•  

助け合い

経理、労務、総務のことでわからないこと、利用者同士で助け合いを目的とした掲示板です。ルールを守ってご利用くださいませ。

スポンサーリンク

社長、専務、兼務役員の給料を上げるには

質問 回答受付中

社長、専務、兼務役員の給料を上げるには

2014/07/08 09:34

takohachi

おはつ

回答数:4

編集

資本金、数千万の中小企業です。
代表取締役や役付役員(専務、常務)や兼務役員の給料を上げる話があります。
取締役会だけの承認で大丈夫でしょうか?
株主総会の決議が必要でしょうか?
また必要な場合、上記の会を失念していた場合はどうなるのでしょうか?
役員自身に責任があるのでしょうか?
事務方にも責任があるのでしょうか?
お願い致します。

資本金、数千万の中小企業です。
代表取締役や役付役員(専務、常務)や兼務役員の給料を上げる話があります。
取締役会だけの承認で大丈夫でしょうか?
株主総会の決議が必要でしょうか?
また必要な場合、上記の会を失念していた場合はどうなるのでしょうか?
役員自身に責任があるのでしょうか?
事務方にも責任があるのでしょうか?
お願い致します。

この質問に回答
回答

Re: 社長、専務、兼務役員の給料を上げるには

2014/07/08 15:01

kumasan-zz

さらにすごい常連さん

編集

会社法361条に取締役の報酬についての定めがあります。
下記サイトをご確認下さい。

http://home.lifeplan-japan.net/index.php?%E4%BC%9A%E7%A4%BE%E6%B3%95361%E6%9D%A1

ようは、定款に定めていない場合は、株主総会決議でってことみたいです。
責任の所在は「給料を上げる話」をしてる人でしょうね。

私は専門家ではないので、他の方の解答も”必ず”確認してくださいね。

会社法361条に取締役の報酬についての定めがあります。
下記サイトをご確認下さい。

http://home.lifeplan-japan.net/index.php?%E4%BC%9A%E7%A4%BE%E6%B3%95361%E6%9D%A1

ようは、定款に定めていない場合は、株主総会決議でってことみたいです。
責任の所在は「給料を上げる話」をしてる人でしょうね。

私は専門家ではないので、他の方の解答も”必ず”確認してくださいね。

返信

回答一覧
並び順:
表示:
1件〜4件 (全4件)
| 1 |

1. Re: 社長、専務、兼務役員の給料を上げるには

2014/07/08 15:01

kumasan-zz

さらにすごい常連さん

編集

会社法361条に取締役の報酬についての定めがあります。
下記サイトをご確認下さい。

http://home.lifeplan-japan.net/index.php?%E4%BC%9A%E7%A4%BE%E6%B3%95361%E6%9D%A1

ようは、定款に定めていない場合は、株主総会決議でってことみたいです。
責任の所在は「給料を上げる話」をしてる人でしょうね。

私は専門家ではないので、他の方の解答も”必ず”確認してくださいね。

会社法361条に取締役の報酬についての定めがあります。
下記サイトをご確認下さい。

http://home.lifeplan-japan.net/index.php?%E4%BC%9A%E7%A4%BE%E6%B3%95361%E6%9D%A1

ようは、定款に定めていない場合は、株主総会決議でってことみたいです。
責任の所在は「給料を上げる話」をしてる人でしょうね。

私は専門家ではないので、他の方の解答も”必ず”確認してくださいね。

返信

2. Re: 社長、専務、兼務役員の給料を上げるには

2014/07/08 16:15

anoano

すごい常連さん

編集

前者の書き込みのとおり、まず定款にどのような記載があるかです。
通常は株主総会の決議になっていますので、それを前提に話を進めます。

役員報酬は、税法上「定期同額給与」といって、原則として定時株主総会(期首から3月以内)の決議によって決められたものしか認められず、それ以外の任意の時期(臨時株主総会)の決議によって決められたものは、所定の例外を除き、否認されます。
従って、定時株主総会の決議を失念された場合は、値上げや値下げが出来ず、前期の報酬金額を踏襲することになるでしょう(これには見解が分かれるところで、定時株主総会で決議をしなかった場合は、ゼロという意見もある)。

定時株主総会でも、報酬限度を定めて、個々の支給額は取締役会で決めるという決議になっている場合には、定時株主総会の決議は取締役会の決議に替わることになります。

前者の書き込みのとおり、まず定款にどのような記載があるかです。
通常は株主総会の決議になっていますので、それを前提に話を進めます。

役員報酬は、税法上「定期同額給与」といって、原則として定時株主総会(期首から3月以内)の決議によって決められたものしか認められず、それ以外の任意の時期(臨時株主総会)の決議によって決められたものは、所定の例外を除き、否認されます。
従って、定時株主総会の決議を失念された場合は、値上げや値下げが出来ず、前期の報酬金額を踏襲することになるでしょう(これには見解が分かれるところで、定時株主総会で決議をしなかった場合は、ゼロという意見もある)。

定時株主総会でも、報酬限度を定めて、個々の支給額は取締役会で決めるという決議になっている場合には、定時株主総会の決議は取締役会の決議に替わることになります。

返信

3. Re: 社長、専務、兼務役員の給料を上げるには

2014/07/09 09:34

takohachi

おはつ

編集

過去の議事録を探しました。
30年位前に、定時株主総会で決議されています。以下
取締役の報酬額を諮ったところ年額○○○万以内とし、この限度額に使用人兼務役員の使用人分の報酬を含めない旨を定め、その配分は取締役会に一任することを承認可決した。
となっていました。
現状、役員報酬合計は十分枠内です。結果よかったです。
|△掘⊆萃役会の決議は必要?(取締役会に一任)
弊社決算は間もなくです。
ついでにお聞きしたいのですが
⊃掲ぬ魄=取締役会と株主総会の両方の承認?
取締役の辞任=取締役会だけで大丈夫?
ぜ萃役の退職慰労金=取締役会だけで大丈夫?
すいませんが,らい魘気┐督困韻覆い任靴腓Δ?

過去の議事録を探しました。
30年位前に、定時株主総会で決議されています。以下
取締役の報酬額を諮ったところ年額○○○万以内とし、この限度額に使用人兼務役員の使用人分の報酬を含めない旨を定め、その配分は取締役会に一任することを承認可決した。
となっていました。
現状、役員報酬合計は十分枠内です。結果よかったです。
|△掘⊆萃役会の決議は必要?(取締役会に一任)
弊社決算は間もなくです。
ついでにお聞きしたいのですが
⊃掲ぬ魄=取締役会と株主総会の両方の承認?
取締役の辞任=取締役会だけで大丈夫?
ぜ萃役の退職慰労金=取締役会だけで大丈夫?
すいませんが,らい魘気┐督困韻覆い任靴腓Δ?

返信

4. Re: 社長、専務、兼務役員の給料を上げるには

2014/07/09 12:53

anoano

すごい常連さん

編集

 ー萃役会一任となっているのなら、取締役会での決議は
 絶対に必要です。個々の金額を定めて初めて有効になります。
 定時株主総会での決議を受けて、 取締役会で決議を
 図るのが通常の流れです。
 しかも期首から3月以内という制限があります。

 30年位前の定時株主総会での決議が現時点で有効かどうかは
 よくわかりませんが、
 それ以来役員報酬の決議が無いようでしたら、
 常識的に考えても、改めて決議をした方がいいでしょう。 

◆‖緝修任覆じ造蝓通常株主総会での決議で足ります。

 法的には、辞任届があれば取締役会はいりません。
  ただ、社内的に報告という意味で、取締役会を
  自主開催することは望まれます。
  なお辞任の結果、定款の取締役の定数に抵触する
  ようであれば、そのための決議は必要です。

ぁヽ主総会での決議が必須です。
  取締役会一任と決議されたら、取締役会での決議が必要です。


 

 ー萃役会一任となっているのなら、取締役会での決議は
 絶対に必要です。個々の金額を定めて初めて有効になります。
 定時株主総会での決議を受けて、 取締役会で決議を
 図るのが通常の流れです。
 しかも期首から3月以内という制限があります。

 30年位前の定時株主総会での決議が現時点で有効かどうかは
 よくわかりませんが、
 それ以来役員報酬の決議が無いようでしたら、
 常識的に考えても、改めて決議をした方がいいでしょう。 

◆‖緝修任覆じ造蝓通常株主総会での決議で足ります。

 法的には、辞任届があれば取締役会はいりません。
  ただ、社内的に報告という意味で、取締役会を
  自主開催することは望まれます。
  なお辞任の結果、定款の取締役の定数に抵触する
  ようであれば、そのための決議は必要です。

株主総会での決議が必須です。
  取締役会一任と決議されたら、取締役会での決議が必要です。


 

返信

1件〜4件 (全4件)
| 1 |
役に立った

0人がこのQ&Aが役に立ったと投票しています