•  

助け合い

経理、労務、総務のことでわからないこと、利用者同士で助け合いを目的とした掲示板です。ルールを守ってご利用くださいませ。

スポンサーリンク

会社を続けられないんです。

質問 回答受付中

会社を続けられないんです。

2007/10/10 12:22

たこやき

すごい常連さん

回答数:6

編集

みなさん今日は恥を承知で相談させて下さい。
会社を続ける事が難しくなりました。今日役員会で話し合いをし、社長を除くすべてを解雇することになりそうです。そこで、相談なんですが、解雇する場合30日前には通告しないといけませんよね。もしくは一月分の賃金を支払う。
でも、実際のところ先月分の給料も払えてません。今、解雇するとしても正直、先月・今月、あと一月分の賃金まとめて払う事は不可能なんです。どうしたらいいのか分らなくて。
私自身、役員なので、解雇されても失業保険すらありません。何をどうしたらいいのか。
まず、社員の賃金未払いでの解雇なんてありえますか?社長はいずれ払うと言ってますが、そんな事が通用するんでしょうか?
こんな事相談しないといけないなんて、すみません

今、以前の似たようなのをみつけたんですが・・・

>離職の日以前1年以内に賃金支払日が14日以上ある月が通算して6ヶ月以上ありかつ雇用保険加入期間が6ヶ月以上あること

ってありました。これって私も失業保険を給付してもらえるんでしょうか?私は去年の8月に役員になったんです。雇用保険も今の会社で6ヶ月以上かけてました。それとも1年以内に6ヶ月以上かけとかないとダメなんでしょうか?ホント自分の事ばかりですみません。誰か教えて下さい。

みなさん今日は恥を承知で相談させて下さい。
会社を続ける事が難しくなりました。今日役員会で話し合いをし、社長を除くすべてを解雇することになりそうです。そこで、相談なんですが、解雇する場合30日前には通告しないといけませんよね。もしくは一月分の賃金を支払う。
でも、実際のところ先月分の給料も払えてません。今、解雇するとしても正直、先月・今月、あと一月分の賃金まとめて払う事は不可能なんです。どうしたらいいのか分らなくて。
私自身、役員なので、解雇されても失業保険すらありません。何をどうしたらいいのか。
まず、社員の賃金未払いでの解雇なんてありえますか?社長はいずれ払うと言ってますが、そんな事が通用するんでしょうか?
こんな事相談しないといけないなんて、すみません

今、以前の似たようなのをみつけたんですが・・・

>離職の日以前1年以内に賃金支払日が14日以上ある月が通算して6ヶ月以上ありかつ雇用保険加入期間が6ヶ月以上あること

ってありました。これって私も失業保険を給付してもらえるんでしょうか?私は去年の8月に役員になったんです。雇用保険も今の会社で6ヶ月以上かけてました。それとも1年以内に6ヶ月以上かけとかないとダメなんでしょうか?ホント自分の事ばかりですみません。誰か教えて下さい。

この質問に回答
回答一覧
並び順:
表示:
1件〜6件 (全6件)
| 1 |

1. Re: 会社を続けられないんです。

2007/10/10 14:21

からやん

すごい常連さん

編集

書き込みを読んで、大変驚いております。

賃金未払いですか・・・。使用者が従業員に対して労働の対価=賃金を支払うのは絶対義務ですから、如何ともし難いですねぇ・・・。きつい言い方ですが、経営陣の着ぐるみを売ってまでも払わないといけない、これが賃金です。それだけ従業員に対しても社会的責任を負わなければならないのが経営者なんですよね。

このまま倒産→トンズラ(好ましい言い方ではありませんが)となると、労働争議は必至でしょう。
労働者保護の観点から労働保険に「未払い賃金立替事業」があるにはあるんですが「退職日6ヶ月以前から2年前まで」という要件があるために、今すぐにとはいかないですし・・・。

>社長はいずれ払うと言ってますが、そんな事が通用するんでしょうか

具体的に「いついつまでに支払う」と確約をしないと従業員は決して納得しないでしょうね。「いずれ」とは10年後も「いずれ」ですからねぇ・・・。従業員と協議をした場合、この「いずれ」が通用するのは多めに見ても3ヶ月以内が落しどころではないかなぁ・・・(私だったらこういう案を従業員側に提示するように経営側に折衝して動きます)。

いずれにしても問題が非常に大きな問題であるため、会社の清算処理、労務対応等含め弁護士と相談しながら進めるしかないと思います。明確なお答えになってなくてすみません。

で、たこさん自身の失業保険ですが、受給期間が離職日の翌日から1年間ですので、役員就任日を喪失日と推測した場合、すでに1年を経過していますから、残念ながら失業保険はもらえないということになります。

とにもかくにも、たこさんの状況を推察するとご心労、ご苦労いかばかりかと存じます。早期に解決がはかられることを祈念します。

書き込みを読んで、大変驚いております。

賃金未払いですか・・・。使用者が従業員に対して労働の対価=賃金を支払うのは絶対義務ですから、如何ともし難いですねぇ・・・。きつい言い方ですが、経営陣の着ぐるみを売ってまでも払わないといけない、これが賃金です。それだけ従業員に対しても社会的責任を負わなければならないのが経営者なんですよね。

このまま倒産→トンズラ(好ましい言い方ではありませんが)となると、労働争議は必至でしょう。
労働者保護の観点から労働保険に「未払い賃金立替事業」があるにはあるんですが「退職日6ヶ月以前から2年前まで」という要件があるために、今すぐにとはいかないですし・・・。

>社長はいずれ払うと言ってますが、そんな事が通用するんでしょうか

具体的に「いついつまでに支払う」と確約をしないと従業員は決して納得しないでしょうね。「いずれ」とは10年後も「いずれ」ですからねぇ・・・。従業員と協議をした場合、この「いずれ」が通用するのは多めに見ても3ヶ月以内が落しどころではないかなぁ・・・(私だったらこういう案を従業員側に提示するように経営側に折衝して動きます)。

いずれにしても問題が非常に大きな問題であるため、会社の清算処理、労務対応等含め弁護士と相談しながら進めるしかないと思います。明確なお答えになってなくてすみません。

で、たこさん自身の失業保険ですが、受給期間が離職日の翌日から1年間ですので、役員就任日を喪失日と推測した場合、すでに1年を経過していますから、残念ながら失業保険はもらえないということになります。

とにもかくにも、たこさんの状況を推察するとご心労、ご苦労いかばかりかと存じます。早期に解決がはかられることを祈念します。

返信

2. Re: 会社を続けられないんです。

2007/10/10 14:52

たこやき

すごい常連さん

編集

からやんさん、ありがとうございます
今年に入って急激に事業展開しすぎた結果、こんな事に。
以前は繁忙期(3ヶ月程)に1年分やり繰り出来るだけの売上はありました。でも、いろんな事を始めたばかりに予想以上の人件費が掛かり前期の収入を既に食いつぶしてしまい、おまけに国金、保障協会など借入ばかり膨らんでしまいました。その際、国金の偉い方とうちの社長との話(昔からの友人)で、追加で大口を3ヵ月後に一括返済の約束で借りてました。その返済日の約束が口頭でしか行われてなかった為、銀行等の信用もなくなってしまい他からの借入が出来なくなってしまったのです。その約束と言うのも国金の返済日は10日なんですが、末日で約束したと・・・(当然返済金明細・利息の明細書は10日支払のまま)
今となってはど〜でもいいんですが
今日、これから社長が一人づつ事情を説明するそうです。
何をどう説明するのか・・・
からやんさん、ありがとね

からやんさん、ありがとうございます
今年に入って急激に事業展開しすぎた結果、こんな事に。
以前は繁忙期(3ヶ月程)に1年分やり繰り出来るだけの売上はありました。でも、いろんな事を始めたばかりに予想以上の人件費が掛かり前期の収入を既に食いつぶしてしまい、おまけに国金、保障協会など借入ばかり膨らんでしまいました。その際、国金の偉い方とうちの社長との話(昔からの友人)で、追加で大口を3ヵ月後に一括返済の約束で借りてました。その返済日の約束が口頭でしか行われてなかった為、銀行等の信用もなくなってしまい他からの借入が出来なくなってしまったのです。その約束と言うのも国金の返済日は10日なんですが、末日で約束したと・・・(当然返済金明細・利息の明細書は10日支払のまま)
今となってはど〜でもいいんですが
今日、これから社長が一人づつ事情を説明するそうです。
何をどう説明するのか・・・
からやんさん、ありがとね

返信

3. Re: 会社を続けられないんです。

2007/10/10 15:02

dasrecht

さらにすごい常連さん

編集

心中お察し申し上げます。

まず、労働者の解雇の有効性に争いの余地があります。
経営状況が悪いからと言って自由に解雇できるわけではありません。解雇は、客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上相当であると認められない場合は、無効とされます(労働基準法18条の2)から、この点をきちんと押さえて置かないと、解雇したつもりでも賃金債務だけが発生し続けることになります。

いずれにしろ賃金や解雇予告手当は会社にとって債務なのですから、支払わなければ債権者の督促を受けることになります。この点は買掛金や借入金など、他の債務と基本的に変わるところはありません。「いずれ払う」と言うような呑気で高飛車な態度で債権者が納得するかどうか、常識的には厳しいと思います。ただ、銀行借入金等とは違って、一般に賃金債務には経営者や役員個人が連帯保証しているわけではないので、それら個人に支払い義務があるわけではありません。それで社長さんは高をくくってるのかもしれません。

たこやきさんは去年の8月に役員になった時点で雇用保険の被保険者資格を喪失してらっしゃるんじゃないでしょうか。もしそうなら現時点で失業給付の受給は不可能です。理論的には去年の8月にさかのぼって資格喪失を取り消すと言うことも考えられなくはないけれど、今からでは極めて厳しいと思います。
現状でできることは、未払い役員報酬の督促、辞任の拒否、解任無効の訴えと損害賠償請求(会社法339条ほか)ぐらいでしょうか。

なお、社長さんは今後も一人で事業を継続するつもりのように見受けられますから、現時点では関係ありませんが、この先半年以内に破産等の手続が開始されたり、事業活動が停止した場合には、労働者は政府により賃金の一部について立替払いを受けることができます(賃金の支払の確保等に関する法律7条、独立行政法人労働者健康福祉機構法12条1項6号)。たこやきさんも場合によってはこの制度の対象となる可能性はあります。

http://www.rofuku.go.jp/kinrosyashien/miharai.html

お役に立てず申し訳ない。

心中お察し申し上げます。

まず、労働者の解雇の有効性に争いの余地があります。
経営状況が悪いからと言って自由に解雇できるわけではありません。解雇は、客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上相当であると認められない場合は、無効とされます(労働基準法18条の2)から、この点をきちんと押さえて置かないと、解雇したつもりでも賃金債務だけが発生し続けることになります。

いずれにしろ賃金や解雇予告手当は会社にとって債務なのですから、支払わなければ債権者の督促を受けることになります。この点は買掛金や借入金など、他の債務と基本的に変わるところはありません。「いずれ払う」と言うような呑気で高飛車な態度で債権者が納得するかどうか、常識的には厳しいと思います。ただ、銀行借入金等とは違って、一般に賃金債務には経営者や役員個人が連帯保証しているわけではないので、それら個人に支払い義務があるわけではありません。それで社長さんは高をくくってるのかもしれません。

たこやきさんは去年の8月に役員になった時点で雇用保険の被保険者資格を喪失してらっしゃるんじゃないでしょうか。もしそうなら現時点で失業給付の受給は不可能です。理論的には去年の8月にさかのぼって資格喪失を取り消すと言うことも考えられなくはないけれど、今からでは極めて厳しいと思います。
現状でできることは、未払い役員報酬の督促、辞任の拒否、解任無効の訴えと損害賠償請求(会社法339条ほか)ぐらいでしょうか。

なお、社長さんは今後も一人で事業を継続するつもりのように見受けられますから、現時点では関係ありませんが、この先半年以内に破産等の手続が開始されたり、事業活動が停止した場合には、労働者は政府により賃金の一部について立替払いを受けることができます(賃金の支払の確保等に関する法律7条、独立行政法人労働者健康福祉機構法12条1項6号)。たこやきさんも場合によってはこの制度の対象となる可能性はあります。

http://www.rofuku.go.jp/kinrosyashien/miharai.html

お役に立てず申し訳ない。

返信

4. Re: 会社を続けられないんです。

2007/10/10 15:40

たこやき

すごい常連さん

編集

だすさん、ありがとうございます。

>独立行政法人労働者健康福祉機構法12条1項6号)。たこやきさんも場合によってはこの制度の対象となる可能性はあります。

拝見しました。
>名義上は「役員」とされていても、業務執行権がなく、業務の内容や報酬において一般の労働者と何ら変わらない実態にある者については「労働者」として認められる場合があります。
今、確認しました。
私の場合、業務執行権はないですが、給料の部分で、基本給ではなく役員報酬として支払われている為ダメとの答えでした。
役員報酬として払われていても他に、家族手当・住宅手当等他の労働者と同じ様に支払われてる場合のみ兼務役員とみなされ対象となるらしいです。
もうどうしたらいいか・・・
だすさん、嫌な話聞かせてしまって申し訳ないです。
でも、うれしかったです。ありがとう

だすさん、ありがとうございます。

>独立行政法人労働者健康福祉機構法12条1項6号)。たこやきさんも場合によってはこの制度の対象となる可能性はあります。

拝見しました。
>名義上は「役員」とされていても、業務執行権がなく、業務の内容や報酬において一般の労働者と何ら変わらない実態にある者については「労働者」として認められる場合があります。
今、確認しました。
私の場合、業務執行権はないですが、給料の部分で、基本給ではなく役員報酬として支払われている為ダメとの答えでした。
役員報酬として払われていても他に、家族手当・住宅手当等他の労働者と同じ様に支払われてる場合のみ兼務役員とみなされ対象となるらしいです。
もうどうしたらいいか・・・
だすさん、嫌な話聞かせてしまって申し訳ないです。
でも、うれしかったです。ありがとう

返信

5. Re: 会社を続けられないんです。

2007/10/11 07:53

PTA

すごい常連さん

編集

諸先輩の書かれているとおりで、
社長一人で事業を継続されるのであれば、解雇を簡単に考えてはいけませんし、未払い賃金も債務として残り続けます。まあ、経営者が私財を投げ打ってまで支払うものではないとしても。

ただ、このような事態に至った経営責任をどう収拾するかですが、実質は社長の独裁であったとしても、形式上は、役員会で経営方針が決定され、それなりの手続きをふんで経営がなされていたとすれば、役員である貴殿の責任追及は免れないかもしれません。

「どーでもいいことですが」とか「どんな説明をするのか」とか・・・失礼ですが、傍観者のような印象を持ちました。ご自身の未払い報酬の回収は、もちろん重要ですが、今回の一件については、当事者でもあることを意識されるべきかと思います。

例えば、杜撰な借入契約、無理な多角経営への決断など・・・上場していなければ、代表訴訟はないかもしれませんが。
解雇にしても、解雇回避努力をどこまで講じたのか、経営が悪化して賃金が払えないのであれば、その前に役員報酬カット、返上(もらってないのなら、事実上実施?)をすべきであり、その意味では、貴殿の報酬は、全額を手にすることはできなくなるかもしれません。解雇される従業員からすれば、役員報酬なんて返上せよ!と言うかもしれません。

悲観的なことばかり書きましたが、最悪のケースを想定しておいて損はなく、失礼をお許しください。

諸先輩の書かれているとおりで、
社長一人で事業を継続されるのであれば、解雇を簡単に考えてはいけませんし、未払い賃金も債務として残り続けます。まあ、経営者が私財を投げ打ってまで支払うものではないとしても。

ただ、このような事態に至った経営責任をどう収拾するかですが、実質は社長の独裁であったとしても、形式上は、役員会で経営方針が決定され、それなりの手続きをふんで経営がなされていたとすれば、役員である貴殿の責任追及は免れないかもしれません。

「どーでもいいことですが」とか「どんな説明をするのか」とか・・・失礼ですが、傍観者のような印象を持ちました。ご自身の未払い報酬の回収は、もちろん重要ですが、今回の一件については、当事者でもあることを意識されるべきかと思います。

例えば、杜撰な借入契約、無理な多角経営への決断など・・・上場していなければ、代表訴訟はないかもしれませんが。
解雇にしても、解雇回避努力をどこまで講じたのか、経営が悪化して賃金が払えないのであれば、その前に役員報酬カット、返上(もらってないのなら、事実上実施?)をすべきであり、その意味では、貴殿の報酬は、全額を手にすることはできなくなるかもしれません。解雇される従業員からすれば、役員報酬なんて返上せよ!と言うかもしれません。

悲観的なことばかり書きましたが、最悪のケースを想定しておいて損はなく、失礼をお許しください。

返信

6. Re: 会社を続けられないんです。

2007/10/12 07:41

たこやき

すごい常連さん

編集

PTAさん ありがとうがざいました。

ホントそうですよね。自分の事ばかり・・・
恥ずかしいです。

私の投稿を読んで気を悪くされた方ごめんなさい
どうしたらいいか分からなくて、投げやりになってました

PTAさん ありがとうがざいました。

ホントそうですよね。自分の事ばかり・・・
恥ずかしいです。

私の投稿を読んで気を悪くされた方ごめんなさい
どうしたらいいか分からなくて、投げやりになってました

返信

1件〜6件 (全6件)
| 1 |
役に立った

0人がこのQ&Aが役に立ったと投票しています