•  

助け合い

経理、労務、総務のことでわからないこと、利用者同士で助け合いを目的とした掲示板です。ルールを守ってご利用くださいませ。

スポンサーリンク

給料の仕訳について

質問 回答受付中

給料の仕訳について

2005/07/26 16:15

marin

積極参加

回答数:10

編集

こんにちは
給料の仕訳について教えてください
基本給・資格手当(基準内賃金)が180,000
その他手当 通勤費 4,000  食事手当 3,000
どちらも非課税賃金の場合
仕訳は 給料賃金 187,000 では まずいのでしょうか?
    

こんにちは
給料の仕訳について教えてください
基本給・資格手当(基準内賃金)が180,000
その他手当 通勤費 4,000  食事手当 3,000
どちらも非課税賃金の場合
仕訳は 給料賃金 187,000 では まずいのでしょうか?
    

この質問に回答
回答一覧
並び順:
表示:
1件〜10件 (全10件)
| 1 |

1. Re: 給料の仕訳について

2005/07/26 16:50

miki

すごい常連さん

編集

当社でのやり方は分けてますので下記のようになります。
180000 給与   / 現預金 187000
3000 食事手当
 4000 通勤費

当社でのやり方は分けてますので下記のようになります。
180000 給与   / 現預金 187000
3000 食事手当
 4000 通勤費

返信

2. Re: 給料の仕訳について

2005/07/26 16:59

Ivy

常連さん

編集

私の場合は・・
通勤費だけ分けてます。
(消費税課税なので・・・。)
給与と手当はまとめて
給与手当勘定で処理しています。

ご参考まで☆

私の場合は・・
通勤費だけ分けてます。
消費税課税なので・・・。)
給与と手当はまとめて
給与手当勘定で処理しています。

ご参考まで☆

返信

3. Re: 給料の仕訳について

2005/07/27 08:40

marin

積極参加

編集

mikiさん 返事ありがとうございます。
ということは、mikiさんのやり方ですと
給与は180000 = 源泉所得税
食事手当3000は 厚生費
通勤費4000は 交通費 で仕訳しているのですか?

mikiさん 返事ありがとうございます。
ということは、mikiさんのやり方ですと
給与は180000 = 源泉所得税
食事手当3000は 厚生費
通勤費4000は 交通費 で仕訳しているのですか?

返信

4. Re: 給料の仕訳について

2005/07/27 08:44

marin

積極参加

編集

Ivyさん 返事ありがとうございます。
ivyさんの通勤費は 非課税給与では ないんですか?

Ivyさん 返事ありがとうございます。
ivyさんの通勤費は 非課税給与では ないんですか?

返信

5. Re: 給料の仕訳について

2005/07/27 10:20

miki

すごい常連さん

編集

いえいえmarinさんが分けて記載されてたので回答も分けただけです。
私の回答の仕方がおかしかったですね、すみません・・

当社は 
例えば、給料総支給額が20万、交通費(非課税)1万
    社会保険や源泉などの預かり金が2万の場合
 
   200000 給料      / 現預金 190000
    10000 交通費(非課税)/ 預り金 20000
といったふうに仕訳してます。

いえいえmarinさんが分けて記載されてたので回答も分けただけです。
私の回答の仕方がおかしかったですね、すみません・・

当社は 
例えば、給料総支給額が20万、交通費(非課税)1万
    社会保険や源泉などの預かり金が2万の場合
 
   200000 給料      / 現預金 190000
    10000 交通費(非課税)/ 預り金 20000
といったふうに仕訳してます。

返信

6. Re: 給料の仕訳について

2005/07/27 10:21

ごん

常連さん

編集

marinさん、こんにちは。

ちょっと気になったので、書き込みします。

mikiさんが言ってる給与とは別けていると言うのは、基本賃金と手当等が
分かるように別けているという事で、源泉対象にしてないという意味では
無いと思いますよ。
交通費は非課税限度額までは源泉は掛かりませんが、食事手当は対象になりますからね。

それとIvyさんが言ってる通勤費だけ別立てというのは、本人にとっての
所得税においては非課税対象であっても、会社として支払った通勤費は
課税取引ですので、申告をする時に混乱しないように別立てにしてるのだと
思いますよ。


marinさん、こんにちは。

ちょっと気になったので、書き込みします。

mikiさんが言ってる給与とは別けていると言うのは、基本賃金と手当等が
分かるように別けているという事で、源泉対象にしてないという意味では
無いと思いますよ。
交通費は非課税限度額までは源泉は掛かりませんが、食事手当は対象になりますからね。

それとIvyさんが言ってる通勤費だけ別立てというのは、本人にとっての
所得税においては非課税対象であっても、会社として支払った通勤費は
課税取引ですので、申告をする時に混乱しないように別立てにしてるのだと
思いますよ。


返信

7. Re: 給料の仕訳について

2005/07/27 13:33

marin

積極参加

編集

gonさん 書き込みありがとうございます。
   もう少し教えてください
  非課税給与というのは 本人の源泉所得税の
  課税対象額からはずすんですよね。
  仕訳は会社の費用として、給与賃金で一緒にしてはいけない
  のですか?  
  また交通費として処理するのでしたら
  仮払い消費税として課税対象になるということなのですか?
  また食事手当は 本人負担が50%以上になった場合は
  非課税給与ではないんですか?     

  

 
  

gonさん 書き込みありがとうございます。
   もう少し教えてください
  非課税給与というのは 本人の源泉所得税
  課税対象額からはずすんですよね。
  仕訳は会社の費用として、給与賃金で一緒にしてはいけない
  のですか?  
  また交通費として処理するのでしたら
  仮払い消費税として課税対象になるということなのですか?
  また食事手当は 本人負担が50%以上になった場合は
  非課税給与ではないんですか?     

  

 
  

返信

8. Re: 給料の仕訳について

2005/07/27 16:10

ごん

常連さん

編集

marinさん、こんにちは。

>非課税給与というのは 本人の源泉所得税の
>課税対象額からはずすんですよね。

個人の所得税を計算するうえで、非課税給与になるもの(例えば限度額内の
通勤費等がこれに該当します)は源泉対象から外します。

>仕訳は会社の費用として、給与賃金で一緒にしてはいけない
>のですか?  

給与賃金で一緒に処理してもかまいませんよ。
科目というのは会社によって使い方が違いますので、手当に対する科目が
あったり通勤費に対する科目があっても良いですし、給与という一括りで
起票しても問題はありません。
ただ、下記の問題が出て来ます。

>また交通費として処理するのでしたら
>仮払い消費税として課税対象になるということなのですか?

通勤費は課税取引になります。
ここでいう課税取引とは、会社が支払った時の消費税の取引区分を言いますので
個人の所得税ではありませんので注意して下さい。
給与は非課税ですが通勤費は課税ですので、同じ科目で処理した場合に
課税区分が違うものを一緒に処理してしまうので、消費税の申告の時に
それを加味しなければなりません。
その煩わしさを無くす為に、科目を別にしてる所も多々あると思いますよ。

>また食事手当は 本人負担が50%以上になった場合は
>非課税給与ではないんですか?     

食事手当には要件があって、次の二つをどちらも満たしていれば、給与として
課税されない事になります。

1.役員や使用人が食事の価額の半分以上を負担していること。
2.次の金額が1か月当たり3,500円以下であること。
(食事の価額)−(役員や使用人が負担している金額)

これのどちらが欠けても、課税対象になってしまいます。
参考のHPを見て下さい。

http://www.taxanswer.nta.go.jp/2594.htm

marinさん、こんにちは。

>非課税給与というのは 本人の源泉所得税
>課税対象額からはずすんですよね。

個人の所得税を計算するうえで、非課税給与になるもの(例えば限度額内の
通勤費等がこれに該当します)は源泉対象から外します。

>仕訳は会社の費用として、給与賃金で一緒にしてはいけない
>のですか?  

給与賃金で一緒に処理してもかまいませんよ。
科目というのは会社によって使い方が違いますので、手当に対する科目が
あったり通勤費に対する科目があっても良いですし、給与という一括りで
起票しても問題はありません。
ただ、下記の問題が出て来ます。

>また交通費として処理するのでしたら
>仮払い消費税として課税対象になるということなのですか?

通勤費は課税取引になります。
ここでいう課税取引とは、会社が支払った時の消費税取引区分を言いますので
個人の所得税ではありませんので注意して下さい。
給与は非課税ですが通勤費は課税ですので、同じ科目で処理した場合に
課税区分が違うものを一緒に処理してしまうので、消費税の申告の時に
それを加味しなければなりません。
その煩わしさを無くす為に、科目を別にしてる所も多々あると思いますよ。

>また食事手当は 本人負担が50%以上になった場合は
>非課税給与ではないんですか?     

食事手当には要件があって、次の二つをどちらも満たしていれば、給与として
課税されない事になります。

1.役員や使用人が食事の価額の半分以上を負担していること。
2.次の金額が1か月当たり3,500円以下であること。
(食事の価額)−(役員や使用人が負担している金額)

これのどちらが欠けても、課税対象になってしまいます。
参考のHPを見て下さい。

http://www.taxanswer.nta.go.jp/2594.htm

返信

9. Re: 給料の仕訳について

2005/07/28 13:00

marin

積極参加

編集

gonさん 大変丁寧なご説明 
ありがとうございます。
いままで なんとなくやってきてしまいまして
間違って解釈していたみたいです。
すっきり納得してできそうです。

gonさん 大変丁寧なご説明 
ありがとうございます。
いままで なんとなくやってきてしまいまして
間違って解釈していたみたいです。
すっきり納得してできそうです。

返信

10. Re: 給料の仕訳について

2005/07/28 13:02

marin

積極参加

編集

mikiさん
お礼が遅くなって申し訳ありません。
よくわかりました ありがとうございました。

mikiさん
お礼が遅くなって申し訳ありません。
よくわかりました ありがとうございました。

返信

1件〜10件 (全10件)
| 1 |
役に立った

0人がこのQ&Aが役に立ったと投票しています