•  

助け合い

経理、労務、総務のことでわからないこと、利用者同士で助け合いを目的とした掲示板です。ルールを守ってご利用くださいませ。

倒産しそうな(?)得意先

質問 回答受付中

倒産しそうな(?)得意先

2009/02/21 16:39

koukichi

常連さん

回答数:9

編集

こんにちは。

早速ご相談です。

当社の得意先である某社を信用調査したところ、債務超過に陥っていて、3期連続赤字であることが判明しました。

現在、この得意先から3枚の約束手形を受け取っていて、決済日付は3月、5月、6月とかなり先の話で、金額も少々大きい(300万くらい)です。

そこで、お聞きしたいのは、「今の段階で当社ができることは何かあるか」ということです。

特に支払がこれまでよく遅延したり、不当にサイトを伸ばされたり、というような直接的な被害は今のところありません。

債務超過とは言え、売上自体は前期比で伸びていた、ということもあり、「本当に緊急的に危ない!」ということも言えないかもしれません。

このまま静観するしかないのでしょうか・・・。
何かアドバイスがあれば、よろしくお願いします。

こんにちは。

早速ご相談です。

当社の得意先である某社を信用調査したところ、債務超過に陥っていて、3期連続赤字であることが判明しました。

現在、この得意先から3枚の約束手形を受け取っていて、決済日付は3月、5月、6月とかなり先の話で、金額も少々大きい(300万くらい)です。

そこで、お聞きしたいのは、「今の段階で当社ができることは何かあるか」ということです。

特に支払がこれまでよく遅延したり、不当にサイトを伸ばされたり、というような直接的な被害は今のところありません。

債務超過とは言え、売上自体は前期比で伸びていた、ということもあり、「本当に緊急的に危ない!」ということも言えないかもしれません。

このまま静観するしかないのでしょうか・・・。
何かアドバイスがあれば、よろしくお願いします。

この質問に回答
回答一覧
並び順:
表示:
1件〜9件 (全9件)
| 1 |

1. Re: 倒産しそうな(?)得意先

2009/02/21 17:22

hirunosannpo

常連さん

編集

一般論ですが手形の期日が長いですね〜。業種にもよるので一概に言えませんが・・・このご時世、リスクには替えられない事情は各社同じ事と察します。

会社として取るべき対応は
〜蠎蠅硫饉劼亮卍晃朕佑墨帯保証人になってもらう。
∩蠎蠅硫饉劼亮腓頁箴綫茲鯆瓦戮討く(後々売掛債権の差押えを行う為)
A蠎蠅硫饉劼ら商品等を購入して、相殺可能な状態にしておく。

くらいしか思い浮かびませんが・・・不動産は銀行の抵当に入っているだろうし、金額も300万円だからコストの方がかかりすぎるだろうし・・・

一般論ですが手形の期日が長いですね〜。業種にもよるので一概に言えませんが・・・このご時世、リスクには替えられない事情は各社同じ事と察します。

会社として取るべき対応は
〜蠎蠅硫饉劼亮卍晃朕佑墨帯保証人になってもらう。
∩蠎蠅硫饉劼亮腓頁箴綫茲鯆瓦戮討く(後々売掛債権の差押えを行う為)
A蠎蠅硫饉劼ら商品等を購入して、相殺可能な状態にしておく。

くらいしか思い浮かびませんが・・・不動産は銀行の抵当に入っているだろうし、金額も300万円だからコストの方がかかりすぎるだろうし・・・

返信

2. Re: 倒産しそうな(?)得意先

2009/02/23 11:19

koukichi

常連さん

編集

hirunosann様

はい、期日がとても長い業界で、だいたい120日というのが多いですね。末〆、翌々末日支払などだと、60+120=180日ということで、実際の入金が半年も先になる始末です。
この辺、法律でなんとか規制してほしいものです・・。

ご返答ありがとうございました。

今のところ、きちんとこれまで大きな遅延等もなく入金されていますので、とりあえず相手に「不信感を持っている」と極力悟られないようにする為、△諒法であれば気づかれずに調査できそうだな、と思いました。

hirunosann様

はい、期日がとても長い業界で、だいたい120日というのが多いですね。末〆、翌々末日支払などだと、60+120=180日ということで、実際の入金が半年も先になる始末です。
この辺、法律でなんとか規制してほしいものです・・。

ご返答ありがとうございました。

今のところ、きちんとこれまで大きな遅延等もなく入金されていますので、とりあえず相手に「不信感を持っている」と極力悟られないようにする為、△諒法であれば気づかれずに調査できそうだな、と思いました。

返信

3. Re: 倒産しそうな(?)得意先

2009/02/23 16:45

編集

こんにちは。
大して参考にもなりませんが。

調査であれば、不動産の登記簿を確認することも手段の一つになります。
相手の財政状況がかなり悪いことを知った取引先ならば、仮差押をしてくる時があります。
その結果が登記簿に表示されるからです。

一方、仮処分を仕掛けてきたならお手上げです。

こんにちは。
大して参考にもなりませんが。

調査であれば、不動産の登記簿を確認することも手段の一つになります。
相手の財政状況がかなり悪いことを知った取引先ならば、仮差押をしてくる時があります。
その結果が登記簿に表示されるからです。

一方、仮処分を仕掛けてきたならお手上げです。

返信

4. Re: 倒産しそうな(?)得意先

2009/02/23 17:14

kei8

すごい常連さん

編集

 頭で考えていてもイザという時にうまく回収できるかは問題です。

他の者に先駆けて第三者に対する売掛金の差し押さえができるかは、周到な準備が必要かと思います。

もし心配であるのであれば、
差し押さえ手続きは弁護士に依頼するのでしょから、
予め相談しておいた方がよいように思います(金額を考えれば、)。

 頭で考えていてもイザという時にうまく回収できるかは問題です。

他の者に先駆けて第三者に対する売掛金の差し押さえができるかは、周到な準備が必要かと思います。

もし心配であるのであれば、
差し押さえ手続きは弁護士に依頼するのでしょから、
予め相談しておいた方がよいように思います(金額を考えれば、)。

返信

5. Re: 倒産しそうな(?)得意先

2009/02/23 17:28

編集

>頭で考えていてもイザという時にうまく回収できるかは問題です。

仰る通りです!

>頭で考えていてもイザという時にうまく回収できるかは問題です。

仰る通りです!

返信

6. Re: 倒産しそうな(?)得意先

2009/02/23 18:20

hirunosannpo

常連さん

編集

頭で考えていてもダメだからここで質問されているのでは?
答えになってないと思いますが・・・

頭で考えていてもダメだからここで質問されているのでは?
答えになってないと思いますが・・・

返信

7. Re: 倒産しそうな(?)得意先

2009/02/23 23:54

kei8

すごい常連さん

編集

 90点の仕上がりは0点と同じ。最低100点の仕事が回収担当者の責務と心得ること。

「相手の会社の主な売上先を調べておく(後々売掛債権の差押えを行う為)」

 このアドバイス通り相手の会社の主な売上先が調べてあるとして、手形が不渡りになった場合どうしていいかわからないのでは?差押え等の手続きがわからないのでは?すぐ動いてくれる弁護士が見つかるか大いに疑問です。

事前に弁護士に相談することのメリット
・的確なアドバイスが得られること
・イザという時に即座に動いてもらえるよう顔見知りになっておけること

 状況にもよるでしょうが、「事前に弁護士に相談すること」は、十分答えになっていると思います。

 90点の仕上がりは0点と同じ。最低100点の仕事が回収担当者の責務と心得ること。

「相手の会社の主な売上先を調べておく(後々売掛債権の差押えを行う為)」

 このアドバイス通り相手の会社の主な売上先が調べてあるとして、手形が不渡りになった場合どうしていいかわからないのでは?差押え等の手続きがわからないのでは?すぐ動いてくれる弁護士が見つかるか大いに疑問です。

事前に弁護士に相談することのメリット
・的確なアドバイスが得られること
・イザという時に即座に動いてもらえるよう顔見知りになっておけること

 状況にもよるでしょうが、「事前に弁護士に相談すること」は、十分答えになっていると思います。

返信

8. Re: 倒産しそうな(?)得意先

2009/02/24 08:15

PTA

すごい常連さん

編集

頭で考えることと、いざという時にアクションできるかは、確かに別問題だと思います。これは重要な示唆であると思います。

マニュアルや想定問答を完璧に準備しても、なかなかシナリオ通りには進まず、準備を万端にすればするほど想定外の出来事には、逆に頭が真っ白になります。

結局、倒産してからでは、管財人がつくので個別回収は不可能ですから、今のうちにリスクを低減するということですよね。

一番良いのは、取引を減らす、やめる。
でも、それができないのは、それなりにもうけさせてもらっているからでしょう。リターンにはリスクはつきもの。行けるところまで行くというのならそれも選択肢ですが、欲を捨てる勇気があるかどうかではないかと。

当社でも、商品を引き上げたら、すぐに破たんした会社がありまして、その時は「よかった」と思いましたが、その後その会社は息を吹き返し、誰もが知る有名企業に成長。30年ほど経った現在でも、当社は出入り禁止。何が起きるかわかりません。

余談はさておき、
先の回答にもありました、「相殺」も可能ならば常套手段。
あるいは、ファクタリングを利用する。
もちろん、信用度の低い債権は買いたたかれるが、リスク軽減には多少の費用はつきものと割り切る。

もちろん、資産状況や取引状況を調べるのは大切ですが、それは当該企業の状況を早く知るためのことで、それでもって自社の債権保全が図れるとは単純には思えません。そういう観点では、手形の決済銀行が都市銀行からそれ以下の中小金融機関に変わってくれば、黄信号。大手金融機関が手を引き始めた可能性が強い。
当該会社に何度も足を運び、観察しましょう。
普通の銀行などではなく、普通でない金融業者の取立てらしき人物が出入りするようになると赤信号。
営業マンが足しげく通って、ボーナスが減ったとか、給料が遅配されたとか、ちょっとした従業員の不満をすくい取ってくるとか。
情報はいろいろ集められます。
それと実際の債権回収は別モノではないかと。

その情報に基づいて、売上は多いが、手を引くべきか、商売を継続するかどうか、あるいは、関係が悪化することになっても担保を要求するとか・・・経営判断をすることになると思います。

頭で考えることと、いざという時にアクションできるかは、確かに別問題だと思います。これは重要な示唆であると思います。

マニュアルや想定問答を完璧に準備しても、なかなかシナリオ通りには進まず、準備を万端にすればするほど想定外の出来事には、逆に頭が真っ白になります。

結局、倒産してからでは、管財人がつくので個別回収は不可能ですから、今のうちにリスクを低減するということですよね。

一番良いのは、取引を減らす、やめる。
でも、それができないのは、それなりにもうけさせてもらっているからでしょう。リターンにはリスクはつきもの。行けるところまで行くというのならそれも選択肢ですが、欲を捨てる勇気があるかどうかではないかと。

当社でも、商品を引き上げたら、すぐに破たんした会社がありまして、その時は「よかった」と思いましたが、その後その会社は息を吹き返し、誰もが知る有名企業に成長。30年ほど経った現在でも、当社は出入り禁止。何が起きるかわかりません。

余談はさておき、
先の回答にもありました、「相殺」も可能ならば常套手段。
あるいは、ファクタリングを利用する。
もちろん、信用度の低い債権は買いたたかれるが、リスク軽減には多少の費用はつきものと割り切る。

もちろん、資産状況や取引状況を調べるのは大切ですが、それは当該企業の状況を早く知るためのことで、それでもって自社の債権保全が図れるとは単純には思えません。そういう観点では、手形の決済銀行が都市銀行からそれ以下の中小金融機関に変わってくれば、黄信号。大手金融機関が手を引き始めた可能性が強い。
当該会社に何度も足を運び、観察しましょう。
普通の銀行などではなく、普通でない金融業者の取立てらしき人物が出入りするようになると赤信号。
営業マンが足しげく通って、ボーナスが減ったとか、給料が遅配されたとか、ちょっとした従業員の不満をすくい取ってくるとか。
情報はいろいろ集められます。
それと実際の債権回収は別モノではないかと。

その情報に基づいて、売上は多いが、手を引くべきか、商売を継続するかどうか、あるいは、関係が悪化することになっても担保を要求するとか・・・経営判断をすることになると思います。

返信

9. Re: 倒産しそうな(?)得意先

2009/02/24 09:42

koukichi

常連さん

編集

回答を下さった皆様、様々な視点からのアドバイス、本当に勉強になりました。

中小企業で細々と一人経理をやっているものとしては、なかなかハードルが高そうなことが多いですね・・・。

ただ、やれることはたくさんあるのだ、と分かりました。

ありがとうございました。

回答を下さった皆様、様々な視点からのアドバイス、本当に勉強になりました。

中小企業で細々と一人経理をやっているものとしては、なかなかハードルが高そうなことが多いですね・・・。

ただ、やれることはたくさんあるのだ、と分かりました。

ありがとうございました。

返信

1件〜9件 (全9件)
| 1 |
役に立った

0人がこのQ&Aが役に立ったと投票しています