•  

助け合い

経理、労務、総務のことでわからないこと、利用者同士で助け合いを目的とした掲示板です。ルールを守ってご利用くださいませ。

スポンサーリンク

法人税等充当金について

質問 回答受付中

法人税等充当金について

2006/05/12 15:36

mori

ちょい参加

回答数:4

編集

よろしくお願いします。

 当期は赤字で法人市・県民税の均等割りだけを充当させるのですが、その際の仕訳は

 当期利益(税引き前の) / 法人税等充当金では駄目なのでしょうか?

 法人税、住民税及び事業税 / 法人税等充当金 との違いが分りません。  

よろしくお願いします。

 当期は赤字で法人市・県民税の均等割りだけを充当させるのですが、その際の仕訳

 当期利益(税引き前の) / 法人税等充当金では駄目なのでしょうか?

 法人税、住民税及び事業税 / 法人税等充当金 との違いが分りません。  

この質問に回答
回答一覧
並び順:
表示:
1件〜4件 (全4件)
| 1 |

1. Re: 法人税等充当金について

2006/05/12 16:37

t_i_3_4

ちょい参加

編集

仕訳は

 法人税、住民税及び事業税/法人税等充当金

になります。

「当期利益」は勘定科目ではありませんから、当期利益が仕訳に出てくることはありえません。

「法人税、住民税及び事業税」と「法人税等充当金」の違いですが、
「法人税、住民税及び事業税」は経費科目になり、「法人税等充当金」は負債科目になります。

中間納付のある会社をイメージしていただくといいかもしれませんが、

 中間納付額+確定納付額=今期発生した法人税・住民税・事業税

になります。
ただし、期末に負債として残っているのは確定納付額のみですから、この金額は「法人税等充当金」となります。

仕訳

 法人税、住民税及び事業税法人税等充当金

になります。

「当期利益」は勘定科目ではありませんから、当期利益が仕訳に出てくることはありえません。

「法人税、住民税及び事業税」と「法人税等充当金」の違いですが、
「法人税、住民税及び事業税」は経費科目になり、「法人税等充当金」は負債科目になります。

中間納付のある会社をイメージしていただくといいかもしれませんが、

 中間納付額+確定納付額=今期発生した法人税・住民税事業税

になります。
ただし、期末に負債として残っているのは確定納付額のみですから、この金額は「法人税等充当金」となります。

返信

2. Re: 法人税等充当金について

2006/05/12 17:01

mori

ちょい参加

編集

ご返信ありがとうございます。

更に質問ですが、「法人税、住民税及び事業税」は経費科目となるとの事ですが、当期の損益計算書には反映されなくて良いのでしょうか?

ご返信ありがとうございます。

更に質問ですが、「法人税、住民税及び事業税」は経費科目となるとの事ですが、当期の損益計算書には反映されなくて良いのでしょうか?

返信

3. Re: 法人税等充当金について

2006/05/12 18:02

t_i_3_4

ちょい参加

編集

もちろん反映されます。
市販の会計ソフトであれば、損益計算書の下の方の「税引前当期利益」の下に「法人税、住民税及び事業税」として計上され、「税引前当期利益」から「法人税、住民税及び事業税」の金額がマイナスされた残りが「当期利益」として計上されます。

もちろん反映されます。
市販の会計ソフトであれば、損益計算書の下の方の「税引前当期利益」の下に「法人税、住民税及び事業税」として計上され、「税引前当期利益」から「法人税、住民税及び事業税」の金額がマイナスされた残りが「当期利益」として計上されます。

返信

4. ありがとうございました。

2006/05/15 09:44

mori

ちょい参加

編集

 法人の決算書を見慣れないもので、販管費や一般管理費に反映されずに混乱しました。
 ありがとうございました。

 法人の決算書を見慣れないもので、販管費や一般管理費に反映されずに混乱しました。
 ありがとうございました。

返信

1件〜4件 (全4件)
| 1 |
役に立った

0人がこのQ&Aが役に立ったと投票しています