•  

助け合い

経理、労務、総務のことでわからないこと、利用者同士で助け合いを目的とした掲示板です。ルールを守ってご利用くださいませ。

スポンサーリンク

長期譲渡所得の赤字の解消

質問 回答受付中

長期譲渡所得の赤字の解消

2005/09/02 11:31

えっじ

常連さん

回答数:4

編集

 個人の長期譲渡所得があった場合の、赤字は、他の損益とも通算できず、繰越もできませんが、この状況から、その赤字を切り捨てないで使える方法などは、今の税法の範囲で合法的には不可能なのでしょうか?

 取得価額  5億円
 
 時価    2億円

 法人の役員であるため、会社に譲渡しようと考えているのですが、基本的に時価で取引を行わなくてはならないので、譲渡の時点で売却損を切り捨てることになり意味がないかと思います。
 帳簿価額で売却するのは、「同族会社の行為計算の否認」にも抵触し、その決済代金自体を、法人から個人に支払うことができないため、問題が生じるかと思いますが、皆様は、このような状況をいかが思われますか?
 何かよいご教示をいただけたら助かります。

 個人の長期譲渡所得があった場合の、赤字は、他の損益とも通算できず、繰越もできませんが、この状況から、その赤字を切り捨てないで使える方法などは、今の税法の範囲で合法的には不可能なのでしょうか?

 取得価額  5億円
 
 時価    2億円

 法人の役員であるため、会社に譲渡しようと考えているのですが、基本的に時価で取引を行わなくてはならないので、譲渡の時点で売却損を切り捨てることになり意味がないかと思います。
 帳簿価額で売却するのは、「同族会社の行為計算の否認」にも抵触し、その決済代金自体を、法人から個人に支払うことができないため、問題が生じるかと思いますが、皆様は、このような状況をいかが思われますか?
 何かよいご教示をいただけたら助かります。

この質問に回答
回答一覧
並び順:
表示:
1件〜4件 (全4件)
| 1 |

1. Re: 長期譲渡所得の赤字の解消

2005/09/04 17:30

ソアラ

積極参加

編集

>不可能なのでしょうか?
その譲渡損以外に土地建物等の譲渡益が作れるなら、それとの
通算はできると思いますよ。

>意味がないかと思います。
 役員さんは売りたくて、法人は土地(土地ですよね?)が事業に
使えるなら、しかたないのでは・・・。

>このような状況をいかが思われますか?
 私は実力者でないので、よくわからないんですが、差額の3億円
は、賞与になるんですかね?法人税は損金不算入で、所得税の源泉
がからんでくる?所得税をたくさん払うなら否認されるかな??

>何かよいご教示をいただけたら助かります。
 法人に貸すのは?不動産所得者になって、青色申告で10万控除
とかは?

 もう一度、書きますが、私は実力者でないので、おかしなことを
くちばしってるかもしれません。

>不可能なのでしょうか?
その譲渡損以外に土地建物等の譲渡益が作れるなら、それとの
通算はできると思いますよ。

>意味がないかと思います。
 役員さんは売りたくて、法人は土地(土地ですよね?)が事業に
使えるなら、しかたないのでは・・・。

>このような状況をいかが思われますか?
 私は実力者でないので、よくわからないんですが、差額の3億円
は、賞与になるんですかね?法人税は損金不算入で、所得税の源泉
がからんでくる?所得税をたくさん払うなら否認されるかな??

>何かよいご教示をいただけたら助かります。
 法人に貸すのは?不動産所得者になって、青色申告で10万控除
とかは?

 もう一度、書きますが、私は実力者でないので、おかしなことを
くちばしってるかもしれません。

返信

2. Re: 長期譲渡所得の赤字の解消

2005/09/04 22:48

えっじ

常連さん

編集

こんばんは。ご教示をいただきありがとうございます。おっしゃられるように、譲渡所得内の損益通算が可能であることは、他の土地を売却するなどして、うまく活用できそうですね。
 差額の3億円は、私が思うには、寄付金になるかと思っていたのですが、賞与となると、かなりたいへんなリスクですね。
 わたしも、ご教示いただいたことを、参考にして、寄付金についても取り扱いを、調べてみたいと思います。
 ありがとうございました。たすかりました。

こんばんは。ご教示をいただきありがとうございます。おっしゃられるように、譲渡所得内の損益通算が可能であることは、他の土地を売却するなどして、うまく活用できそうですね。
 差額の3億円は、私が思うには、寄付金になるかと思っていたのですが、賞与となると、かなりたいへんなリスクですね。
 わたしも、ご教示いただいたことを、参考にして、寄付金についても取り扱いを、調べてみたいと思います。
 ありがとうございました。たすかりました。

返信

3. Re: 長期譲渡所得の赤字の解消

2005/09/04 22:59

manita

ちょい参加

編集

こんばんは。

相手方が役員ですから、役員賞与ですよね。
役員賞与否認で、資産計上分が損金不算入になるだけで会社はそれほど痛くないですが(源泉の問題は別にして)、個人は給与課税されて、譲渡については時価の2億での売却となるわけで、売却損3億円を給与所得3億と相殺することができず、ひどいです。

損益通算できてた頃は、この相殺ができたので、賞与否認のリスクだけ考えればよかったですけど。

まぁ、ひどい改正です。駆け込みで法人に売却した方も多かったですが、何せ年末の急な改正だったので、かなりの批判がありましたよね。

こんばんは。

相手方が役員ですから、役員賞与ですよね。
役員賞与否認で、資産計上分が損金不算入になるだけで会社はそれほど痛くないですが(源泉の問題は別にして)、個人は給与課税されて、譲渡については時価の2億での売却となるわけで、売却損3億円を給与所得3億と相殺することができず、ひどいです。

損益通算できてた頃は、この相殺ができたので、賞与否認のリスクだけ考えればよかったですけど。

まぁ、ひどい改正です。駆け込みで法人に売却した方も多かったですが、何せ年末の急な改正だったので、かなりの批判がありましたよね。

返信

4. Re: 長期譲渡所得の赤字の解消

2005/09/05 21:14

えっじ

常連さん

編集

こんばんは。私も、確認してみましたが、おっしゃられるとおり、役員賞与で処理しなければならないのですね。
 ご教示、いただきありがとうございます。
 時価で、法人に譲渡しようとしているのですが、帳簿価額よりも下回っているため、いずれにしても、譲渡損失を損切りするしかなさそうですね。自民党の大綱でとつぜん、来月の1月1日からの改正だと決まったのは、びっくりしました。
 あとは、ゴルフ会員権の譲渡損の通算が、そろそろできなくなるという話もありますので、今のうちに、売却しているかたも、いらっしゃるみたいですね。
 ありがとうございます。

こんばんは。私も、確認してみましたが、おっしゃられるとおり、役員賞与で処理しなければならないのですね。
 ご教示、いただきありがとうございます。
 時価で、法人に譲渡しようとしているのですが、帳簿価額よりも下回っているため、いずれにしても、譲渡損失を損切りするしかなさそうですね。自民党の大綱でとつぜん、来月の1月1日からの改正だと決まったのは、びっくりしました。
 あとは、ゴルフ会員権の譲渡損の通算が、そろそろできなくなるという話もありますので、今のうちに、売却しているかたも、いらっしゃるみたいですね。
 ありがとうございます。

返信

1件〜4件 (全4件)
| 1 |
役に立った

0人がこのQ&Aが役に立ったと投票しています