•  

助け合い

経理、労務、総務のことでわからないこと、利用者同士で助け合いを目的とした掲示板です。ルールを守ってご利用くださいませ。

スポンサーリンク

無償減資に係る仕訳について

質問 回答受付中

無償減資に係る仕訳について

2012/03/27 17:35

riyako

おはつ

回答数:1

編集

会社法上の大会社にならないため、増資後に無償減資を行いました。
資本の相手勘定をその他資本剰余金と考えています。

しかし、議事録や異議催告書などに、資本準備金への振替と記載しています。
欠損補填等の理由ではないので、その他資本剰余金への振替が正しいと考えています。

議事録などへの訂正を行うべきか、対処の仕方について、アドバイスをいただけますでしょうか。
宜しくお願いいたします。

会社法上の大会社にならないため、増資後に無償減資を行いました。
資本の相手勘定をその他資本剰余金と考えています。

しかし、議事録や異議催告書などに、資本準備金への振替と記載しています。
欠損補填等の理由ではないので、その他資本剰余金への振替が正しいと考えています。

議事録などへの訂正を行うべきか、対処の仕方について、アドバイスをいただけますでしょうか。
宜しくお願いいたします。

この質問に回答
回答一覧
並び順:
表示:
1件〜1件 (全1件)
| 1 |

1. Re: 無償減資に係る仕訳について

2012/04/10 00:55

Kuro

常連さん

編集

riyakoさん、こんばんは。

 無償減資において、欠損填補の理由がなくても、資本金から資本準備金に振り替えるのは可能だと思います。

 このため、「資本の相手勘定をその他資本剰余金と考えています。」とのことですが、議事録や異議催告書が資本準備金への振替となってしまっている以上、株主総会などの減資手続きを最初からやり直すなどをしなければ、株主総会決議に則って、資本準備金に振り替えるしかないと思います。

riyakoさん、こんばんは。

 無償減資において、欠損填補の理由がなくても、資本金から資本準備金に振り替えるのは可能だと思います。

 このため、「資本の相手勘定をその他資本剰余金と考えています。」とのことですが、議事録や異議催告書が資本準備金への振替となってしまっている以上、株主総会などの減資手続きを最初からやり直すなどをしなければ、株主総会決議に則って、資本準備金に振り替えるしかないと思います。

返信

1件〜1件 (全1件)
| 1 |
役に立った

0人がこのQ&Aが役に立ったと投票しています