•  

助け合い

経理、労務、総務のことでわからないこと、利用者同士で助け合いを目的とした掲示板です。ルールを守ってご利用くださいませ。

スポンサーリンク

手形の不渡

質問 回答受付中

手形の不渡

2007/12/11 10:07

ぐるみっと

おはつ

回答数:4

編集

困ったときばかりですみません。 (T〜T)
先日取立をした手形が不渡になってしまったのですが、
何をどうして良いか、さっぱり分かりません。

取敢えず、銀行に手形の引取りをしなければならないと思うのですが…
先方に連絡とか必要なのでしょうか?
伝票とかは、どうすれば…

どうぞ、こんな無知な私を助けてください!!
宜しくお願い致します。 m(_ _)m

困ったときばかりですみません。 (T〜T)
先日取立をした手形が不渡になってしまったのですが、
何をどうして良いか、さっぱり分かりません。

取敢えず、銀行に手形の引取りをしなければならないと思うのですが…
先方に連絡とか必要なのでしょうか?
伝票とかは、どうすれば…

どうぞ、こんな無知な私を助けてください!!
宜しくお願い致します。 m(_ _)m

この質問に回答
回答一覧
並び順:
表示:
1件〜4件 (全4件)
| 1 |

1. Re: 手形の不渡

2007/12/11 10:24

編集

こんにちは。

大変ですね。
手形が不渡りになったときは、遡及という効果が生じますから、その手形がどのような状態にあるのか、例えば割引手形であるとか、裏書手形であるとかの個別のケースで手続きが異なってきます。
また、破産や民事再生が絡んでくることも多いです。

なので、書籍をお求めになって、適切な手続きをしていただければと思います。取りあえずですが、

>銀行に手形の引取りをしなければならないと思うのですが…

銀行から手形を引き取ってね、の連絡があるのでは。

>先方に連絡とか必要なのでしょうか?

確認はしましょう。

>伝票とかは、どうすれば…

一旦は「不渡手形/受取手形」として、後々の結果を受け不渡手形勘定を消すことになります。

こんにちは。

大変ですね。
手形が不渡りになったときは、遡及という効果が生じますから、その手形がどのような状態にあるのか、例えば割引手形であるとか、裏書手形であるとかの個別のケースで手続きが異なってきます。
また、破産や民事再生が絡んでくることも多いです。

なので、書籍をお求めになって、適切な手続きをしていただければと思います。取りあえずですが、

>銀行に手形の引取りをしなければならないと思うのですが…

銀行から手形を引き取ってね、の連絡があるのでは。

>先方に連絡とか必要なのでしょうか?

確認はしましょう。

>伝票とかは、どうすれば…

一旦は「不渡手形/受取手形」として、後々の結果を受け不渡手形勘定を消すことになります。

返信

2. Re: 手形の不渡

2007/12/11 10:46

ぐるみっと

おはつ

編集

copapaさん有難うございます。

割引手形で、銀行から不渡になったから引取りに来てね。と連絡がありました。

取敢えずしなければならない事が分かったので、助かりました。
早速、自分で勉強してみます。

copapaさん有難うございます。

割引手形で、銀行から不渡になったから引取りに来てね。と連絡がありました。

取敢えずしなければならない事が分かったので、助かりました。
早速、自分で勉強してみます。

返信

3. Re: 手形の不渡

2007/12/12 00:05

PTA

すごい常連さん

編集

割引手形が不渡りとなったということは、
すでに銀行から期日前にお金を引き出していること、
これは銀行から借り入れしたということと同じことです。
偶発債務と言って、手形が落ちなければ、銀行に返済しなければなりません。
手形を取りに行けば済むということではありません。
金額が大きければ、資金繰りに影響する懸念もありますから、穴が開いた資金の手当てを考えねばなりません。
少額ならセーフですが。
また、当該割引手形が、振り出した相手が倒産などで支払えない状態なので、もし間に裏書人がいれば直ちに支払いを求め回収すべきです。裏書人は、借金の連帯保証人と同じですから、支払い請求を拒絶できません。また、裏書人が2人以上いるときは、誰に請求してもかまいません。
仕訳や伝票処理は大事ですが、債権が回収できない状態に陥ったことについて対策を講じ、少しでも保全に努めるべきと思います。

割引手形が不渡りとなったということは、
すでに銀行から期日前にお金を引き出していること、
これは銀行から借り入れしたということと同じことです。
偶発債務と言って、手形が落ちなければ、銀行に返済しなければなりません。
手形を取りに行けば済むということではありません。
金額が大きければ、資金繰りに影響する懸念もありますから、穴が開いた資金の手当てを考えねばなりません。
少額ならセーフですが。
また、当該割引手形が、振り出した相手が倒産などで支払えない状態なので、もし間に裏書人がいれば直ちに支払いを求め回収すべきです。裏書人は、借金の連帯保証人と同じですから、支払い請求を拒絶できません。また、裏書人が2人以上いるときは、誰に請求してもかまいません。
仕訳や伝票処理は大事ですが、債権が回収できない状態に陥ったことについて対策を講じ、少しでも保全に努めるべきと思います。

返信

4. Re: 手形の不渡

2007/12/12 08:41

ぐるみっと

おはつ

編集

PTAさん、ご心配頂きまして有り難う御座います。

幸い金額も12万ほどなので、弊社の資金繰りには問題ありませんでした。
かと言って、のんびりしていてはいけないのかもしれませんが…
昨日営業が尋ねてみた所、誰もいない様子で…
差押えられている様子も無かったようです。
俗に言う『夜逃げ』なのかもしれません。
もう少し様子を見てみたいと思います。

PTAさん、ご心配頂きまして有り難う御座います。

幸い金額も12万ほどなので、弊社の資金繰りには問題ありませんでした。
かと言って、のんびりしていてはいけないのかもしれませんが…
昨日営業が尋ねてみた所、誰もいない様子で…
差押えられている様子も無かったようです。
俗に言う『夜逃げ』なのかもしれません。
もう少し様子を見てみたいと思います。

返信

1件〜4件 (全4件)
| 1 |
役に立った

0人がこのQ&Aが役に立ったと投票しています