•  

助け合い

経理、労務、総務のことでわからないこと、利用者同士で助け合いを目的とした掲示板です。ルールを守ってご利用くださいませ。

スポンサーリンク

仕入税額の控除を受けるには

質問 回答受付中

仕入税額の控除を受けるには

2006/07/08 15:54

color

積極参加

回答数:2

編集

今年から課税事業者になりました(原則課税です)
そこで、仕入税額控除の適用を受ける為に備える
書類について質問があります。

(1)仕入先の名称の省略
過去の質問を見ると、略称一覧を作成しておけば
よいということでしたが、株式会社を(株)のよう
に省略する場合も一覧に加えるべきなのでしょうか?

(2)請求書等の記載事項
取引先からもらう納品書には取引金額の記載がなく、
後日締め後に、請求書が送られそちらに金額が載って
います。
この場合、納品書にも手書きで金額を記入しておかな
ければならないのでしょうか?それともいずれかの
書類で条件を満たしていればよいという解釈なので
しょうか?

(3)請求書等の役務の内容
仕入先からの請求書等には商品名が載っていて、社内
のものには何を買ったのかわかるのですが、税務署の
人が見たらわからないのでは?とふと疑問に思いました。
例えば、クロス材を仕入れた場合、クロスとは記載が
なく、A社の商品名又は商品番号が載っています。
このような時は、やはり「クロス」と手書きで記入して
おかなければならないのでしょうか?

たくさん質問してしまいましたが、消費税は法人税の
時より条件が厳しいようなので、今からきちんとした
いと思います。

アドバイス頂けるとありがたいです。よろしくお願い
します。

今年から課税事業者になりました(原則課税です)
そこで、仕入税額控除の適用を受ける為に備える
書類について質問があります。

(1)仕入先の名称の省略
過去の質問を見ると、略称一覧を作成しておけば
よいということでしたが、株式会社を(株)のよう
に省略する場合も一覧に加えるべきなのでしょうか?

(2)請求書等の記載事項
取引先からもらう納品書には取引金額の記載がなく、
後日締め後に、請求書が送られそちらに金額が載って
います。
この場合、納品書にも手書きで金額を記入しておかな
ければならないのでしょうか?それともいずれかの
書類で条件を満たしていればよいという解釈なので
しょうか?

(3)請求書等の役務の内容
仕入先からの請求書等には商品名が載っていて、社内
のものには何を買ったのかわかるのですが、税務署の
人が見たらわからないのでは?とふと疑問に思いました。
例えば、クロス材を仕入れた場合、クロスとは記載が
なく、A社の商品名又は商品番号が載っています。
このような時は、やはり「クロス」と手書きで記入して
おかなければならないのでしょうか?

たくさん質問してしまいましたが、消費税は法人税
時より条件が厳しいようなので、今からきちんとした
いと思います。

アドバイス頂けるとありがたいです。よろしくお願い
します。

この質問に回答
回答一覧
並び順:
表示:
1件〜2件 (全2件)
| 1 |

1. Re: 仕入税額の控除を受けるには

2006/07/09 09:02

しかしか

さらにすごい常連さん

編集

まあ、あまり神経質になることはないと思いますが、
常識的な、ある程度ちゃんとした帳簿をそろえておけばよろしいかと思います。

(1)仕入先の名称の省略
取引の相手先がちゃんとわかればOKです。
調査の際、取引先が明確にできないとアウトです。
したがって、株式会社を(株)、しかしか信用金庫を「しかしか信金」とする程度は常識的に誰でもわかりますから、これはOKですね。
しかし、北海道産業株式会社を単に「H」と省略表記する場合には、これでは第三者にはなんのことだかわかりませんので、わかるように一覧表でも作成して明確にしておかないといけません。

(2)請求書等の記載事項
請求書に詳しい明細がきちんと載っていれば、それでもう全く問題ないと思います。
ようするに、取引の内容がきちんとわかればいいのです。
ですから、納品書にはいつそれを受取ったのかがわかれば、もうそれでよいと思います。

(3)請求書等の役務の内容
なるべく内容がわかるほうがよいと思いますので、内容をわかりやすく手書きできるのであれば、もちろんそのほうが良いでしょう。
社内的にもあとあとそのほうが便利でしょうし・・・。
しかし、いそがしくてそこまでできない場合には、税務署の調査があったとき、質問された内容をちゃんと答えられればそれで問題ないと思います。

まあ、あまり神経質になることはないと思いますが、
常識的な、ある程度ちゃんとした帳簿をそろえておけばよろしいかと思います。

(1)仕入先の名称の省略
取引の相手先がちゃんとわかればOKです。
調査の際、取引先が明確にできないとアウトです。
したがって、株式会社を(株)、しかしか信用金庫を「しかしか信金」とする程度は常識的に誰でもわかりますから、これはOKですね。
しかし、北海道産業株式会社を単に「H」と省略表記する場合には、これでは第三者にはなんのことだかわかりませんので、わかるように一覧表でも作成して明確にしておかないといけません。

(2)請求書等の記載事項
請求書に詳しい明細がきちんと載っていれば、それでもう全く問題ないと思います。
ようするに、取引の内容がきちんとわかればいいのです。
ですから、納品書にはいつそれを受取ったのかがわかれば、もうそれでよいと思います。

(3)請求書等の役務の内容
なるべく内容がわかるほうがよいと思いますので、内容をわかりやすく手書きできるのであれば、もちろんそのほうが良いでしょう。
社内的にもあとあとそのほうが便利でしょうし・・・。
しかし、いそがしくてそこまでできない場合には、税務署の調査があったとき、質問された内容をちゃんと答えられればそれで問題ないと思います。

返信

2. Re: 仕入税額の控除を受けるには

2006/07/09 15:43

color

積極参加

編集

sika-sikaさん、お返事ありがとうございました。
調べれば調べるほど、厳しいことが書かれていて
本来は自分達の為の書類なのに、何だか税務署の
調査の対策みたいになってしまって、どうなのかな
と疑問に思っていました。

時間を見つけて請求書の役務の内容も手書きにて追記
しておきます。

sika-sikaさん、お返事ありがとうございました。
調べれば調べるほど、厳しいことが書かれていて
本来は自分達の為の書類なのに、何だか税務署の
調査の対策みたいになってしまって、どうなのかな
と疑問に思っていました。

時間を見つけて請求書の役務の内容も手書きにて追記
しておきます。

返信

1件〜2件 (全2件)
| 1 |
役に立った

0人がこのQ&Aが役に立ったと投票しています