•  

助け合い

経理、労務、総務のことでわからないこと、利用者同士で助け合いを目的とした掲示板です。ルールを守ってご利用くださいませ。

スポンサーリンク

売上計上時期というのは日々計上が基本ですか?

質問 回答受付中

売上計上時期というのは日々計上が基本ですか?

2008/06/08 18:36

t_okitun

おはつ

回答数:12

編集

初めまして。

いろいろとネット上でも探してみたのですが、明確な線引きが解からないので、詳しい方にご教授頂きたい次第です。

当社は、売上計上基準は"出荷基準"で行っているのですが、実務を見てみますと、出荷日を基準にしていることに間違いはないものの、日々に売上計上(会計上処理)しているわけではなく、月末にその月度内集計値を一括で売上計上(売掛金/売上)しています。

日々の出荷に伴う業務は、あくまで得意先への請求行為に繋がるものであって、それ自体に仕訳も発生しておりません。

このような場合、日々の取引がその基準に従って適切に計上されているかといえるのかどうか疑問に思っています。
無論、期間内収益に影響があるような月末日の出荷等については出荷基準で当月度売上として計上しており一貫性は保っておりますが、逆に期間収益さえ適切に把握していれば、売上計上時期は適正であるといえるのかどうかがわからないのです。

「売上計上時期」というのは日々計上が基本ですか?そうでなくても特に問題はないものなのでしょうか?
また関連法令等で明確な線引きが示されているようなものがございましたらご教授下さいませ。宜しくお願い致します。

:-?

初めまして。

いろいろとネット上でも探してみたのですが、明確な線引きが解からないので、詳しい方にご教授頂きたい次第です。

当社は、売上計上基準は"出荷基準"で行っているのですが、実務を見てみますと、出荷日を基準にしていることに間違いはないものの、日々に売上計上(会計上処理)しているわけではなく、月末にその月度内集計値を一括で売上計上(売掛金/売上)しています。

日々の出荷に伴う業務は、あくまで得意先への請求行為に繋がるものであって、それ自体に仕訳も発生しておりません。

このような場合、日々の取引がその基準に従って適切に計上されているかといえるのかどうか疑問に思っています。
無論、期間内収益に影響があるような月末日の出荷等については出荷基準で当月度売上として計上しており一貫性は保っておりますが、逆に期間収益さえ適切に把握していれば、売上計上時期は適正であるといえるのかどうかがわからないのです。

「売上計上時期」というのは日々計上が基本ですか?そうでなくても特に問題はないものなのでしょうか?
また関連法令等で明確な線引きが示されているようなものがございましたらご教授下さいませ。宜しくお願い致します。

:-?

この質問に回答
回答一覧
並び順:
表示:
1件〜12件 (全12件)
| 1 |

1. Re: 売上計上時期というのは日々計上が基本ですか?

2008/06/09 09:33

DISKY

すごい常連さん

編集

原則的には「日々計上」が原則になろうかと思います。
しかし業種などによっては、毎日売上計上するのは煩雑になりすぎるでしょうから、月末や締め日などに、ある程度の期間内の売上を一気に計上するという方法も認められているものと思います。

ただし半年毎、とか1年毎というような計上方法はイレギュラーでしょうし、指導される可能性は高いと思います。一般的にはせいぜい一月単位ではないでしょうか。

原則的には「日々計上」が原則になろうかと思います。
しかし業種などによっては、毎日売上計上するのは煩雑になりすぎるでしょうから、月末や締め日などに、ある程度の期間内の売上を一気に計上するという方法も認められているものと思います。

ただし半年毎、とか1年毎というような計上方法はイレギュラーでしょうし、指導される可能性は高いと思います。一般的にはせいぜい一月単位ではないでしょうか。

返信

2. Re: 売上計上時期というのは日々計上が基本ですか?

2008/06/09 15:17

t_okitun

おはつ

編集

早々にご回答頂きまして有難うございます。

実は今回質問させて頂きましたのは、内部統制に係る業務プロセスを整備する中で「現状は売上計上基準(当社の場合は出荷基準)に則って適時に計上処理がなされていない」という指摘が挙がったことに端を発しています。

DISKY様も仰られていますように、当社においても日々に売上計上を行うとなると当然ながら業務が煩雑になりますので出来れば回避し、これまで通り月度集計値での一括計上の方法が望ましいのですが、指摘を覆すだけの根拠もなく、この機に業務改善を図らなければならないものか、どうしたものかと悩んでいる次第なのです。

期間収益という観点なら、これまで当社が慣例的に行ってきているように「出荷月末日付」で一括売上計上したとしても然程反していないようにも思うのですが、一方でネット等で見ると「出荷日付」で計上というのがやはり一般的に売上計上時期の「適時」であるように書かれており、当社の方法はイレギュラー処理であることは否めないのかなと感じております。でも同様の処理をしている会社も多いですよね?この辺りは見解の相違の範疇なのでしょうか。

適正な期間に帰属させるという意味からも、出荷した時点を収益認識日として日々売上計上していく正論の方法を、内部統制上は踏まえて整備していくべきでしょうか?どうしたものでしょうか?
関係法令等で「こうしなければならない」というようなことが明示されている箇所があればご教授下さいませ。


早々にご回答頂きまして有難うございます。

実は今回質問させて頂きましたのは、内部統制に係る業務プロセスを整備する中で「現状は売上計上基準(当社の場合は出荷基準)に則って適時に計上処理がなされていない」という指摘が挙がったことに端を発しています。

DISKY様も仰られていますように、当社においても日々に売上計上を行うとなると当然ながら業務が煩雑になりますので出来れば回避し、これまで通り月度集計値での一括計上の方法が望ましいのですが、指摘を覆すだけの根拠もなく、この機に業務改善を図らなければならないものか、どうしたものかと悩んでいる次第なのです。

期間収益という観点なら、これまで当社が慣例的に行ってきているように「出荷月末日付」で一括売上計上したとしても然程反していないようにも思うのですが、一方でネット等で見ると「出荷日付」で計上というのがやはり一般的に売上計上時期の「適時」であるように書かれており、当社の方法はイレギュラー処理であることは否めないのかなと感じております。でも同様の処理をしている会社も多いですよね?この辺りは見解の相違の範疇なのでしょうか。

適正な期間に帰属させるという意味からも、出荷した時点を収益認識日として日々売上計上していく正論の方法を、内部統制上は踏まえて整備していくべきでしょうか?どうしたものでしょうか?
関係法令等で「こうしなければならない」というようなことが明示されている箇所があればご教授下さいませ。


返信

3. Re: 売上計上時期というのは日々計上が基本ですか?

2008/06/09 16:51

DISKY

すごい常連さん

編集

条文等は特に存じませんが、貴社同様月末や締め日にある程度まとめて売上を計上している企業は沢山あると思います(当社もある程度まとめて計上しています)。
そういう意味では厳密には「出荷時計上」には該当しないかも知れませんが、当社においても(恐らく貴社においても)過去税務署などに指摘がされたことがないように、一月単位での計上も問題にはならないと思います。

収益の期間配分に問題がなく税務署などに指摘される可能性もないのであれば、わざわざ煩雑な方法に変更して余計な人件費・帳票代(仕訳の数が増えれば帳票は増えますよね)などを費やす意味があるのかどうか、伺いを立ててみてはいかがでしょうか?

条文等は特に存じませんが、貴社同様月末や締め日にある程度まとめて売上を計上している企業は沢山あると思います(当社もある程度まとめて計上しています)。
そういう意味では厳密には「出荷時計上」には該当しないかも知れませんが、当社においても(恐らく貴社においても)過去税務署などに指摘がされたことがないように、一月単位での計上も問題にはならないと思います。

収益の期間配分に問題がなく税務署などに指摘される可能性もないのであれば、わざわざ煩雑な方法に変更して余計な人件費・帳票代(仕訳の数が増えれば帳票は増えますよね)などを費やす意味があるのかどうか、伺いを立ててみてはいかがでしょうか?

返信

4. 日々の取引はその日のうちに処理するのが基本!

2008/06/10 10:14

NOTCH

おはつ

編集

日次決算では言うまでもなく、月次決算であれ、年次決算であれ、とにかく日々の取引はその日のうちに処理するのが基本でしょう。これって経理のルールでしょう?少なくとも私は経理の初歩で教わりましたよ。
建前論と実際とは異なることも多々あるとは思いますし、月次単位の方が煩雑にならないという理由もわかりますが、多くの企業で行われているからと言ってそれが正当なのかは疑問符ですね。

日次決算では言うまでもなく、月次決算であれ、年次決算であれ、とにかく日々の取引はその日のうちに処理するのが基本でしょう。これって経理のルールでしょう?少なくとも私は経理の初歩で教わりましたよ。
建前論と実際とは異なることも多々あるとは思いますし、月次単位の方が煩雑にならないという理由もわかりますが、多くの企業で行われているからと言ってそれが正当なのかは疑問符ですね。

返信

5. Re: 日々の取引はその日のうちに処理するのが基本!

2008/06/10 12:00

DISKY

すごい常連さん

編集

毎日様々な費用・収益が発生しますが、それらを全て当日中に計上しなければならないとすると、おそらくある程度期間を設けて計上するよりも手間がかかるでしょう。大企業で経理だけでも数人いるようなところであれば、今までと同じ作業時間内でそれをすることも可能かも知れませんが、一人で経理だけでなく総務・人事を兼ねているような中小企業や、個人事業主にとってそこまでしなければならないとなると無理があるでしょう。
それらを踏まえて「許容範囲」と申し上げているだけですが。私は何も「まとめて行うことが正しい」と言っているわけではありませんよ。そのように思われるのは心外ですので、その点は反論させていただきます。

毎日様々な費用・収益が発生しますが、それらを全て当日中に計上しなければならないとすると、おそらくある程度期間を設けて計上するよりも手間がかかるでしょう。大企業で経理だけでも数人いるようなところであれば、今までと同じ作業時間内でそれをすることも可能かも知れませんが、一人で経理だけでなく総務・人事を兼ねているような中小企業や、個人事業主にとってそこまでしなければならないとなると無理があるでしょう。
それらを踏まえて「許容範囲」と申し上げているだけですが。私は何も「まとめて行うことが正しい」と言っているわけではありませんよ。そのように思われるのは心外ですので、その点は反論させていただきます。

返信

6. Re: 日々の取引はその日のうちに処理するのが基本!

2008/06/10 12:27

せびら

常連さん

編集

DISKYさんと全く同じ結論となりますが、お書きの「日々に売上計上(会計処理)」の意味を「仕訳伝票作成(入力)」と解して、弊社での考えをご参考に書き込みます。

法人税法では、普通法人等の売上げの帳簿記録方法(法人税法施行規則別表22の11)に記載要件が定められており、伝票作成は、特に定めていないと思っています。

月度内集計表がこの記載要件を満たしておれば、月末に一括して仕訳伝票を作成(入力)してもなんら問題はないと思います。日々仕訳をするか月別にするかは、OUTPUTの活用目的によってきめればよいことだと思います。

もし月末の集計表が、記載要件を満たしていないようでしたら手を加えて変更し、「売上帳」と位置づけ、従来どおり会計伝票は
一括処理をされてはいかがでしょうか。
なお、以前勤めた規模の大きい会社では、日々入力などは論外で、売上管理のため営業部門が作成していた売上集計表を利用し一括伝票作成方式でした。


DISKYさんと全く同じ結論となりますが、お書きの「日々に売上計上(会計処理)」の意味を「仕訳伝票作成(入力)」と解して、弊社での考えをご参考に書き込みます。

法人税法では、普通法人等の売上げの帳簿記録方法(法人税法施行規則別表22の11)に記載要件が定められており、伝票作成は、特に定めていないと思っています。

月度内集計表がこの記載要件を満たしておれば、月末に一括して仕訳伝票を作成(入力)してもなんら問題はないと思います。日々仕訳をするか月別にするかは、OUTPUTの活用目的によってきめればよいことだと思います。

もし月末の集計表が、記載要件を満たしていないようでしたら手を加えて変更し、「売上帳」と位置づけ、従来どおり会計伝票は
一括処理をされてはいかがでしょうか。
なお、以前勤めた規模の大きい会社では、日々入力などは論外で、売上管理のため営業部門が作成していた売上集計表を利用し一括伝票作成方式でした。


返信

7. Re: 日々の取引はその日のうちに処理するのが基本!

2008/06/10 14:59

yukim729

さらにすごい常連さん

編集

どうも「計上」と言う言葉の意義が曖昧なために議論が錯綜してしまっているように思えます。

「売上計上基準」を語るときの「計上」は、その売上がどの日、月、期に属するかを決める作業です。この点については出荷基準を厳正に適用されているので何の問題もありません。会計も税務も、求めているのはこの点だけですから、質問者の売上計上時期は適正であると明白にいえます。

「適時に計上処理がなされていない」という類の話をするときの「計上」は、正しく認識した取引を、物理的に記帳する作業の事で、いつどのように記帳するかと言うのは簿記論の問題です。

この会社の簿記組織が適正かどうかを考えるに、

第一に、日々の取引はその日のうちに処理するのが基本であることは言うまでもありませんが、たとえば今日の取引を明日記帳する程度の定常的なずれは本質的な悪ではありません。そもそも取引の発生と同時に仕訳をし、これを元帳に転記すべきたる原則は、厳密には物理的に不可能であると言う矛盾を内包しており、「その日のうちに」と言う許容範囲に合理的な根拠はありません。「翌日中に」でも「1ヶ月以内に」でも、経理に求められる必要の範囲内で何でもありです。

第二に、質問者は現状を「日々に売上計上(会計上処理)しているわけではなく」「日々の出荷に伴う業務は、あくまで得意先への請求行為に繋がるものであって、それ自体に仕訳も発生しておりません」と仰いますが、この「日々の出荷に伴う業務」は事実上売上の特殊仕訳帳と考える事ができ、実は日々仕訳(「計上」)しているのであって、「月度内集計値を一括で売上計上(売掛金/売上)して」いるのは、特殊仕訳帳から普通仕訳帳へ合計仕訳をしていると考える事ができます。恐らく質問者が仕訳入力する段階で得意先別に入力できているでしょうから、この特殊仕訳帳は、売掛金勘定の補助元帳である人名勘定を全て特別欄に網羅している理想的なものであると言えましょう。

日々の取引が多岐多量にわたるときは帳簿を分割して合計仕訳、合計転記によって効率的に処理すべしと言うのが簿記の至上命題ですから、この会社の現状は、簿記の王道を行くまこと建前に忠実で適正な処理を実行していると言えます。

したがって、「適時に計上処理がなされていない」という指摘はあたらないと考えられます。

どうも「計上」と言う言葉の意義が曖昧なために議論が錯綜してしまっているように思えます。

売上計上基準」を語るときの「計上」は、その売上がどの日、月、期に属するかを決める作業です。この点については出荷基準を厳正に適用されているので何の問題もありません。会計も税務も、求めているのはこの点だけですから、質問者の売上計上時期は適正であると明白にいえます。

「適時に計上処理がなされていない」という類の話をするときの「計上」は、正しく認識した取引を、物理的に記帳する作業の事で、いつどのように記帳するかと言うのは簿記論の問題です。

この会社の簿記組織が適正かどうかを考えるに、

第一に、日々の取引はその日のうちに処理するのが基本であることは言うまでもありませんが、たとえば今日の取引を明日記帳する程度の定常的なずれは本質的な悪ではありません。そもそも取引の発生と同時に仕訳をし、これを元帳に転記すべきたる原則は、厳密には物理的に不可能であると言う矛盾を内包しており、「その日のうちに」と言う許容範囲に合理的な根拠はありません。「翌日中に」でも「1ヶ月以内に」でも、経理に求められる必要の範囲内で何でもありです。

第二に、質問者は現状を「日々に売上計上(会計上処理)しているわけではなく」「日々の出荷に伴う業務は、あくまで得意先への請求行為に繋がるものであって、それ自体に仕訳も発生しておりません」と仰いますが、この「日々の出荷に伴う業務」は事実上売上の特殊仕訳帳と考える事ができ、実は日々仕訳(「計上」)しているのであって、「月度内集計値を一括で売上計上(売掛金/売上)して」いるのは、特殊仕訳帳から普通仕訳帳へ合計仕訳をしていると考える事ができます。恐らく質問者が仕訳入力する段階で得意先別に入力できているでしょうから、この特殊仕訳帳は、売掛金勘定の補助元帳である人名勘定を全て特別欄に網羅している理想的なものであると言えましょう。

日々の取引が多岐多量にわたるときは帳簿を分割して合計仕訳、合計転記によって効率的に処理すべしと言うのが簿記の至上命題ですから、この会社の現状は、簿記の王道を行くまこと建前に忠実で適正な処理を実行していると言えます。

したがって、「適時に計上処理がなされていない」という指摘はあたらないと考えられます。

返信

8. Re: 日々の取引はその日のうちに処理するのが基本!

2008/06/10 15:10

NOTCH

おはつ

編集

まず、、、DISKYさんの反論についてですが、「許容範囲」という意味で書かれていることは重々理解しておりました。それなので一つの意見として質問者の方へのレスとさせて頂いておりました。私の拙い文章で気分を害されたようでしたら申し訳ありませんでした。

法人税法施行規則別表22の11で帳簿の記録方法を確認しました。

売上げについては、取引の年月日、売上先、品名その他給付の内容、数量、単価及び金額並びに日々の売上総額を記載することを原則とするが、場合によっては日々の合計金額のみを一括記載することでもよいという内容ですよね。仕訳帳や総勘定元帳への記載もこれに従い行うという理解でよろしいでしょうか?

帳簿への記録(又は会計システムへの入力)を売上計上とするならば、上記文からも基本的には日々処理(記載又は入力)であるべきとの理解となるのですが。。。

得意先元帳(販売管理システムから出力)に日々取引の記載があってとしても、売上計上を意味する主要帳簿への記帳(会計システムへの入力)、即ちそれに繋がる仕訳伝票作成(入力)も日々処理(合計金額でも可)が基本となるように読み取れるのですが。。。

まず、、、DISKYさんの反論についてですが、「許容範囲」という意味で書かれていることは重々理解しておりました。それなので一つの意見として質問者の方へのレスとさせて頂いておりました。私の拙い文章で気分を害されたようでしたら申し訳ありませんでした。

法人税法施行規則別表22の11で帳簿の記録方法を確認しました。

売上げについては、取引の年月日、売上先、品名その他給付の内容、数量、単価及び金額並びに日々の売上総額を記載することを原則とするが、場合によっては日々の合計金額のみを一括記載することでもよいという内容ですよね。仕訳帳や総勘定元帳への記載もこれに従い行うという理解でよろしいでしょうか?

帳簿への記録(又は会計システムへの入力)を売上計上とするならば、上記文からも基本的には日々処理(記載又は入力)であるべきとの理解となるのですが。。。

得意先元帳(販売管理システムから出力)に日々取引の記載があってとしても、売上計上を意味する主要帳簿への記帳(会計システムへの入力)、即ちそれに繋がる仕訳伝票作成(入力)も日々処理(合計金額でも可)が基本となるように読み取れるのですが。。。

返信

9. Re: 日々の取引はその日のうちに処理するのが基本!

2008/06/10 15:19

DISKY

すごい常連さん

編集

フォローありがとうございます。
よくよく考えてみると、日々計上というものが「毎日仕訳を起こす」ことなのか「売上として把握する(仕訳は起こさない)」ことなのか、私自身明確に把握できていなかったため混乱していたかと思います。

ともあれt_okitunさんの現在の処理方法がなんら問題のない方法である・・・というよりは理想的な処理方法であるということで、自分も一安心いたしました。

フォローありがとうございます。
よくよく考えてみると、日々計上というものが「毎日仕訳を起こす」ことなのか「売上として把握する(仕訳は起こさない)」ことなのか、私自身明確に把握できていなかったため混乱していたかと思います。

ともあれt_okitunさんの現在の処理方法がなんら問題のない方法である・・・というよりは理想的な処理方法であるということで、自分も一安心いたしました。

返信

10. Re: 日々の取引はその日のうちに処理するのが基本!

2008/06/10 16:13

yukim729

さらにすごい常連さん

編集

>仕訳帳や総勘定元帳への記載もこれに従い行うという理解でよろしいでしょうか?

いいえ。同じ事を何度も書き連ねる必要はありません。と言うか無駄な重ね書きは寧ろ危険です。
帳簿を分割したときは合計仕訳、合計転記が簿記の基本です。と言うよりそれが帳簿分割の目的です。

「日々の出荷に伴う業務」で作成される帳簿が税法の要求を満たしています。

>上記文からも基本的には日々処理(記載又は入力)であるべきとの理解となるのですが。。。

いいえ。そんな事は書いてません。「日々の内容を記録せよ」と言っているだけで、「毎日書け」「まとめて書いちゃ駄目」なんて言ってません。しかも本件会社は毎日書いてます。

>売上計上を意味する主要帳簿への記帳(会計システムへの入力)

いいえ。特殊仕訳(「日々の出荷に伴う業務」)でここに言う「計上」は済んでいます。

>仕訳伝票作成(入力)も日々処理(合計金額でも可)が基本となる

そもそも仕訳帳の分割は、仰るところの「仕訳伝票作成(入力)」を、日々処理<しない>ようにするのが目的です。現実に、ある程度以上の規模の企業では「日々処理」は物理的に不可能です。だから日々処理<しない>ですむシステムが開発されたんです。

>仕訳帳や総勘定元帳への記載もこれに従い行うという理解でよろしいでしょうか?

いいえ。同じ事を何度も書き連ねる必要はありません。と言うか無駄な重ね書きは寧ろ危険です。
帳簿を分割したときは合計仕訳、合計転記が簿記の基本です。と言うよりそれが帳簿分割の目的です。

「日々の出荷に伴う業務」で作成される帳簿が税法の要求を満たしています。

>上記文からも基本的には日々処理(記載又は入力)であるべきとの理解となるのですが。。。

いいえ。そんな事は書いてません。「日々の内容を記録せよ」と言っているだけで、「毎日書け」「まとめて書いちゃ駄目」なんて言ってません。しかも本件会社は毎日書いてます。

>売上計上を意味する主要帳簿への記帳(会計システムへの入力)

いいえ。特殊仕訳(「日々の出荷に伴う業務」)でここに言う「計上」は済んでいます。

仕訳伝票作成(入力)も日々処理(合計金額でも可)が基本となる

そもそも仕訳帳の分割は、仰るところの「仕訳伝票作成(入力)」を、日々処理<しない>ようにするのが目的です。現実に、ある程度以上の規模の企業では「日々処理」は物理的に不可能です。だから日々処理<しない>ですむシステムが開発されたんです。

返信

11. Re: 日々の取引はその日のうちに処理するのが基本!

2008/06/10 16:40

せびら

常連さん

編集

>得意先元帳(販売管理システムから出力)に日々取引の記載があってとしても、売上計上を意味する主要帳簿への記帳(会計システムへの入力)、即ちそれに繋がる仕訳伝票作成(入力)も日々処理(合計金額でも可)が基本となるように読み取れるのですが。。。


企業の帳簿を全体としてみた場合に、企業内に日々の売上取引が整然とかつ明りように、請求書、納品書などの証憑とは別に記録されており、その記録に基づいて決算が行われていればなんら問題はなく、重複した帳簿記帳は必要ないと考えます。
税法は当然のこととして重複記帳は要求していないと解釈しております。

>得意先元帳(販売管理システムから出力)に日々取引の記載があってとしても、売上計上を意味する主要帳簿への記帳(会計システムへの入力)、即ちそれに繋がる仕訳伝票作成(入力)も日々処理(合計金額でも可)が基本となるように読み取れるのですが。。。


企業の帳簿を全体としてみた場合に、企業内に日々の売上取引が整然とかつ明りように、請求書、納品書などの証憑とは別に記録されており、その記録に基づいて決算が行われていればなんら問題はなく、重複した帳簿記帳は必要ないと考えます。
税法は当然のこととして重複記帳は要求していないと解釈しております。

返信

12. Re: 日々の取引はその日のうちに処理するのが基本!

2008/06/10 23:38

karz

すごい常連さん

編集

1月間の売上を月末にまとめて
売掛金 / 売上と仕訳することは何の問題もありません。

ただこれはあくまでも売上帳などに日々の売上を記載していることが前提かと思います。

何月何日、誰に、いくらで、(何を)などの事項を売上帳などに記載して置かないと〆日に集計して相手先に請求できません。

上の記載をすることによって期末に合計転記を1回するだけで済むことになります。(2度同じことをする必要は無し)

1月間の売上を月末にまとめて
売掛金 / 売上と仕訳することは何の問題もありません。

ただこれはあくまでも売上帳などに日々の売上を記載していることが前提かと思います。

何月何日、誰に、いくらで、(何を)などの事項を売上帳などに記載して置かないと〆日に集計して相手先に請求できません。

上の記載をすることによって期末に合計転記を1回するだけで済むことになります。(2度同じことをする必要は無し)

返信

1件〜12件 (全12件)
| 1 |
役に立った

0人がこのQ&Aが役に立ったと投票しています