•  

助け合い

経理、労務、総務のことでわからないこと、利用者同士で助け合いを目的とした掲示板です。ルールを守ってご利用くださいませ。

スポンサーリンク

月次試算表から支出額???

質問 回答受付中

月次試算表から支出額???

2008/02/12 11:28

NEARY

おはつ

回答数:6

編集

経理初心者です。

突然ですが、
月次試算表からその月の支出額を出すにはどこを見ればよいのでしょうか??

販管費及び一般管理費+製造費用

でいいのでしょうか??

教えてくださいm(__)m

経理初心者です。

突然ですが、
月次試算表からその月の支出額を出すにはどこを見ればよいのでしょうか??

販管費及び一般管理費+製造費用

でいいのでしょうか??

教えてくださいm(__)m

この質問に回答
回答一覧
並び順:
表示:
1件〜6件 (全6件)
| 1 |

1. Re: 月次試算表から支出額???

2008/02/13 07:54

PTA

すごい常連さん

編集

「支出」の意味するところは何でしょうか。
とりあえず○○費という伝票処理したものを集計することでしょうか、ならば、販管費及び一般管理費+製造費用でも構わないと思われます。金利などの営業外費用は対象外とするのであれば。

それとも当月の収益に対応する費用と捉えるのであれば、製造費用のうち在庫に係るものは、次月繰越(期末製品棚卸高)として、当月の費用から除外しなければならないと思われます。

まったく的外れのコメントかもしれませんが、お許しください。

「支出」の意味するところは何でしょうか。
とりあえず○○費という伝票処理したものを集計することでしょうか、ならば、販管費及び一般管理費+製造費用でも構わないと思われます。金利などの営業外費用は対象外とするのであれば。

それとも当月の収益に対応する費用と捉えるのであれば、製造費用のうち在庫に係るものは、次月繰越(期末製品棚卸高)として、当月の費用から除外しなければならないと思われます。

まったく的外れのコメントかもしれませんが、お許しください。

返信

2. Re: 月次試算表から支出額???

2008/02/13 11:41

NEARY

おはつ

編集

ありがとうございます。

上司に確認したところ、現金ベースの支出だと言われました。

この場合、貸借対照表の現金科目の貸方-借方でいいのでしょうか??

ありがとうございます。

上司に確認したところ、現金ベースの支出だと言われました。

この場合、貸借対照表現金科目の貸方-借方でいいのでしょうか??

返信

3. Re: 月次試算表から支出額???

2008/02/13 12:44

編集

こんにちは。

>上司に確認したところ、現金ベースの支出だと言われました。

上司さんの意図するところが解りませんが、
↓こんなのがあります。

http://www.newtec.or.jp/capital/sub3-3.html

なにやらダウンロードボタンがありますが、当方においては試してはおりませんm(_ _)m

こんにちは。

>上司に確認したところ、現金ベースの支出だと言われました。

上司さんの意図するところが解りませんが、
↓こんなのがあります。

http://www.newtec.or.jp/capital/sub3-3.html

なにやらダウンロードボタンがありますが、当方においては試してはおりませんm(_ _)m

返信

4. Re: 月次試算表から支出額???

2008/02/14 10:15

NEARY

おはつ

編集

ありがとうございます。
参考にさせていただきます。

ありがとうございます。
参考にさせていただきます。

返信

5. Re: 月次試算表から支出額???

2008/02/15 08:12

PTA

すごい常連さん

編集

「現金ベースの支出」とは、単純に社外への現金流出(CASH-OUT)を指し、それを試算表から算出することはできないか?ということでしょうか。

答えは、たぶんNOですね。一般に現金勘定と預金勘定は分けて処理されていると思いますので、
一見、現金・預金勘定の貸方合計=支出と思うかもしれませんが、現金を銀行に入金しても、預金を下ろして事務所に持ち帰っても、現金・預金が貸方に記帳されます、また、何らかの理由で入金処理のキャンセルとか訂正が発生し、修正の逆仕訳や訂正伝票を起票しても、貸方に現金・預金が記帳されることがあります。
一般的な試算表だけでは、このような振替のみの取引や訂正処理は見分けられないと思います。

キャッシュ・フローの考え方を利用するなら、
販売費+一般管理費+製造費用(原料仕入含む)+借入金返済額+固定資産や有価証券の購入額+買掛金・手形の現金決済額
マイナス
当月発生の買掛金・未払金・預り金・減価償却費・諸引当金繰入額
で計算すれば実際のキャッシュアウトに近いと思います。
(ただし、当月発生の買掛金・・・引当金は、やはり試算表からは完全に把握できないですが、振替や訂正の処理がされることが一般に少ない勘定と思いますので、試算表の数字を単純に引用しても誤差は少ないとみなしての話)
経営者が、どのような意図で質問されているのかわかりませんが、もし、毎月必要な現ナマがどれだけ必要か?と言うことを概算で知りたいのであれば、1円まで合わせる必要は無いと思いますので。

そういうことであれば、
現金−預金の振替合計だけ把握してこれを試算表の現金預金貸方合計から排除すれば、かなり現状に近い数字なるのかなと思います。

ただ、支出は、販売が増えれば仕入れも増えるので、貸方だけを見ても読めないし、商売をしている以上、必ず入金もありますから、支出の絶対額を常にキャッシュで準備する必要も無いと思うので、経営者の意図を確認された方が良いと思います。


現金ベースの支出」とは、単純に社外への現金流出(CASH-OUT)を指し、それを試算表から算出することはできないか?ということでしょうか。

答えは、たぶんNOですね。一般に現金勘定と預金勘定は分けて処理されていると思いますので、
一見、現金・預金勘定の貸方合計=支出と思うかもしれませんが、現金を銀行に入金しても、預金を下ろして事務所に持ち帰っても、現金・預金が貸方に記帳されます、また、何らかの理由で入金処理のキャンセルとか訂正が発生し、修正の逆仕訳や訂正伝票を起票しても、貸方に現金・預金が記帳されることがあります。
一般的な試算表だけでは、このような振替のみの取引や訂正処理は見分けられないと思います。

キャッシュ・フローの考え方を利用するなら、
販売費+一般管理費+製造費用(原料仕入含む)+借入金返済額+固定資産や有価証券の購入額+買掛金・手形の現金決済額
マイナス
当月発生の買掛金・未払金・預り金・減価償却費・諸引当金繰入額
で計算すれば実際のキャッシュアウトに近いと思います。
(ただし、当月発生の買掛金・・・引当金は、やはり試算表からは完全に把握できないですが、振替や訂正の処理がされることが一般に少ない勘定と思いますので、試算表の数字を単純に引用しても誤差は少ないとみなしての話)
経営者が、どのような意図で質問されているのかわかりませんが、もし、毎月必要な現ナマがどれだけ必要か?と言うことを概算で知りたいのであれば、1円まで合わせる必要は無いと思いますので。

そういうことであれば、
現金−預金の振替合計だけ把握してこれを試算表の現金預金貸方合計から排除すれば、かなり現状に近い数字なるのかなと思います。

ただ、支出は、販売が増えれば仕入れも増えるので、貸方だけを見ても読めないし、商売をしている以上、必ず入金もありますから、支出の絶対額を常にキャッシュで準備する必要も無いと思うので、経営者の意図を確認された方が良いと思います。


返信

6. Re: 月次試算表から支出額???

2008/02/15 16:44

NEARY

おはつ

編集

ありがとうございます。

試算表からは発生した正確な支出額を確認できないのだとわかりました。

その後、キャッシュフロー収支表から実際に発生した支出を確認しました。

みなさん、ありがとうございました<m(__)m>

ありがとうございます。

試算表からは発生した正確な支出額を確認できないのだとわかりました。

その後、キャッシュフロー収支表から実際に発生した支出を確認しました。

みなさん、ありがとうございました<m(__)m>

返信

1件〜6件 (全6件)
| 1 |
役に立った

0人がこのQ&Aが役に立ったと投票しています