•  

助け合い

経理、労務、総務のことでわからないこと、利用者同士で助け合いを目的とした掲示板です。ルールを守ってご利用くださいませ。

スポンサーリンク

留保金課税の計算式について

質問 回答受付中

留保金課税の計算式について

2015/03/23 10:34

harley

おはつ

回答数:6

編集

留保金課税の計算式が理解できないので教えてほしいのですが。

留保所得金額+前期末配当等の額-当期末配当等の額-法人税額となっているのですが、なぜ前期末配当等の額はプラスとされるのでしょうか?
私の理解は、
留保所得金額=当期の利益
前期末配当等の額=当期流出した額
当期末配当等の額=翌期に支払う額
なので留保所得金額と当期末配当等の額の差額のみで比較すればいいのではないかと思うのですが。。。

説明下手で申し訳ありませんが、とにかくなぜ前期末配当等が計算式に含まれるのかをご教授頂ければ幸いです。

留保金課税の計算式が理解できないので教えてほしいのですが。

留保所得金額+前期末配当等の額-当期末配当等の額-法人税額となっているのですが、なぜ前期末配当等の額はプラスとされるのでしょうか?
私の理解は、
留保所得金額=当期の利益
前期末配当等の額=当期流出した額
当期末配当等の額=翌期に支払う額
なので留保所得金額と当期末配当等の額の差額のみで比較すればいいのではないかと思うのですが。。。

説明下手で申し訳ありませんが、とにかくなぜ前期末配当等が計算式に含まれるのかをご教授頂ければ幸いです。

この質問に回答
回答一覧
並び順:
表示:
1件〜6件 (全6件)
| 1 |

1. Re:留保金課税の計算式について

2015/03/23 16:55

ikkai

積極参加

編集

原理的な部分のみ抽出して説明します。

法人税申告書の別表三(1)で示されている当期留保金額の計算式は次のとおりです。

当期留保金額=留保所得金額(別表四「最下段の◆廖法楞梓末配当等の額−当期末配当の額−(法人税額+住民税額)・・・(1)

平成18年の会社法施行以後、別表4の1欄の社外流出の配当欄には、「前期末配当等」の額を記入することとなりました。それ以前は「当期末配当等」の額でした。

(1)式の右辺第1項は、すでに配当等の額を差し引いた金額ですね。但し、差し引いた配当等の額は上記のように会社法施行後は「前期末配当等の額」です。ところが、留保金課税の計算上は、元々「当期末配当等の額」を差し引いたものでなければならないのです。
つまり、(1)式の右辺2項と3項とで加減することにより、差し引くべき配当等の額の「期ズレ」を調整しているのです。

原理的な部分のみ抽出して説明します。

法人税申告書の別表三(1)で示されている当期留保金額の計算式は次のとおりです。

当期留保金額=留保所得金額(別表四「最下段の◆廖法楞梓末配当等の額−当期末配当の額−(法人税額+住民税額)・・・(1)

平成18年の会社法施行以後、別表4の1欄の社外流出の配当欄には、「前期末配当等」の額を記入することとなりました。それ以前は「当期末配当等」の額でした。

(1)式の右辺第1項は、すでに配当等の額を差し引いた金額ですね。但し、差し引いた配当等の額は上記のように会社法施行後は「前期末配当等の額」です。ところが、留保金課税の計算上は、元々「当期末配当等の額」を差し引いたものでなければならないのです。
つまり、(1)式の右辺2項と3項とで加減することにより、差し引くべき配当等の額の「期ズレ」を調整しているのです。

返信

2. Re:留保金課税の計算式について

2015/03/23 17:04

ikkai

積極参加

編集

(追記)

>私の理解は、 留保所得金額=当期の利益

これが間違っています。

留保所得金額=別表4の最下段の△龍盂
です。

(追記)

>私の理解は、 留保所得金額=当期の利益

これが間違っています。

留保所得金額=別表4の最下段の△龍盂
です。

返信

3. Re:留保金課税の計算式について

2015/03/23 22:59

ikkai

積極参加

編集

(追記2)

>留保所得金額と当期末配当等の額の差額のみで比較すればいいのではないかと

仰る意味が分かりません。
「何をするために」「差額のみで比較」しようとお考えなのでしょうか?「比較」って、どういう意味でしょうか。

(追記2)

>留保所得金額と当期末配当等の額の差額のみで比較すればいいのではないかと

仰る意味が分かりません。
「何をするために」「差額のみで比較」しようとお考えなのでしょうか?「比較」って、どういう意味でしょうか。

返信

4. Re:留保金課税の計算式について

2015/03/24 09:00

ikkai

積極参加

編集

(忖度)

質問文に、「当期利益」という係数があるので、質問内容を忖度して前記(1)式を変形してみます。

当期留保金額=留保所得金額(別表四「最下段の◆廖法楞梓末配当等の額−当期末配当等の額−(法人税額+住民税額)・・・(1)(再掲)

別表4の構造は、総額 ⇔永櫚◆⊆匈偉出の3列とも、
1欄(当期利益)+(加算欄−減算欄)=最下段(所得金額)・・・(2)
となっています。
この式を留保△領鵑謀てはめてみます。
1欄(当期利益)の留保の列の額は、当期利益の総額から社外流出(つまり、前期末配当等の額)を差し引いたものなので、(2)式は、
当期利益(総額)−前期末配当等の額+(加算留保−減算留保)=留保所得金額(別表四「最下段の◆廖法ΑΑ(3)
となります。

(3)式の左辺をそっくり(1)式の右辺第1項に代入すると、
当期留保金額=当期利益(総額)−当期末配当等の額+(加算留保−減算留保)−(法人税額+住民税額)・・・(4)
が得られます。

(4)式には"目障り"な「前期末配当等の額」という項目は相殺消去され、ありません。
因みに、(4)式右辺に4項あるうち、第4項(税金)は第3項の一部と相殺消去できます。

こういう切り口をイメージされたのでしょうか。

(忖度)

質問文に、「当期利益」という係数があるので、質問内容を忖度して前記(1)式を変形してみます。

当期留保金額=留保所得金額(別表四「最下段の◆廖法楞梓末配当等の額−当期末配当等の額−(法人税額+住民税額)・・・(1)(再掲)

別表4の構造は、総額 ⇔永櫚◆⊆匈偉出の3列とも、
1欄(当期利益)+(加算欄−減算欄)=最下段(所得金額)・・・(2)
となっています。
この式を留保△領鵑謀てはめてみます。
1欄(当期利益)の留保の列の額は、当期利益の総額から社外流出(つまり、前期末配当等の額)を差し引いたものなので、(2)式は、
当期利益(総額)−前期末配当等の額+(加算留保−減算留保)=留保所得金額(別表四「最下段の◆廖法ΑΑ(3)
となります。

(3)式の左辺をそっくり(1)式の右辺第1項に代入すると、
当期留保金額=当期利益(総額)−当期末配当等の額+(加算留保−減算留保)−(法人税額+住民税額)・・・(4)
が得られます。

(4)式には"目障り"な「前期末配当等の額」という項目は相殺消去され、ありません。
因みに、(4)式右辺に4項あるうち、第4項(税金)は第3項の一部と相殺消去できます。

こういう切り口をイメージされたのでしょうか。

返信

5. Re:留保金課税の計算式について

2015/03/25 07:37

ikkai

積極参加

編集

(1.Reの補足)

(会社法施行前の別表3(1))
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/hojin/shinkoku/pdf/h17/03_01.pdf

(会社法施行後の別表3(1))
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/hojin/shinkoku/pdf/h18/03_01.pdf

会社法施行前の別表3(1)には、施行後の別表3(1)にある2欄、3欄に相当する欄がありません。
施行前の5欄と施行後の1欄とでは、中身が異なるのです。
施行前の5欄は、社外流出した配当金として当期末配当金の額を差し引いてあるのですが、施行後の1欄は、前期末配当金の額を差し引いた金額になっています。
施行後の別表3(1)ではこれを修正するために、一旦前期末配当金の額を戻し(加算し)、改めて当期末配当金の額を差し引いているのです。

(1.Reの補足)

(会社法施行前の別表3(1))
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/hojin/shinkoku/pdf/h17/03_01.pdf

(会社法施行後の別表3(1))
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/hojin/shinkoku/pdf/h18/03_01.pdf

会社法施行前の別表3(1)には、施行後の別表3(1)にある2欄、3欄に相当する欄がありません。
施行前の5欄と施行後の1欄とでは、中身が異なるのです。
施行前の5欄は、社外流出した配当金として当期末配当金の額を差し引いてあるのですが、施行後の1欄は、前期末配当金の額を差し引いた金額になっています。
施行後の別表3(1)ではこれを修正するために、一旦前期末配当金の額を戻し(加算し)、改めて当期末配当金の額を差し引いているのです。

返信

6. Re:留保金課税の計算式について

2015/04/07 07:38

ikkai

積極参加

編集

以上の説明でお察しかと思いますが、別表4の構造・内容を理解していない限り、本件問題を理解することは不可能です。

以上の説明でお察しかと思いますが、別表4の構造・内容を理解していない限り、本件問題を理解することは不可能です。

返信

1件〜6件 (全6件)
| 1 |
役に立った

0人がこのQ&Aが役に立ったと投票しています