•  

助け合い

経理、労務、総務のことでわからないこと、利用者同士で助け合いを目的とした掲示板です。ルールを守ってご利用くださいませ。

スポンサーリンク

会社の清算について

質問 回答受付中

会社の清算について

2006/12/06 22:52

miyuma

おはつ

回答数:6

編集

現在、有限会社の清算中です。資産は、有価証券、保険積立金などが残っています。負債は、役員からの借入金がほとんどです。そこで、有価証券と保険積立金を解約して、役員へ返済すればよいのでしょうが、解約すると損なので、解約せずに、役員の借入金と相殺してもよいのでしょうか?できるとしたら、帳簿価額で相殺してもよいのでしょうか?
回答をよろしくお願いします。

現在、有限会社の清算中です。資産は、有価証券、保険積立金などが残っています。負債は、役員からの借入金がほとんどです。そこで、有価証券と保険積立金を解約して、役員へ返済すればよいのでしょうが、解約すると損なので、解約せずに、役員の借入金と相殺してもよいのでしょうか?できるとしたら、帳簿価額で相殺してもよいのでしょうか?
回答をよろしくお願いします。

この質問に回答
回答一覧
並び順:
表示:
1件〜6件 (全6件)
| 1 |

1. Re: 会社の清算について

2006/12/07 16:56

編集

こんにちは。
清算については全く無知なので、相殺の部分だけでご容赦下さい。

基本的に相殺は、二者間における債権債務を対象としておりますから、御社、保険積立金を積んでいる保険会社、借入金を持つ役員という三者間では、各人の合意が必要とされております。

特に清算の場合は、権利義務関係が尾を引くケースが多いでしょうから、弁護士等の専門家へのご相談をお勧めします。

こんにちは。
清算については全く無知なので、相殺の部分だけでご容赦下さい。

基本的に相殺は、二者間における債権債務を対象としておりますから、御社、保険積立金を積んでいる保険会社、借入金を持つ役員という三者間では、各人の合意が必要とされております。

特に清算の場合は、権利義務関係が尾を引くケースが多いでしょうから、弁護士等の専門家へのご相談をお勧めします。

返信

2. Re: 会社の清算について

2006/12/07 22:51

miyuma

おはつ

編集

miyumaと申します。copapaさん回答ありがとうございました。ところで、相殺の件ですが、借入金を持つ役員というのは清算しようとしております会社の社長で、清算人そのものなんです。この場合は、保険会社や証券会社と、社長が合意すれば、可能でしょうか。よろしければ、また回答お願い致します。

miyumaと申します。copapaさん回答ありがとうございました。ところで、相殺の件ですが、借入金を持つ役員というのは清算しようとしております会社の社長で、清算人そのものなんです。この場合は、保険会社や証券会社と、社長が合意すれば、可能でしょうか。よろしければ、また回答お願い致します。

返信

3. Re: 会社の清算について

2006/12/08 00:05

kowloon

常連さん

編集

簿価はまずいと思います。
各資産の時価を採って、清算貸借対照表を作ったうえで相殺しないと後からお達しが来るかもしれません。

留保金課税が来年にもなくなりそうなので、資産総額が大きいのなら、会社を残して寝かせておくのもひとつの手かと。

簿価はまずいと思います。
各資産の時価を採って、清算貸借対照表を作ったうえで相殺しないと後からお達しが来るかもしれません。

留保金課税が来年にもなくなりそうなので、資産総額が大きいのなら、会社を残して寝かせておくのもひとつの手かと。

返信

4. Re: 会社の清算について

2006/12/08 09:40

編集

ご丁寧な返信をありがとうございます。

>この場合は、保険会社や証券会社と、社長が合意すれば、可能でしょうか。

相殺という側面から見れば、第三者弁済という制度も絡んできますが、合意によって可能であるという判決が出ております。(調べましたら大正時代のものでした)

あと、気になりますのが、清算人である社長さんが、当事者の一人であるということです。
このあたり、清算人という地位でありながら、当事者に該当する場合、上記の処理が可能なのか気になるところです。
参考にならず、すみません。

なお、kowloonさんが会計や税務面から、アプローチをしておられますので、そちらへも傾注なさってくださいね。

ご丁寧な返信をありがとうございます。

>この場合は、保険会社や証券会社と、社長が合意すれば、可能でしょうか。

相殺という側面から見れば、第三者弁済という制度も絡んできますが、合意によって可能であるという判決が出ております。(調べましたら大正時代のものでした)

あと、気になりますのが、清算人である社長さんが、当事者の一人であるということです。
このあたり、清算人という地位でありながら、当事者に該当する場合、上記の処理が可能なのか気になるところです。
参考にならず、すみません。

なお、kowloonさんが会計や税務面から、アプローチをしておられますので、そちらへも傾注なさってくださいね。

返信

5. Re: 会社の清算について

2006/12/09 13:13

miyuma

おはつ

編集

kowloonさん、回答ありがとうございました。参考になりました。ところで、各資産の時価の出し方は、保険積立金なら、保険会社に調べてもらえますが、株はインタ−ネットの、たとえばヤフ−ファイナンスの株価調査のデ−タの価額を時価として考えてもよいでしょうか。また出資金はどうやって時価を算出できますか。もしご存知なら、回答をよろしくお願い致します。

kowloonさん、回答ありがとうございました。参考になりました。ところで、各資産の時価の出し方は、保険積立金なら、保険会社に調べてもらえますが、株はインタ−ネットの、たとえばヤフ−ファイナンスの株価調査のデ−タの価額を時価として考えてもよいでしょうか。また出資金はどうやって時価を算出できますか。もしご存知なら、回答をよろしくお願い致します。

返信

6. Re: 会社の清算について

2006/12/09 13:21

miyuma

おはつ

編集

copapaさん、いろいろ調べて頂いて助かります。会社を清算して終了するのは大変難しいですね。みなさんの回答を参考にさせて頂きます。ありがとうございました。

copapaさん、いろいろ調べて頂いて助かります。会社を清算して終了するのは大変難しいですね。みなさんの回答を参考にさせて頂きます。ありがとうございました。

返信

1件〜6件 (全6件)
| 1 |
役に立った

0人がこのQ&Aが役に立ったと投票しています