•  

助け合い

経理、労務、総務のことでわからないこと、利用者同士で助け合いを目的とした掲示板です。ルールを守ってご利用くださいませ。

スポンサーリンク

仕入帳の簡略化

質問 回答受付中

仕入帳の簡略化

2005/03/30 00:32

momonga

常連さん

回答数:6

編集

仕入帳を作成するのに、納品書から仕入帳につけると
膨大な量になり、かなり時間をとられますので、時間を
短縮させるのに、請求書の合計額を仕入帳に書いても
別に問題ないでしょうか?
納品書と請求書をチェックをして相違がなければ
別に問題ないような気もするのですが・。

仕入帳を作成するのに、納品書から仕入帳につけると
膨大な量になり、かなり時間をとられますので、時間を
短縮させるのに、請求書の合計額を仕入帳に書いても
別に問題ないでしょうか?
納品書と請求書をチェックをして相違がなければ
別に問題ないような気もするのですが・。

この質問に回答
回答一覧
並び順:
表示:
1件〜6件 (全6件)
| 1 |

1. Re: 仕入帳の簡略化

2005/03/30 00:35

hawaii

常連さん

編集

問題ないです。

問題ないです。

返信

2. Re: 仕入帳の簡略化

2005/03/30 18:27

momonga

常連さん

編集

わかりました!
有難うございました!

わかりました!
有難うございました!

返信

3. Re: 仕入帳の簡略化

2005/03/30 19:00

かめへん

神の領域

編集

横からすみません。

消費税の本則課税の場合は、問題になるケースがないとは言えません。

消費税の仕入税額控除の要件として、「帳簿及び請求書等の保存」があり、帳簿に商品の内容を記載する必要があり、今まで、元帳等には記載がなくても、仕入帳によりそれが確認できていたのであれば、要件を満たしていた事になりますが、仕入帳でしか確認できなかった場合は、仕入税額控除の要件を満たさなくなってしまう恐れがあります。

ただ、商品の総称による記載も認められていますので、例えば青果店であれば、野菜、果実、青果というように総称ごとに区分すれば要件を満たしている事となります。
http://www.nta.go.jp/category/tutatu/shitsugi/syouhi/18/01.htm
これが仕入ではなく、経費に属する科目のものであれば、例えば野菜等、でも良いのですが、仕入については、総称の異なるごとに記載する必要がありますので、合計で記載するとしても、総称の異なるごとに区分して記載すべきものと思います。
http://www.nta.go.jp/category/tutatu/shitsugi/syouhi/18/02.htm

過去ログもご参考にされて下さい。
http://otasuke.ne.jp/modules/newbb/viewtopic.php?viewmode=thread&topic_id=501&forum=6&post_id=1921#1921

横からすみません。

消費税の本則課税の場合は、問題になるケースがないとは言えません。

消費税の仕入税額控除の要件として、「帳簿及び請求書等の保存」があり、帳簿に商品の内容を記載する必要があり、今まで、元帳等には記載がなくても、仕入帳によりそれが確認できていたのであれば、要件を満たしていた事になりますが、仕入帳でしか確認できなかった場合は、仕入税額控除の要件を満たさなくなってしまう恐れがあります。

ただ、商品の総称による記載も認められていますので、例えば青果店であれば、野菜、果実、青果というように総称ごとに区分すれば要件を満たしている事となります。
http://www.nta.go.jp/category/tutatu/shitsugi/syouhi/18/01.htm
これが仕入ではなく、経費に属する科目のものであれば、例えば野菜等、でも良いのですが、仕入については、総称の異なるごとに記載する必要がありますので、合計で記載するとしても、総称の異なるごとに区分して記載すべきものと思います。
http://www.nta.go.jp/category/tutatu/shitsugi/syouhi/18/02.htm

過去ログもご参考にされて下さい。
http://otasuke.ne.jp/modules/newbb/viewtopic.php?viewmode=thread&topic_id=501&forum=6&post_id=1921#1921

返信

4. Re: 仕入帳の簡略化

2005/03/31 00:43

momonga

常連さん

編集

こんばんは〜
いつもお世話になります!
仕入税額控除が問題になる可能性があるんですねー。

>仕入帳でしか確認できなかった場合は、仕入税額控除の要件を満>たさなくなってしまう恐れがあります。

仕入帳でしか、ということは、仕入帳だけではなしに、
元帳などにも、商品の内容を記載
しないといけないということですか?
それとも、仕入帳で確認できなかった場合、ってことですか?

>総称ごとに区分すれば要件を満たしている事となります。
総称ごとに区分すれば、その合計なら大丈夫なんですね〜。

仕入帳をつけて、個々に細かく書いていたら、
別の仕事が全然できない状態になってしまったので、
何かいい方法がないかと、思い質問しましたです。
総称ごとに区分して、仕入帳に計上するようにします。

それと、もしわかれば教えていただきたいのですが、
法人では、絶対につけないといけない帳面などは
決められているのでしょうか?

こんばんは〜
いつもお世話になります!
仕入税額控除が問題になる可能性があるんですねー。

>仕入帳でしか確認できなかった場合は、仕入税額控除の要件を満>たさなくなってしまう恐れがあります。

仕入帳でしか、ということは、仕入帳だけではなしに、
元帳などにも、商品の内容を記載
しないといけないということですか?
それとも、仕入帳で確認できなかった場合、ってことですか?

>総称ごとに区分すれば要件を満たしている事となります。
総称ごとに区分すれば、その合計なら大丈夫なんですね〜。

仕入帳をつけて、個々に細かく書いていたら、
別の仕事が全然できない状態になってしまったので、
何かいい方法がないかと、思い質問しましたです。
総称ごとに区分して、仕入帳に計上するようにします。

それと、もしわかれば教えていただきたいのですが、
法人では、絶対につけないといけない帳面などは
決められているのでしょうか?

返信

5. Re: 仕入帳の簡略化

2005/03/31 10:26

かめへん

神の領域

編集

>>仕入帳でしか確認できなかった場合は、仕入税額控除の要件を満
>>たさなくなってしまう恐れがあります。

>仕入帳でしか、ということは、仕入帳だけではなしに、
>元帳などにも、商品の内容を記載
>しないといけないということですか?
>それとも、仕入帳で確認できなかった場合、ってことですか?

すみません、書き方がおかしかったですね、正確に書けば次のような感じです。

「今までが仕入帳でしか確認できていなかった場合は、仕入税額控除の要件を満たさなくなってしまう恐れがあります。」

ですから、過去ログにも書いてましたが、ひとつの帳簿では記載事項の全てを満たしていないが、これらの各帳簿の間に関連付けがなされており、これらを総合すると、全ての記載事項を網羅している場合には、帳簿の記載要件を満たす事となりますので、必ずしも元帳に全てを記載しなくても、仕入帳等と合わせてみて、要件を満たしていれば大丈夫です。

>>総称ごとに区分すれば要件を満たしている事となります。
>総称ごとに区分すれば、その合計なら大丈夫なんですね〜。
そうですね。

>総称ごとに区分して、仕入帳に計上するようにします。
それで大丈夫だと思います。

>法人では、絶対につけないといけない帳面などは
>決められているのでしょうか?

帳簿関係については、法人税法施行規則に定めてありますが、同法第66条、第67条に基本的なものが規定してありますが、青色申告法人の場合は、同法第54条〜第59条に細かく規定してあり、基本的には、仕訳帳(入出金伝票・振替伝票で代用可)、総勘定元帳、棚卸表、貸借対照表、損益計算書、その他必要な帳簿、という事になっています。
条文については、長くなりますので掲げませんが、下記サイトから法令索引検索で「法人税法施行規則」で検索をかけると出てきます。
http://law.e-gov.go.jp/cgi-bin/idxsearch.cgi

下記サイトもご参考になるかと思います。
http://www.tabisland.ne.jp/explain/zeikin/zeik05.htm

>>仕入帳でしか確認できなかった場合は、仕入税額控除の要件を満
>>たさなくなってしまう恐れがあります。

>仕入帳でしか、ということは、仕入帳だけではなしに、
>元帳などにも、商品の内容を記載
>しないといけないということですか?
>それとも、仕入帳で確認できなかった場合、ってことですか?

すみません、書き方がおかしかったですね、正確に書けば次のような感じです。

「今までが仕入帳でしか確認できていなかった場合は、仕入税額控除の要件を満たさなくなってしまう恐れがあります。」

ですから、過去ログにも書いてましたが、ひとつの帳簿では記載事項の全てを満たしていないが、これらの各帳簿の間に関連付けがなされており、これらを総合すると、全ての記載事項を網羅している場合には、帳簿の記載要件を満たす事となりますので、必ずしも元帳に全てを記載しなくても、仕入帳等と合わせてみて、要件を満たしていれば大丈夫です。

>>総称ごとに区分すれば要件を満たしている事となります。
>総称ごとに区分すれば、その合計なら大丈夫なんですね〜。
そうですね。

>総称ごとに区分して、仕入帳に計上するようにします。
それで大丈夫だと思います。

>法人では、絶対につけないといけない帳面などは
>決められているのでしょうか?

帳簿関係については、法人税法施行規則に定めてありますが、同法第66条、第67条に基本的なものが規定してありますが、青色申告法人の場合は、同法第54条〜第59条に細かく規定してあり、基本的には、仕訳帳(入出金伝票・振替伝票で代用可)、総勘定元帳、棚卸表、貸借対照表、損益計算書、その他必要な帳簿、という事になっています。
条文については、長くなりますので掲げませんが、下記サイトから法令索引検索で「法人税法施行規則」で検索をかけると出てきます。
http://law.e-gov.go.jp/cgi-bin/idxsearch.cgi

下記サイトもご参考になるかと思います。
http://www.tabisland.ne.jp/explain/zeikin/zeik05.htm

返信

6. Re: 仕入帳の簡略化

2005/04/01 00:09

momonga

常連さん

編集

こんばんはー

大変よくわかりました!
いつも有難うございます!
また、何かありましたら
宜しくお願いします!!

こんばんはー

大変よくわかりました!
いつも有難うございます!
また、何かありましたら
宜しくお願いします!!

返信

1件〜6件 (全6件)
| 1 |
役に立った

0人がこのQ&Aが役に立ったと投票しています