•  

助け合い

経理、労務、総務のことでわからないこと、利用者同士で助け合いを目的とした掲示板です。ルールを守ってご利用くださいませ。

スポンサーリンク

ファクタリング債権に貸倒引当は必要でしょうか?

質問 回答受付中

ファクタリング債権に貸倒引当は必要でしょうか?

2008/07/24 19:55

natto

おはつ

回答数:5

編集

こんにちは

ファクタリング債権は、貸倒リスクをファクタリング業者に転化する仕組みといわれますが、ファクタリング業者自体が倒産する可能性は残るように思います。
会計上、また、税法上、ファクタリング債権に対して貸倒引当金を設定する必要はあるのでしょうか?

瀬戸口有雄「否認を受けないための貸倒引当金の税務」では見当たらないようです。「金融商品会計に関する実務指針」をファクタリングで検索しましたが、出てきませんでした。

こんにちは

ファクタリング債権は、貸倒リスクをファクタリング業者に転化する仕組みといわれますが、ファクタリング業者自体が倒産する可能性は残るように思います。
会計上、また、税法上、ファクタリング債権に対して貸倒引当金を設定する必要はあるのでしょうか?

瀬戸口有雄「否認を受けないための貸倒引当金の税務」では見当たらないようです。「金融商品会計に関する実務指針」をファクタリングで検索しましたが、出てきませんでした。

この質問に回答
回答一覧
並び順:
表示:
1件〜5件 (全5件)
| 1 |

1. Re: ファクタリング債権に貸倒引当は必要でしょうか?

2008/07/24 21:10

kowloon

常連さん

編集

消滅の認識基準を満たすなら売却処理でしょう。てことは原債権への貸倒引き当てはありえないでしょう。売却代金債権が発生するなら当然金銭債権として貸倒見積もりが必要でしょう(掛け払いファクタリングじゃ意味無いと思うけど)。

消滅の認識基準を満たすなら売却処理でしょう。てことは原債権への貸倒引き当てはありえないでしょう。売却代金債権が発生するなら当然金銭債権として貸倒見積もりが必要でしょう(掛け払いファクタリングじゃ意味無いと思うけど)。

返信

2. Re: ファクタリング債権に貸倒引当は必要でしょうか?

2008/07/24 21:41

natto

おはつ

編集

kowloonさま
沢山答えていただきまして、
本当にありがとうございます。

>消滅の認識基準を満たすなら売却処理

>掛け払いファクタリングじゃ意味無い

というところがよく分からないのですが、
よろしかったら教えていただけないでしょうか。

kowloonさま
沢山答えていただきまして、
本当にありがとうございます。

>消滅の認識基準を満たすなら売却処理

>掛け払いファクタリングじゃ意味無い

というところがよく分からないのですが、
よろしかったら教えていただけないでしょうか。

返信

3. Re: ファクタリング債権に貸倒引当は必要でしょうか?

2008/07/24 21:59

kowloon

常連さん

編集

ファクタリングって、売掛金をファクタリング業者に割り引いてもらうことでしょう?

その際、売り上げ先(原債務者)に対する信用リスクから解放されるなら金融資産の消滅の認識基準を満たすんでは(買い戻し特約等あれば別ですが)? ってことは売却ってことですよね。もし原債務者に対する信用リスクを依然として負担するなら、その部分の売掛金はオンバランスのままで、貸し引きも必要なんでしょうね(この場合、ファクタリング業者からの入金は借り入れでしょう)。

この売却代金がファクタリング業者への新たな債権(未収金)になるなら、割引にならないよね。ファクタリングは現金が欲しいからするのに。ありえないでしょうから紛らわしかったら無視してね。

ファクタリングって、売掛金をファクタリング業者に割り引いてもらうことでしょう?

その際、売り上げ先(原債務者)に対する信用リスクから解放されるなら金融資産の消滅の認識基準を満たすんでは(買い戻し特約等あれば別ですが)? ってことは売却ってことですよね。もし原債務者に対する信用リスクを依然として負担するなら、その部分の売掛金はオンバランスのままで、貸し引きも必要なんでしょうね(この場合、ファクタリング業者からの入金は借り入れでしょう)。

この売却代金がファクタリング業者への新たな債権(未収金)になるなら、割引にならないよね。ファクタリング現金が欲しいからするのに。ありえないでしょうから紛らわしかったら無視してね。

返信

4. Re: ファクタリング債権に貸倒引当は必要でしょうか?

2008/07/28 07:39

PTA

すごい常連さん

編集

おせっかいですが・・・

>消滅の認識基準を満たすなら売却処理

売掛金100をファクタリング会社に90で売却することで、御社の債権は完全にファクタリング会社に移行したということになれば、債権消滅の認識です。90を手にした瞬間に御社の売掛債権と貸倒リスクはファクタリング会社に移行します。リスクを他社に負担させる対価として御社は10支払ったということですね。

>掛け払いファクタリングじゃ意味無い

ところが、売却額の90が現金入金ではなく、未収入金などの別の債権の類に置き換わっただけであれば、リスクは減じておらず、10の対価を支払ってまでファクタリングする意味はないということです。それはファクタリングとは呼べない代物だと思います。

おせっかいですが・・・

>消滅の認識基準を満たすなら売却処理

売掛金100をファクタリング会社に90で売却することで、御社の債権は完全にファクタリング会社に移行したということになれば、債権消滅の認識です。90を手にした瞬間に御社の売掛債権と貸倒リスクはファクタリング会社に移行します。リスクを他社に負担させる対価として御社は10支払ったということですね。

>掛け払いファクタリングじゃ意味無い

ところが、売却額の90が現金入金ではなく、未収入金などの別の債権の類に置き換わっただけであれば、リスクは減じておらず、10の対価を支払ってまでファクタリングする意味はないということです。それはファクタリングとは呼べない代物だと思います。

返信

5. Re: ファクタリング債権に貸倒引当は必要でしょうか?

2008/07/28 18:45

natto

おはつ

編集

kowloomさま
PTAさま

大変よく分かりました。
ご親切に教えていただきまして有難うございます。

kowloomさま
PTAさま

大変よく分かりました。
ご親切に教えていただきまして有難うございます。

返信

1件〜5件 (全5件)
| 1 |
役に立った

0人がこのQ&Aが役に立ったと投票しています