•  

助け合い

経理、労務、総務のことでわからないこと、利用者同士で助け合いを目的とした掲示板です。ルールを守ってご利用くださいませ。

スポンサーリンク

回収できない売掛金の仕訳

質問 回答受付中

回収できない売掛金の仕訳

2006/07/26 02:19

Chopper

ちょい参加

回答数:4

編集

青色申告の個人事業主です。
回収できない売掛金の処理の仕方について教えてください。

05年11月と今年1月に請求書を発行した売掛金の回収ができませ
ん。
先方は通常に営業を行っており、まだ最終取引(1月の請求が最後)から1年経過していません。

回収できないと言うより、回収をやめたと言う方が正しいです。
先方と少し揉めたことがあり、多分支払うのが嫌なのでしょう。数回催促のメールをしましたが、当方ももう関わるのが嫌なのと、金額が小額(2万以内)なので、回収をあきらめました。

「売掛金/売上」として計上していたのですが、どのように処理したらよいですか?
売上戻の勘定で処理してよいのでしょうか?(売上戻/売掛??)

初歩的な質問でスミマセンが宜しくお願いします。

青色申告の個人事業主です。
回収できない売掛金の処理の仕方について教えてください。

05年11月と今年1月に請求書を発行した売掛金の回収ができませ
ん。
先方は通常に営業を行っており、まだ最終取引(1月の請求が最後)から1年経過していません。

回収できないと言うより、回収をやめたと言う方が正しいです。
先方と少し揉めたことがあり、多分支払うのが嫌なのでしょう。数回催促のメールをしましたが、当方ももう関わるのが嫌なのと、金額が小額(2万以内)なので、回収をあきらめました。

売掛金/売上」として計上していたのですが、どのように処理したらよいですか?
売上戻の勘定で処理してよいのでしょうか?(売上戻/売掛??)

初歩的な質問でスミマセンが宜しくお願いします。

この質問に回答
回答一覧
並び順:
表示:
1件〜4件 (全4件)
| 1 |

1. Re: 回収できない売掛金の仕訳

2006/07/26 09:15

DISKY

すごい常連さん

編集

雑損失/売掛金になると思います。

雑損失/売掛金になると思います。

返信

2. ありがとうございました。

2006/07/27 02:02

Chopper

ちょい参加

編集

こういう場合にも雑損で処理できるのですね。
とても勉強になりました。
ありがとうございました。

こういう場合にも雑損で処理できるのですね。
とても勉強になりました。
ありがとうございました。

返信

3. Re: ありがとうございました。

2006/07/27 17:03

DISKY

すごい常連さん

編集

えーと、むしろ売上をマイナスしてしまうほうがマズイと思います。売上をマイナスしてしまうと、そもそもの売上がなかったことになりますから、手元に「販売したはずの商品」が残っていないとおかしいことになりますよね。ですからこの場合売上のマイナスではおかしいと思います。返品の場合などは売上のマイナスでいいと思います。
雑損にすることで「売上はあったんだけども回収できなかった」という事実確認もできることになります。

えーと、むしろ売上をマイナスしてしまうほうがマズイと思います。売上をマイナスしてしまうと、そもそもの売上がなかったことになりますから、手元に「販売したはずの商品」が残っていないとおかしいことになりますよね。ですからこの場合売上のマイナスではおかしいと思います。返品の場合などは売上のマイナスでいいと思います。
雑損にすることで「売上はあったんだけども回収できなかった」という事実確認もできることになります。

返信

4. Re: ありがとうございました。

2006/07/28 23:57

umi

常連さん

編集

売掛金が回収できなくなったら
・前期以前の売掛金で貸倒引当金の設定があれば貸倒引当金の戻し、
・当期の売掛金か、貸倒引当金の設定がなければ「貸倒損失」です。
重要性がなければ雑損失でいいのかもしれませんが。

あと、「単にもらいたくないからもらわないだけ」というのでは、税務上寄附金扱いになって、限度超過額は損金不算入になったりします。

売掛金が回収できなくなったら
・前期以前の売掛金で貸倒引当金の設定があれば貸倒引当金の戻し、
・当期の売掛金か、貸倒引当金の設定がなければ「貸倒損失」です。
重要性がなければ雑損失でいいのかもしれませんが。

あと、「単にもらいたくないからもらわないだけ」というのでは、税務上寄附金扱いになって、限度超過額は損金不算入になったりします。

返信

1件〜4件 (全4件)
| 1 |
役に立った

3人がこのQ&Aが役に立ったと投票しています