•  

助け合い

経理、労務、総務のことでわからないこと、利用者同士で助け合いを目的とした掲示板です。ルールを守ってご利用くださいませ。

スポンサーリンク

ワンイヤールールについて

質問 回答受付中

ワンイヤールールについて

2005/12/12 10:30

KH65

おはつ

回答数:2

編集

長期借入金のワンイヤールールについて、教えてください。

年商5億円以下の法人です。
長期借入金について、今期中(1年以内)に返済期間が到来する金額を、前期の期末に短期借入金に振替え、毎月の返済分を短期借入金から減少させているのですが、この処理で正しいのでしょうか。(この処理だと、振替た全額が今期末にゼロになり、期末の処理で翌期分に返済する金額を短期に振替ます)もしくは、毎月の返済分を直接、長期借入金から減少させるべきでしょうか。

具体例としては、3月決算で、平成16年3月1日に6,000万円借入、5年間で、元金毎月100万円ずつの返済です。平16年3月31日に、このうちの1,200万円だけ長期から短期に振替え、毎月の返済日に短期借入金から100万円減少させています。
17年3月の返済をもって、短期に振替えた1,200万円はゼロになり、17年3月31日の決算仕訳で、1,200万円を短期に振替えます。
長期借入金の額は、毎年3月31日に、1,200万円ずつ減少することになります。

もしくは、毎年長期から短期に1,200万円ずつ振替えるのことは必要なく、直接長期借入金から毎月100万円ずつ差し引くべきなのでしょうか。

もちろん、最後の1年については、短期に振替えますが…


長期借入金のワンイヤールールについて、教えてください。

年商5億円以下の法人です。
長期借入金について、今期中(1年以内)に返済期間が到来する金額を、前期の期末に短期借入金に振替え、毎月の返済分を短期借入金から減少させているのですが、この処理で正しいのでしょうか。(この処理だと、振替た全額が今期末にゼロになり、期末の処理で翌期分に返済する金額を短期に振替ます)もしくは、毎月の返済分を直接、長期借入金から減少させるべきでしょうか。

具体例としては、3月決算で、平成16年3月1日に6,000万円借入、5年間で、元金毎月100万円ずつの返済です。平16年3月31日に、このうちの1,200万円だけ長期から短期に振替え、毎月の返済日に短期借入金から100万円減少させています。
17年3月の返済をもって、短期に振替えた1,200万円はゼロになり、17年3月31日の決算仕訳で、1,200万円を短期に振替えます。
長期借入金の額は、毎年3月31日に、1,200万円ずつ減少することになります。

もしくは、毎年長期から短期に1,200万円ずつ振替えるのことは必要なく、直接長期借入金から毎月100万円ずつ差し引くべきなのでしょうか。

もちろん、最後の1年については、短期に振替えますが…


この質問に回答
回答一覧
並び順:
表示:
1件〜2件 (全2件)
| 1 |

1. Re: ワンイヤールールについて

2005/12/12 17:07

KH65

おはつ

編集

ranさん、早速お知恵をいただきまして、ありがとうございます。
大変参考になりました。こらからも何卒よろしくお願いいたします。

ranさん、早速お知恵をいただきまして、ありがとうございます。
大変参考になりました。こらからも何卒よろしくお願いいたします。

返信

2. Re: ワンイヤールールについて

2005/12/12 11:26

らん

さらにすごい常連さん

編集

こんにちは。
この処理については各社でやり方が異なる場合が多いようで、私が今までに経験した会社でもそれぞれやり方が違っていましたね。

一般的に多いと思われるやり方としては、1,200万円を短期に振替え、毎月の返済時には長期借入金の返済として処理し、短期に振替えた1,200万円はそのまま表示だけさせるやり方です。そして最後の1年分(12回)になったら短期借入金の返済として処理してゆくやり方です。これですと毎期の決算ごとに振替える必要がありませんので。

尚、契約上における実際の長期・短期の区別と、お書きのワンイヤールールとしての長期・短期があり混同しやすくなりますが、その場合には「1年内返済長期借入金」の科目を設けると便利です。
この場合だと1,200万円を1年内返済長期借入金とする方法です。
これですと契約上の実際の短期はそのまま表示され、長期の額は長期+1年内返済長期借入金で表現されます。

こんにちは。
この処理については各社でやり方が異なる場合が多いようで、私が今までに経験した会社でもそれぞれやり方が違っていましたね。

一般的に多いと思われるやり方としては、1,200万円を短期に振替え、毎月の返済時には長期借入金の返済として処理し、短期に振替えた1,200万円はそのまま表示だけさせるやり方です。そして最後の1年分(12回)になったら短期借入金の返済として処理してゆくやり方です。これですと毎期の決算ごとに振替える必要がありませんので。

尚、契約上における実際の長期・短期の区別と、お書きのワンイヤールールとしての長期・短期があり混同しやすくなりますが、その場合には「1年内返済長期借入金」の科目を設けると便利です。
この場合だと1,200万円を1年内返済長期借入金とする方法です。
これですと契約上の実際の短期はそのまま表示され、長期の額は長期+1年内返済長期借入金で表現されます。

返信

1件〜2件 (全2件)
| 1 |
役に立った

0人がこのQ&Aが役に立ったと投票しています