=70万円となります。
ご存じの通り配当額の10%を利益準備金として積立なければならないので、
 70万円÷1.1=63万円
となります。
 

 返事が遅れてすいません。

純資産の300万円は資本金や売上高は関係ございません。
今回は,僚禹饂困300万円を超えている。をクリアしているので、⊇禹饂困ら資本金を控除した金額となります。
今回の配当可能限度額は
 420万円−350万円=70万円となります。
ご存じの通り配当額の10%を利益準備金として積立なければならないので、
 70万円÷1.1=63万円
となります。
 

返信

4. Re: 欠損金の繰越控除時の損益計算書上の表記等について

2009/04/11 13:15

corgy101

おはつ

編集

hirunosann様

お世話になります。
ご回答いただき、ありがとうございます。

了解いたしました。

会社設立間もないことや現在のような社会情勢下では先の見えないことも多く
納税額を抑えながら、経営の健全化と社員への最大限の還元化・・・というのは
なかなか難しい課題ですね。

今回の質問に関しての迅速かつご丁寧なご回答に心より感謝いたしております。
ありがとうございました。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

hirunosann様

お世話になります。
ご回答いただき、ありがとうございます。

了解いたしました。

会社設立間もないことや現在のような社会情勢下では先の見えないことも多く
納税額を抑えながら、経営の健全化と社員への最大限の還元化・・・というのは
なかなか難しい課題ですね。

今回の質問に関しての迅速かつご丁寧なご回答に心より感謝いたしております。
ありがとうございました。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

返信

1件〜4件 (全4件)
| 1 |
役に立った

0人がこのQ&Aが役に立ったと投票しています