•  

助け合い

経理、労務、総務のことでわからないこと、利用者同士で助け合いを目的とした掲示板です。ルールを守ってご利用くださいませ。

前受金の為替差益について

質問 解決済

前受金の為替差益について

2021/08/21 16:13

さらさ

おはつ

回答数:3

編集

はじめまして。
貿易商の経理事務初心者です。
うちの会社は高額な商品を輸出販売しておりますが、その際に前受金を数回に渡って受け取ります。
前任の経理担当者の前受金の為替差益の処理が統一されてなかったため、自分なりに調べてみると、複数のサイトで、前受金は為替差益の影響を受けないという見解が示されており、某サイトでは以下のような分かりやすい事例が記されていました。

<事例>
◆3月5日
アメリカの会社と3万ドルの商品売買を契約し、1万ドルの頭金(前受金)をもらった。
現預金 1,060,000円 / 前受金 1,060,000円
※為替レート 106円/ドル

◆4月10日
商品の船積みが完了した。
売掛金 2,200,000円 /売上 3,260,000円
前受金 1,060,000円
※為替レート 110円/ドル

つまりやはり前受金は為替差益の影響を受けないということを示していますが、顧問税理士にそのことを伝えるとそれは間違っている、という見解でした。

売掛金 2,240,000円 /売上3,300,000円
前受金 1,060,000円

が正しい、でないと不正になる。と言われました。
この仕訳だと前受金も為替差益の影響を受けていますが、税理士と喧嘩したくないので知らぬふりをして、税理士の指示通りの処理でいいでしょうか?
それとも税理士の言うことの方が正しいのでしょうか?

はじめまして。
貿易商の経理事務初心者です。
うちの会社は高額な商品を輸出販売しておりますが、その際に前受金を数回に渡って受け取ります。
前任の経理担当者の前受金の為替差益の処理が統一されてなかったため、自分なりに調べてみると、複数のサイトで、前受金は為替差益の影響を受けないという見解が示されており、某サイトでは以下のような分かりやすい事例が記されていました。

<事例>
◆3月5日
アメリカの会社と3万ドルの商品売買を契約し、1万ドルの頭金(前受金)をもらった。
現預金 1,060,000円 / 前受金 1,060,000円
※為替レート 106円/ドル

◆4月10日
商品の船積みが完了した。
売掛金 2,200,000円 /売上 3,260,000円
前受金 1,060,000円
※為替レート 110円/ドル

つまりやはり前受金は為替差益の影響を受けないということを示していますが、顧問税理士にそのことを伝えるとそれは間違っている、という見解でした。

売掛金 2,240,000円 /売上3,300,000円
前受金 1,060,000円

が正しい、でないと不正になる。と言われました。
この仕訳だと前受金も為替差益の影響を受けていますが、税理士と喧嘩したくないので知らぬふりをして、税理士の指示通りの処理でいいでしょうか?
それとも税理士の言うことの方が正しいのでしょうか?

この質問は締め切られました
回答

Re:前受金の為替差益について

2021/08/21 17:47

rew;01

常連さん

編集

事例の方が正しいと思います。
但し、例外があって重要性に乏しい場合には、
顧問税理士さんの方でいいことになっています。
(外貨建取引等の会計処理に関する実務指針26 ただし書き)
従って、顧問税理士さんの不正になるという意見は
違うと思います。参考にしてください。

事例の方が正しいと思います。
但し、例外があって重要性に乏しい場合には、
顧問税理士さんの方でいいことになっています。
(外貨建取引等の会計処理に関する実務指針26 ただし書き)
従って、顧問税理士さんの不正になるという意見は
違うと思います。参考にしてください。

お礼

2021/08/26 11:15

編集

お返事ありがとうございます。
分かりやすいご回答で助かりました。
「外貨建取引等の会計処理に関する実務指針26 ただし書き」を実際に調べて読んでみました。

うちの会社の場合、前受金が多く発生しており、収益もあれば損失もあります。
それが積もって数十万〜百万単位に及びます。
前受金の為替差益を影響させない方がいいのかどうか、一度上司と相談してみようと思います。
・・・顧問税理士さんへの対応についても。
回答一覧
並び順:
表示:
1件〜1件 (全1件)
| 1 |

1. Re:前受金の為替差益について

2021/08/21 17:47

rew;01

常連さん

編集

事例の方が正しいと思います。
但し、例外があって重要性に乏しい場合には、
顧問税理士さんの方でいいことになっています。
(外貨建取引等の会計処理に関する実務指針26 ただし書き)
従って、顧問税理士さんの不正になるという意見は
違うと思います。参考にしてください。

事例の方が正しいと思います。
但し、例外があって重要性に乏しい場合には、
顧問税理士さんの方でいいことになっています。
(外貨建取引等の会計処理に関する実務指針26 ただし書き)
従って、顧問税理士さんの不正になるという意見は
違うと思います。参考にしてください。

お礼

2021/08/26 11:15

編集

お返事ありがとうございます。
分かりやすいご回答で助かりました。
「外貨建取引等の会計処理に関する実務指針26 ただし書き」を実際に調べて読んでみました。

うちの会社の場合、前受金が多く発生しており、収益もあれば損失もあります。
それが積もって数十万〜百万単位に及びます。
前受金の為替差益を影響させない方がいいのかどうか、一度上司と相談してみようと思います。
・・・顧問税理士さんへの対応についても。

返信

1件〜1件 (全1件)
| 1 |
役に立った

2人がこのQ&Aが役に立ったと投票しています

この質問に関連するキーワード