•  

助け合い

経理、労務、総務のことでわからないこと、利用者同士で助け合いを目的とした掲示板です。ルールを守ってご利用くださいませ。

スポンサーリンク

仮払金で支払った場合

質問 回答受付中

仮払金で支払った場合

2016/04/08 13:21

inti

おはつ

回答数:2

編集

仕訳について質問です。

ある業者への支払いを他社(A社)と折半することになりました。

当日、現場で当社社員が現金で全額払い、A社分はいったん当社が立て替えることになっていました。

支払予定金額の仮払金を当社社員に渡していました。

当日、予定外の費用が発生し、仮払金だけでは不足することがわかり、一緒に立ち会っていたA社の社員から、20,000を受け取り、まとめて支払いました。この分はA社負担です。

この仕訳はどのように行えばいいでしょうか。特に最初の業者への支払い分の仕訳を悩んでいます。

*仮払金支払い
    仮払金/現金 100,000
*業者への支払い
     ?       120,000

*支払ったうち、当社経費
     経費/仮払金    50,000
     立替金/仮払金    50,000 (A社負担分後日A社から返金)

追加で支払った20,000は当社とは関係ないので、仕訳に含めず、仕訳は 諸口/仮払10,000でいいのでしょうか?

宜しくお願いします。


    

仕訳について質問です。

ある業者への支払いを他社(A社)と折半することになりました。

当日、現場で当社社員が現金で全額払い、A社分はいったん当社が立て替えることになっていました。

支払予定金額の仮払金を当社社員に渡していました。

当日、予定外の費用が発生し、仮払金だけでは不足することがわかり、一緒に立ち会っていたA社の社員から、20,000を受け取り、まとめて支払いました。この分はA社負担です。

この仕訳はどのように行えばいいでしょうか。特に最初の業者への支払い分の仕訳を悩んでいます。

仮払金支払い
    仮払金/現金 100,000
*業者への支払い
     ?       120,000

*支払ったうち、当社経費
     経費/仮払金    50,000
     立替金/仮払金    50,000 (A社負担分後日A社から返金)

追加で支払った20,000は当社とは関係ないので、仕訳に含めず、仕訳は 諸口/仮払10,000でいいのでしょうか?

宜しくお願いします。


    

この質問に回答
回答一覧
並び順:
表示:
1件〜2件 (全2件)
| 1 |

1. Re:仮払金で支払った場合

2016/04/08 17:23

efu

すごい常連さん

編集

こんにちは。

貴社がA社の分も含めて100,000円だけを仮払いしたのですし、追加の2万円はA社が支払ったうえに貴社とは無関係ということで、仮払金100,000円だけで考えればよいのです。

従業員に仮払い
仮払金100,000/現金100,000

業者に支払い
経費(※※費)50,000/仮払金100,000
立替金50,000/

※20,000円はA社が支払うべきものですので貴社が仕訳をする必要はありません。


>追加で支払った20,000は当社とは関係ないので、仕訳に含めず、仕訳は 諸口/仮払10,000でいいのでしょうか?

上記の通り貴社では仕訳の必要がないのですから何もする必要はありませんが・・・

こんにちは。

貴社がA社の分も含めて100,000円だけを仮払いしたのですし、追加の2万円はA社が支払ったうえに貴社とは無関係ということで、仮払金100,000円だけで考えればよいのです。

従業員に仮払い
仮払金100,000/現金100,000

業者に支払い
経費(※※費)50,000/仮払金100,000
立替金50,000/

※20,000円はA社が支払うべきものですので貴社が仕訳をする必要はありません。


>追加で支払った20,000は当社とは関係ないので、仕訳に含めず、仕訳は 諸口/仮払10,000でいいのでしょうか?

上記の通り貴社では仕訳の必要がないのですから何もする必要はありませんが・・・

返信

2. Re:Re:仮払金で支払った場合

2016/04/11 11:42

inti

おはつ

編集

返信ありがとうございます。

やはり先方が追加で払った分の仕訳は不要なんですね。

今回、業者からの領収書が以下のようになっていたため、少し混乱してしまいましたb。

A社宛の領収書:100,000

当社宛の領収書:120,000(このうち20,000はA社負担分)

当日担当した社員によると、追加費用がかかることがわかり、A社社員が当社社員に20,000を渡し、
当社の社員がまとめて業者に払っています。本来、当社宛領収書は100,000、A社宛を120,000とすべき
ですよね。当社社員も気づかずに受け取ったようです。

助かりました。ありがとうございました。

返信ありがとうございます。

やはり先方が追加で払った分の仕訳は不要なんですね。

今回、業者からの領収書が以下のようになっていたため、少し混乱してしまいましたb。

A社宛の領収書:100,000

当社宛の領収書:120,000(このうち20,000はA社負担分)

当日担当した社員によると、追加費用がかかることがわかり、A社社員が当社社員に20,000を渡し、
当社の社員がまとめて業者に払っています。本来、当社宛領収書は100,000、A社宛を120,000とすべき
ですよね。当社社員も気づかずに受け取ったようです。

助かりました。ありがとうございました。

返信

1件〜2件 (全2件)
| 1 |
役に立った

0人がこのQ&Aが役に立ったと投票しています