•  

助け合い

経理、労務、総務のことでわからないこと、利用者同士で助け合いを目的とした掲示板です。ルールを守ってご利用くださいませ。

スポンサーリンク

土地(山)購入後、土の処分費用について

質問 回答受付中

土地(山)購入後、土の処分費用について

2005/08/18 11:46

aimal

おはつ

回答数:4

編集

昨年の8月に土地(山)を1,000万円で購入しました。

土地は傾斜しており約1年間使用しておりません。

まず、土地を平らにするには、土(泥)を撤去する必要があります。

土の撤去費用には500万円かかると見積もりが出ました。

そこで、この土の撤去費用は土地の取得費になるのでしょうか?それとも、経費で落とせるのでしょうか?

ご教示ください。






昨年の8月に土地(山)を1,000万円で購入しました。

土地は傾斜しており約1年間使用しておりません。

まず、土地を平らにするには、土(泥)を撤去する必要があります。

土の撤去費用には500万円かかると見積もりが出ました。

そこで、この土の撤去費用は土地の取得費になるのでしょうか?それとも、経費で落とせるのでしょうか?

ご教示ください。






この質問に回答
回答一覧
並び順:
表示:
1件〜4件 (全4件)
| 1 |

1. Re: 土地(山)購入後、土の処分費用について

2005/08/19 12:41

編集

こんにちは、レスが付かないようなので。。。

土地を平にする目的は何でしょう。
仮に施設を作るのであれば、撤去費用は施設を作る上での必要費になりますから、
完成後の施設の取得価額に含めて減価償却していくものと思います。
他の何かの目的である場合も(目的の想像ができませんが)、
その目的の価額に含まれることになると思います。

撤去費用の科目については、施設の場合であれば「建設仮勘定」等の資産勘定へ、
他の目的であれば科目は「??」ですが、資産勘定へ計上することになると思います。

おそらく税務でも同様かなと思っております。

こんにちは、レスが付かないようなので。。。

土地を平にする目的は何でしょう。
仮に施設を作るのであれば、撤去費用は施設を作る上での必要費になりますから、
完成後の施設の取得価額に含めて減価償却していくものと思います。
他の何かの目的である場合も(目的の想像ができませんが)、
その目的の価額に含まれることになると思います。

撤去費用の科目については、施設の場合であれば「建設仮勘定」等の資産勘定へ、
他の目的であれば科目は「??」ですが、資産勘定へ計上することになると思います。

おそらく税務でも同様かなと思っております。

返信

2. Re: 土地(山)購入後、土の処分費用について

2005/08/19 16:58

aimal

おはつ

編集

copapaさん、こんにちは。

御返事、ありがとうございます。

現在、土地利用については計画がない状況であります。

将来的には工場又は倉庫を建設する予定ではありますが、何年先になるかは不明です。

正直、今期は会社の業績がまずまず良く、土の撤去費用500万円が損金で落とせればなぁ…と考えておりました。

やはり、土地勘定か建設仮勘定、若しくは整地という意味で構築物勘定として処理をした方がいいですかね?

copapaさん、こんにちは。

御返事、ありがとうございます。

現在、土地利用については計画がない状況であります。

将来的には工場又は倉庫を建設する予定ではありますが、何年先になるかは不明です。

正直、今期は会社の業績がまずまず良く、土の撤去費用500万円が損金で落とせればなぁ…と考えておりました。

やはり、土地勘定か建設仮勘定、若しくは整地という意味で構築物勘定として処理をした方がいいですかね?

返信

3. Re: 土地(山)購入後、土の処分費用について

2005/08/19 18:03

編集

>将来的には工場又は倉庫を建設する予定ではありますが、何年先になるかは不明です。

あー、なるほどです。
ご存じのように「企業会計原則」の費用収益対応の原則から、
今期の費用として計上されるものは、
基本的に今期の収益に結びつくものだけに限られます。
今回の場合、その撤去費用が売上などの収益に結びつくのは、
不明確な将来時点になるわけですから、
現在の仕訳としては、資産へ計上することになり、
例えば倉庫ができあがり、収益に貢献し始めた時点で、
撤去費用は倉庫の建築費用に含めまして、
減価償却という費用化が始まるものと思われます。

また、今回のご質問事項を別の視点から見ると、
平地化することにより土地の価値を高めるものである、
ということも考えられます。
この場合は費用を土地に含めることになりますが、
いずれにしても資産計上になると思われます。
ただし、双方の選択により、
減価償却費に差が生じることはご留意されていてくださいね。

科目としては後者の場合は「土地」ですが、
前者の場合は・・・勉強不足なのでコレとは申し上げられないのですが、
仰るような科目になるかと思います。

税務上の取扱いは、税務署へご確認くださった方が確実でしょう。
税務にも疎いため、完全なアドバイスとならないことをご容赦ください。

>将来的には工場又は倉庫を建設する予定ではありますが、何年先になるかは不明です。

あー、なるほどです。
ご存じのように「企業会計原則」の費用収益対応の原則から、
今期の費用として計上されるものは、
基本的に今期の収益に結びつくものだけに限られます。
今回の場合、その撤去費用が売上などの収益に結びつくのは、
不明確な将来時点になるわけですから、
現在の仕訳としては、資産へ計上することになり、
例えば倉庫ができあがり、収益に貢献し始めた時点で、
撤去費用は倉庫の建築費用に含めまして、
減価償却という費用化が始まるものと思われます。

また、今回のご質問事項を別の視点から見ると、
平地化することにより土地の価値を高めるものである、
ということも考えられます。
この場合は費用を土地に含めることになりますが、
いずれにしても資産計上になると思われます。
ただし、双方の選択により、
減価償却費に差が生じることはご留意されていてくださいね。

科目としては後者の場合は「土地」ですが、
前者の場合は・・・勉強不足なのでコレとは申し上げられないのですが、
仰るような科目になるかと思います。

税務上の取扱いは、税務署へご確認くださった方が確実でしょう。
税務にも疎いため、完全なアドバイスとならないことをご容赦ください。

返信

4. Re: 土地(山)購入後、土の処分費用について

2005/08/22 11:41

aimal

おはつ

編集

copapaさん、こんにちは。

御返事ありがとうごさいます。

copapaさんの言うとおり、今期の費用化は難しいようですね。

私も、「平地化することにより土地の価値を高めるものである」という考えを持っておっておりました。

今回は、このあと、整地をし砂利若しくはアスファルトでも敷けば構築物に、何もしないのであれば土地の造成費と考え、土地の取得費に含めようかと思います。

本当に迷っていたところでしたので助かりました。
ありがとうございました。


copapaさん、こんにちは。

御返事ありがとうごさいます。

copapaさんの言うとおり、今期の費用化は難しいようですね。

私も、「平地化することにより土地の価値を高めるものである」という考えを持っておっておりました。

今回は、このあと、整地をし砂利若しくはアスファルトでも敷けば構築物に、何もしないのであれば土地の造成費と考え、土地の取得費に含めようかと思います。

本当に迷っていたところでしたので助かりました。
ありがとうございました。


返信

1件〜4件 (全4件)
| 1 |
役に立った

0人がこのQ&Aが役に立ったと投票しています