•  

助け合い

経理、労務、総務のことでわからないこと、利用者同士で助け合いを目的とした掲示板です。ルールを守ってご利用くださいませ。

スポンサーリンク

公益法人 予算書

質問 回答受付中

公益法人 予算書

2011/02/20 14:00

chieko

おはつ

回答数:6

編集

会計事務所のものです。公益認定どころか公益法人の初心者です。

公益認定申請書別表G(予算書)の作成にあたり予算書の科目ごとにご教示ください。
仝生年金基金一括金を費用に入れる場合、科目は支払負担金ですか?
 また収入に関しては、どこの収入科目になりますか?そもそも予算書に計上するものですか?

会議費ですが、事業費の中に会議費を追加してよろしいものですか?
 別表Gには管理費にしかないので、迷っています。

B床餬弖入金とはどのようなものですか?
 調べたところ収益事業のときに使う科目や、内部取引のときに使う科目とか書いてありましたが。
 また予算書にのせてもよいものですか?

どれか以上3つのうちどれか1つでもかまいません。よろしくお願い致します。

会計事務所のものです。公益認定どころか公益法人の初心者です。

公益認定申請書別表G(予算書)の作成にあたり予算書の科目ごとにご教示ください。
厚生年金基金一括金を費用に入れる場合、科目は支払負担金ですか?
 また収入に関しては、どこの収入科目になりますか?そもそも予算書に計上するものですか?

会議費ですが、事業費の中に会議費を追加してよろしいものですか?
 別表Gには管理費にしかないので、迷っています。

B床餬弖入金とはどのようなものですか?
 調べたところ収益事業のときに使う科目や、内部取引のときに使う科目とか書いてありましたが。
 また予算書にのせてもよいものですか?

どれか以上3つのうちどれか1つでもかまいません。よろしくお願い致します。

この質問に回答
回答一覧
並び順:
表示:
1件〜6件 (全6件)
| 1 |

1. Re: 公益法人 予算書

2011/02/20 16:22

anyone

積極参加

編集

何十年もの昔に在職していたもので、今の公益法人会計基準の参考になるのかどうか?

,琉嫐がわかりません?
厚生年金基金に支払う保険料であれば、支出の部において、大科目「管理費」の中に中科目「人件費」小科目「厚生年金基金保険料」
という具合ではないですか?

>収入に関してはどこの収入科目になりますか?
厚生年金基金から、なにか収入があるという意味でしょうか?

会議費は管理費の中科目だと思いましたが(記憶では)
会議費の中身は何かというと、食事代とか交通費とか宿泊代とかではなかったかと思います(記憶が曖昧)
元々事業を行っていくための費用ですから、事業費の中に計上するもの(事業費は、本来の事業そのものに掛かる費用だけ)ではなかったかと思います。

B床餬弖入金は、本来の事業とは別な会計を持つ場合ですね。

例えば、民間のマンションの管理組合にみられる、修繕積立金会計とか…
公益法人だと…
退職積立金特別会計、○○周年記念費用特別会計、建物修繕特別会計とかなんでもいいわけですね。
本会計から特別会計に資金を移動する場合に使います。
本来は、

○○会計繰入金10000  ○○会計引当金10000
としておいて、

○○会計引当金10000 ○○会計引当金取崩額10000


○○会計支出10000  預金10000

当該○○会計では

預金1000000      ○○会計収入1000000

のように処理します。
後は各会計ごとに決算をするわけですね。

>また予算書にのせてもよいものですか?

当然予算書もつくらないといけません。予算決算制度なのですから、予算書がなければ業務執行はできないと考えなければなりません。

何十年もの昔に在職していたもので、今の公益法人会計基準の参考になるのかどうか?

,琉嫐がわかりません?
厚生年金基金に支払う保険料であれば、支出の部において、大科目「管理費」の中に中科目「人件費」小科目「厚生年金基金保険料」
という具合ではないですか?

>収入に関してはどこの収入科目になりますか?
厚生年金基金から、なにか収入があるという意味でしょうか?

会議費は管理費の中科目だと思いましたが(記憶では)
会議費の中身は何かというと、食事代とか交通費とか宿泊代とかではなかったかと思います(記憶が曖昧)
元々事業を行っていくための費用ですから、事業費の中に計上するもの(事業費は、本来の事業そのものに掛かる費用だけ)ではなかったかと思います。

B床餬弖入金は、本来の事業とは別な会計を持つ場合ですね。

例えば、民間のマンションの管理組合にみられる、修繕積立金会計とか…
公益法人だと…
退職積立金特別会計、○○周年記念費用特別会計、建物修繕特別会計とかなんでもいいわけですね。
本会計から特別会計に資金を移動する場合に使います。
本来は、

○○会計繰入金10000  ○○会計引当金10000
としておいて、

○○会計引当金10000 ○○会計引当金取崩額10000


○○会計支出10000  預金10000

当該○○会計では

預金1000000      ○○会計収入1000000

のように処理します。
後は各会計ごとに決算をするわけですね。

>また予算書にのせてもよいものですか?

当然予算書もつくらないといけません。予算決算制度なのですから、予算書がなければ業務執行はできないと考えなければなりません。

返信

2. Re: 公益法人 予算書

2011/02/21 10:22

chieko

おはつ

編集

anyoneさん、ありがとうございます。

仝生年金基金脱退一括金は、理解できました。
予算書に記載してもよいという事ですよね?
また収入についての質問ですが、公益法人では、このような費用をどういった(寄附金など)収入でまかなうのかという質問でした。

会議費ですが、公益法人側は、もちろん管理費に伴う会議もあるが、事業にともなう会議が殆どなので、会議費を管理費はもちろん事業費にも振分けしたいとのことでした。
公益認定の申請の中にも、予算書のサンプルとして会議費は、事業費にはなく管理費だけに記載されていましたので、どうしたらよいかと思い質問させて頂きました。

B床餬弯饗
「1.「他会計振替額」の勘定科目の留意事項として、FAQ-1-△砲茲譴弌管理費の充当財源の経理方法に関連して、公益法人が公益目的事業会計、収益事業等会計、法人会計の3つ会計に区分した損益計算書の内訳表の作成上、寄附金、会費収入、財産運用益等を管理費に充当する場合には、管理業務に係る会計(法人会計)の経常収益に直接計上するのに対して、他方、収益事業等からの利益を管理費に充てる場合には、収益事業等会計から法人会計への「他会計振替額」として振替経理するよう両者間では、会計処理の方法を異にして使い分けている。すなわち、前者の「経常収益直接計上方式」は経常収益、経常費用段階で判定する収支相償規程の判定に影響するのに対して、後者の「他会計振替額で処理する方式」の場合には、収支相償規定には直接には関係させない取り扱いになっているので留意する必要がある。
2.なお、「他会計振替額」の税務上の取扱いについては、基本通達で「収益事業に属するものとして区分経理した金額を、他会計振替額等の勘定科目により収益又は費用として経理した場合には、当該金額は益金の額又は損金の額に算入されない。」と規定しているので課税所得の算定上は取り扱いに留意しなければならない(法人税基本通達15-2-3の注書)」
との説明が理解できなく苦しんでしました。
収益事業がない場合・・・?ってかんじです。

少し光が見えた感じです。本当にありがとうございます。

anyoneさん、ありがとうございます。

厚生年金基金脱退一括金は、理解できました。
予算書に記載してもよいという事ですよね?
また収入についての質問ですが、公益法人では、このような費用をどういった(寄附金など)収入でまかなうのかという質問でした。

会議費ですが、公益法人側は、もちろん管理費に伴う会議もあるが、事業にともなう会議が殆どなので、会議費を管理費はもちろん事業費にも振分けしたいとのことでした。
公益認定の申請の中にも、予算書のサンプルとして会議費は、事業費にはなく管理費だけに記載されていましたので、どうしたらよいかと思い質問させて頂きました。

B床餬弯饗
「1.「他会計振替額」の勘定科目の留意事項として、FAQ-1-△砲茲譴弌管理費の充当財源の経理方法に関連して、公益法人が公益目的事業会計、収益事業等会計、法人会計の3つ会計に区分した損益計算書の内訳表の作成上、寄附金、会費収入、財産運用益等を管理費に充当する場合には、管理業務に係る会計(法人会計)の経常収益に直接計上するのに対して、他方、収益事業等からの利益を管理費に充てる場合には、収益事業等会計から法人会計への「他会計振替額」として振替経理するよう両者間では、会計処理の方法を異にして使い分けている。すなわち、前者の「経常収益直接計上方式」は経常収益、経常費用段階で判定する収支相償規程の判定に影響するのに対して、後者の「他会計振替額で処理する方式」の場合には、収支相償規定には直接には関係させない取り扱いになっているので留意する必要がある。
2.なお、「他会計振替額」の税務上の取扱いについては、基本通達で「収益事業に属するものとして区分経理した金額を、他会計振替額等の勘定科目により収益又は費用として経理した場合には、当該金額は益金の額又は損金の額に算入されない。」と規定しているので課税所得の算定上は取り扱いに留意しなければならない(法人税基本通達15-2-3の注書)」
との説明が理解できなく苦しんでしました。
収益事業がない場合・・・?ってかんじです。

少し光が見えた感じです。本当にありがとうございます。

返信

3. Re: 公益法人 予算書

2011/02/21 11:29

anyone

積極参加

編集

読んでて頭が痛くなってきました(笑)

ー入の中身が確定しているのであれば、予算書はズバリ○○収入として構わないと思います。
公益法人会計基準では、預り金を預り金収入と予算書に収入計上する方法もあります。

公益法人の「大科目」や「中科目」間における予算流用は認められていないはずです。
足らなくなれば、予備費から支出するのが原則のはずです。したがって、科目の設定は厳密にならざるを得ないのでしょう。

の文章だけでは、私もよくわかりません。(笑)
会計処理されたものをみれば、仕組みがわかると思いますが。

ずいぶん昔の話で、また、収益事業を営んだ公益法人の経験はなく、あまりお役にたてませんでした。

読んでて頭が痛くなってきました(笑)

ー入の中身が確定しているのであれば、予算書はズバリ○○収入として構わないと思います。
公益法人会計基準では、預り金預り金収入と予算書に収入計上する方法もあります。

公益法人の「大科目」や「中科目」間における予算流用は認められていないはずです。
足らなくなれば、予備費から支出するのが原則のはずです。したがって、科目の設定は厳密にならざるを得ないのでしょう。

の文章だけでは、私もよくわかりません。(笑)
会計処理されたものをみれば、仕組みがわかると思いますが。

ずいぶん昔の話で、また、収益事業を営んだ公益法人の経験はなく、あまりお役にたてませんでした。

返信

4. Re: 公益法人 予算書

2011/02/21 14:22

kei8

すごい常連さん

編集

>仝生年金基金脱退一括金は、理解できました。
予算書に記載してもよいという事ですよね?
また収入についての質問ですが、公益法人では、このような費用をどういった(寄附金など)収入でまかなうのかという質問でした。

回答:
 「厚生年金基金に支払う保険料であれば、支出の部において、大科目「管理費」の中に中科目「人件費」小科目「厚生年金基金保険料」という具合ではないですか?」の意見に、「厚生年金基金脱退一括金は、理解できました。」というのでは、お客様からお金をもらっているプロかと疑ってしまいます。

 厚生年金基金脱退一括金は、経常的に支払う保険料ではなく(=経常費用ではなく)、法人が基金から脱退するのに伴い支払う特別な費用ではありませんか?そうであれば、経常外費用に「厚生年金基金脱退一括金」とでも記載されればよいと思います。

 経常的な費用であれば保険料でよいでしょうが、それが管理費になるか、事業費になるかは、事業への関連付け次第です。常に管理費とされるわけであはありません。

 「予算書に記載してもよい」ではなく、記載は必須です。経常費用であろうと、計上外費用であろうと。


>会議費ですが、公益法人側は、もちろん管理費に伴う会議もあるが、事業にともなう会議が殆どなので、会議費を管理費はもちろん事業費にも振分けしたいとのことでした。
公益認定の申請の中にも、予算書のサンプルとして会議費は、事業費にはなく管理費だけに記載されていましたので、どうしたらよいかと思い質問させて頂きました。

回答:
 会計基準・運用指針は万能のものではありません。とりわけ勘定科目名は法人の実状に合わせて適切な名前を使えばよいものです。

事業に結び付けられる費用は事業費、それが難しい費用は管理費。この区分基準を会議費にも当てはめればよいだけです。「公益認定の申請の中にも、予算書のサンプルとして会議費は、事業費にはなく管理費だけに記載されていました」というご発言は、プロでは考えられないものです。なければ設ければよいだけです。もしあなたが事務所のスタッフであれば、事務所の先生に聞かれるようお勧めします。もしあなたが先生であれば、何も申し上げることはありませんが、あえて申し上げれば、知識の十分ある専門家に有料で助言を求めるようお勧めします。今回の疑問点がこのような投稿サイトで解決できたとしても、今後もっと多くの疑問点が生ずるでしょうし、場合によっては疑問をもつことなく、誤った処理をして、顧客に迷惑をかけるリスクが高いと懸念されます。あなた自身が心配ではありませんか?


>仝生年金基金脱退一括金は、理解できました。
予算書に記載してもよいという事ですよね?
また収入についての質問ですが、公益法人では、このような費用をどういった(寄附金など)収入でまかなうのかという質問でした。

回答:
 収入のご質問は経理の質問ではありません。法人の懐次第です。法人が決めた処理を会計のルールで処理することが会計の問題です。建物を取り壊すための費用を賄うのにその財源をどうしたらよいかという質問と同じような質問です。

厚生年金基金脱退一括金は、理解できました。
予算書に記載してもよいという事ですよね?
また収入についての質問ですが、公益法人では、このような費用をどういった(寄附金など)収入でまかなうのかという質問でした。

回答:
 「厚生年金基金に支払う保険料であれば、支出の部において、大科目「管理費」の中に中科目「人件費」小科目「厚生年金基金保険料」という具合ではないですか?」の意見に、「厚生年金基金脱退一括金は、理解できました。」というのでは、お客様からお金をもらっているプロかと疑ってしまいます。

 厚生年金基金脱退一括金は、経常的に支払う保険料ではなく(=経常費用ではなく)、法人が基金から脱退するのに伴い支払う特別な費用ではありませんか?そうであれば、経常外費用に「厚生年金基金脱退一括金」とでも記載されればよいと思います。

 経常的な費用であれば保険料でよいでしょうが、それが管理費になるか、事業費になるかは、事業への関連付け次第です。常に管理費とされるわけであはありません。

 「予算書に記載してもよい」ではなく、記載は必須です。経常費用であろうと、計上外費用であろうと。


会議費ですが、公益法人側は、もちろん管理費に伴う会議もあるが、事業にともなう会議が殆どなので、会議費を管理費はもちろん事業費にも振分けしたいとのことでした。
公益認定の申請の中にも、予算書のサンプルとして会議費は、事業費にはなく管理費だけに記載されていましたので、どうしたらよいかと思い質問させて頂きました。

回答:
 会計基準・運用指針は万能のものではありません。とりわけ勘定科目名は法人の実状に合わせて適切な名前を使えばよいものです。

事業に結び付けられる費用は事業費、それが難しい費用は管理費。この区分基準を会議費にも当てはめればよいだけです。「公益認定の申請の中にも、予算書のサンプルとして会議費は、事業費にはなく管理費だけに記載されていました」というご発言は、プロでは考えられないものです。なければ設ければよいだけです。もしあなたが事務所のスタッフであれば、事務所の先生に聞かれるようお勧めします。もしあなたが先生であれば、何も申し上げることはありませんが、あえて申し上げれば、知識の十分ある専門家に有料で助言を求めるようお勧めします。今回の疑問点がこのような投稿サイトで解決できたとしても、今後もっと多くの疑問点が生ずるでしょうし、場合によっては疑問をもつことなく、誤った処理をして、顧客に迷惑をかけるリスクが高いと懸念されます。あなた自身が心配ではありませんか?


厚生年金基金脱退一括金は、理解できました。
予算書に記載してもよいという事ですよね?
また収入についての質問ですが、公益法人では、このような費用をどういった(寄附金など)収入でまかなうのかという質問でした。

回答:
 収入のご質問は経理の質問ではありません。法人の懐次第です。法人が決めた処理を会計のルールで処理することが会計の問題です。建物を取り壊すための費用を賄うのにその財源をどうしたらよいかという質問と同じような質問です。

返信

5. Re: 公益法人 予算書

2011/02/22 17:25

chieko

おはつ

編集

anyoneさん
確かに読んでいて頭が痛くなってきますよね。
申し訳ないのと、ありがたい気持ちでいっぱいです。

あまりお役にたてません、なんてとんでもございません。
回答とヒントを頂き、感謝しきれない気持ちでおります。
どうもありがとうございました。
そしてランドセルを寄附した「ダテナオト」さんのように
こういったサイトにも親切な方がいらっしゃることに、あたたかい気持ちになり、背中を押していただき、
仕事の知識だけではなく、ご親切な方のおかげ様で、ということを改めて知りました。
本当にどうもありがとうございます。

anyoneさん
確かに読んでいて頭が痛くなってきますよね。
申し訳ないのと、ありがたい気持ちでいっぱいです。

あまりお役にたてません、なんてとんでもございません。
回答とヒントを頂き、感謝しきれない気持ちでおります。
どうもありがとうございました。
そしてランドセルを寄附した「ダテナオト」さんのように
こういったサイトにも親切な方がいらっしゃることに、あたたかい気持ちになり、背中を押していただき、
仕事の知識だけではなく、ご親切な方のおかげ様で、ということを改めて知りました。
本当にどうもありがとうございます。

返信

6. Re: 公益法人 予算書

2011/02/22 19:39

chieko

おはつ

編集

kei8さん
おっしゃるとおりで、まだまだプロとは程遠い私でございます。
企業会計では当然のように会議費は、公益法人でいう事業費にも管理費にも出てきますが、公益法人ではそれが当然ではないのかどうかと思い、また他のことも質問させていただきました。
そんな私にも分かりやすくご丁寧にご教示くださいまして、kei8さんの優しいお人柄が伝わる思いがし、本当にありがたいです。
とはいえ先生はおりますが、、、と色々ございまして、サイトで投稿した次第でございます。顧客にご迷惑かかることはけしてございません。ご心配ありがとうございます。

kei8さん
おっしゃるとおりで、まだまだプロとは程遠い私でございます。
企業会計では当然のように会議費は、公益法人でいう事業費にも管理費にも出てきますが、公益法人ではそれが当然ではないのかどうかと思い、また他のことも質問させていただきました。
そんな私にも分かりやすくご丁寧にご教示くださいまして、kei8さんの優しいお人柄が伝わる思いがし、本当にありがたいです。
とはいえ先生はおりますが、、、と色々ございまして、サイトで投稿した次第でございます。顧客にご迷惑かかることはけしてございません。ご心配ありがとうございます。

返信

1件〜6件 (全6件)
| 1 |
役に立った

0人がこのQ&Aが役に立ったと投票しています