•  

助け合い

経理、労務、総務のことでわからないこと、利用者同士で助け合いを目的とした掲示板です。ルールを守ってご利用くださいませ。

スポンサーリンク

受取利息の決算仕訳について 助けてください。

質問 回答受付中

受取利息の決算仕訳について 助けてください。

2013/03/13 14:05

misoni1101

おはつ

回答数:7

編集

確定申告でストレスで髪の毛抜きまくって髪の毛なくなりそうです
助けてください^^;

個人事業で青色申告書を作成中です。
会計ソフトで決算をしていたところ、
貸借対照表の負債の欄に18円がでてきて、
受取利息の分だということはわかるのですが、
何かに振り替えなくてはいけないのではなかったかと思い
とまっています。

日々の仕訳で銀行帳に

銀行勘定 / 受取利息

とそのまま通帳どおりに記帳してきたところ
年合計が

銀行勘定 18/ 受取利息 18

が負債になったものと思います。

これを決算仕訳でするとしたら

受取利息 18/ 事業主借 18

という処理でいいのでしょうか?

借勘定が貸方でいいのだろうか・・・。

でも銀行勘定/受取利息
の仕訳をしてしまっているので頭がごちゃごちゃになっています。


小さい金額なので何もそこまで、とは思うのですが
どなたか是非、髪の毛がなくなりそうな私にやさしいお言葉を・・・。
よろしくお願い致します。

確定申告ストレスで髪の毛抜きまくって髪の毛なくなりそうです
助けてください^^;

個人事業で青色申告書を作成中です。
会計ソフトで決算をしていたところ、
貸借対照表の負債の欄に18円がでてきて、
受取利息の分だということはわかるのですが、
何かに振り替えなくてはいけないのではなかったかと思い
とまっています。

日々の仕訳で銀行帳に

銀行勘定 / 受取利息

とそのまま通帳どおりに記帳してきたところ
年合計が

銀行勘定 18/ 受取利息 18

が負債になったものと思います。

これを決算仕訳でするとしたら

受取利息 18/ 事業主借 18

という処理でいいのでしょうか?

借勘定が貸方でいいのだろうか・・・。

でも銀行勘定/受取利息
仕訳をしてしまっているので頭がごちゃごちゃになっています。


小さい金額なので何もそこまで、とは思うのですが
どなたか是非、髪の毛がなくなりそうな私にやさしいお言葉を・・・。
よろしくお願い致します。

この質問に回答
回答一覧
並び順:
表示:
1件〜7件 (全7件)
| 1 |

1. Re: うひょ〜

2013/03/14 11:42

H2A

常連さん

編集

あらー、事業主借と事業主貸を逆にされていましたか。ありがちではありますね。とりあえずこの確定申告を頑張ってください。税額が間違っていなければ大きく怒られることはないだろうと思いますから。

幸いというか、個人事業においては事業主勘定(事業主借・事業主貸)は翌期には繰り越しません。必ず0からはじまりますね。それらの値は経理ソフトで翌期を作成すると(前述の計算式にもとづいて)期首の元入金に反映されますが、この期首の値を手動で修正することで正しい状態にすることができるかと思います。元入金の正しい値は、貸借対照表の関係項目の期首の値から計算する必要があります。過去の期の分が間違っていても、法人の場合に比べると、リカバリーしやすい気がします。1期目の自分の貸借対照表は超シンプルですが、6期目となると少々計算が厄介かもしれませんが。

ともあれ、仕訳を間違えているとあちこち狂ってきますから、まずは今期(2012年)の分をしっかり直さないといけないかと思います。

元入金について、自分も経理ソフトで翌期を作成して前期の事業主借がばっさり消えてしまって悩んだのですが、以下のページを読んで納得できました。悩んだのは中途半端に簿記の知識があったからでしょうね。過去に経理ソフトのバグを発見したことも何度かあるので、バグかと思ったりも。元入金は法人でいう資本金とよくいわれますが、いろいろ性質が違うので資本金と考えると混乱の元かもしれませんね。

http://fukuzei.blog103.fc2.com/blog-entry-656.html

あらー、事業主借と事業主貸を逆にされていましたか。ありがちではありますね。とりあえずこの確定申告を頑張ってください。税額が間違っていなければ大きく怒られることはないだろうと思いますから。

幸いというか、個人事業においては事業主勘定(事業主借・事業主貸)は翌期には繰り越しません。必ず0からはじまりますね。それらの値は経理ソフトで翌期を作成すると(前述の計算式にもとづいて)期首の元入金に反映されますが、この期首の値を手動で修正することで正しい状態にすることができるかと思います。元入金の正しい値は、貸借対照表の関係項目の期首の値から計算する必要があります。過去の期の分が間違っていても、法人の場合に比べると、リカバリーしやすい気がします。1期目の自分の貸借対照表は超シンプルですが、6期目となると少々計算が厄介かもしれませんが。

ともあれ、仕訳を間違えているとあちこち狂ってきますから、まずは今期(2012年)の分をしっかり直さないといけないかと思います。

元入金について、自分も経理ソフトで翌期を作成して前期の事業主借がばっさり消えてしまって悩んだのですが、以下のページを読んで納得できました。悩んだのは中途半端に簿記の知識があったからでしょうね。過去に経理ソフトのバグを発見したことも何度かあるので、バグかと思ったりも。元入金は法人でいう資本金とよくいわれますが、いろいろ性質が違うので資本金と考えると混乱の元かもしれませんね。

http://fukuzei.blog103.fc2.com/blog-entry-656.html

返信

2. うひょ〜

2013/03/13 23:22

misoni1101

おはつ

編集

いろいろ調べてくださってありがとうございます。

なんだかアラがいろいろ見えてきてしまって
15日を前にすでに戦意喪失ぎみ・・・。

とりあへず、今やれる事をやって
来期で色々見直しをしようと思います。

しかし、貸し借り逆じゃな・・・。
なくしかない・・・


でもがんばります

いろいろありがとうございます!!!

いろいろ調べてくださってありがとうございます。

なんだかアラがいろいろ見えてきてしまって
15日を前にすでに戦意喪失ぎみ・・・。

とりあへず、今やれる事をやって
来期で色々見直しをしようと思います。

しかし、貸し借り逆じゃな・・・。
なくしかない・・・


でもがんばります

いろいろありがとうございます!!!

返信

3. Re: なるほど!そうすると?

2013/03/13 16:00

H2A

常連さん

編集

事業主貸ではないですよ。
事業主個人に借りたのですから、事業主借です。
事業主個人に貸した場合が、事業主貸です。
これ、よく逆に勘違いしたり書き間違ったりしやすいところなので要注意を。

期末に事業主借も事業主貸も残高がある場合ですが、
そのままでもいいのかもしれませんが、
どっちかがゼロになるようにした方がわかりやすいと思ってました。
ここは突っ込んで調べてはいませんので、他の方のフォローがあるといいのですが。


すみません、元入金に関して、少し書いたのですが、一旦削除しました。
ちょっと細部を確認します。


確認してきたので追記します。

元入金については、「青色申告者のための貸借対照表作成の手引き」の中の説明から引用すると、

>元入金は法人企業でいう資本金にあたります。
>1 期末(12月31日)の元入金の金額は、期首(1月1日)の元入金と同額です。
>2 翌期首(翌年分の貸借対照表の1月1日)の元入金は、次のように計算します。
>
>(期末の元入金の額)+(青色申告特別控除前の所得金額)+(期末の事業主借)−(期末の事業主貸)
>
>(注)翌期首の元入金は、翌年分の貸借対照表の期首の資産総額から期首の負債総額を差し引くことによって求めることができます。

とあります。

なおネットで検索すると、期首と期末で元入金の残高が異なる説明をしているものがありますが、期中に事業用口座にお金を追加した場合の勘定科目としては「事業主借」にして「元入金」は使わないのが正しいということになりますよね。

元入金がマイナスになるのは、<仕訳が間違っていないなら>、事業主貸が大きいということになるんですかね。儲かっていないと事業主に貸せませんが、儲かっているならマイナスにならないような気も。

自分は個人事業主としては昨年が1年目なので、頭ではある程度理解していても経験が少なく、その辺の実態にもとづく理解は浅いので、どなたかフォローいただけると幸いです。

事業主貸ではないですよ。
事業主個人に借りたのですから、事業主借です。
事業主個人に貸した場合が、事業主貸です。
これ、よく逆に勘違いしたり書き間違ったりしやすいところなので要注意を。

期末に事業主借も事業主貸も残高がある場合ですが、
そのままでもいいのかもしれませんが、
どっちかがゼロになるようにした方がわかりやすいと思ってました。
ここは突っ込んで調べてはいませんので、他の方のフォローがあるといいのですが。


すみません、元入金に関して、少し書いたのですが、一旦削除しました。
ちょっと細部を確認します。


確認してきたので追記します。

元入金については、「青色申告者のための貸借対照表作成の手引き」の中の説明から引用すると、

>元入金は法人企業でいう資本金にあたります。
>1 期末(12月31日)の元入金の金額は、期首(1月1日)の元入金と同額です。
>2 翌期首(翌年分の貸借対照表の1月1日)の元入金は、次のように計算します。
>
>(期末の元入金の額)+(青色申告特別控除前の所得金額)+(期末の事業主借)−(期末の事業主貸)
>
>(注)翌期首の元入金は、翌年分の貸借対照表の期首の資産総額から期首の負債総額を差し引くことによって求めることができます。

とあります。

なおネットで検索すると、期首と期末で元入金の残高が異なる説明をしているものがありますが、期中に事業用口座にお金を追加した場合の勘定科目としては「事業主借」にして「元入金」は使わないのが正しいということになりますよね。

元入金がマイナスになるのは、<仕訳が間違っていないなら>、事業主貸が大きいということになるんですかね。儲かっていないと事業主に貸せませんが、儲かっているならマイナスにならないような気も。

自分は個人事業主としては昨年が1年目なので、頭ではある程度理解していても経験が少なく、その辺の実態にもとづく理解は浅いので、どなたかフォローいただけると幸いです。

返信

4. なるほど!そうすると?

2013/03/13 15:26

misoni1101

おはつ

編集

再度、ありがとうございます。
何回もすみません、もう少し教えていただけましたらありがたいです。


日々の仕訳の中で受取利息が発生した時の仕訳を

普通預金 18/事業主貸 18

で摘要のところに受取利息としたのですがよかったでしょうか?

でもそうすると決算仕訳で

この仕訳を決算仕訳する必要がでますか?


お店から見たら18円を事業主にかりたわけだから
事業主に18円かえす?処理をするのでしょうか?


別件ですが期末で
事業主借勘定にも
事業主借勘定にも

残高があったときは処理が必要ですか?

今まで6年間何も処理してないです。
税理士さんに何もしなくて大丈夫といわれてきてたので、
元入金がかなりのマイナスになってるんです。

再度、ありがとうございます。
何回もすみません、もう少し教えていただけましたらありがたいです。


日々の仕訳の中で受取利息が発生した時の仕訳

普通預金 18/事業主貸 18

で摘要のところに受取利息としたのですがよかったでしょうか?

でもそうすると決算仕訳

この仕訳を決算仕訳する必要がでますか?


お店から見たら18円を事業主にかりたわけだから
事業主に18円かえす?処理をするのでしょうか?


別件ですが期末で
事業主借勘定にも
事業主借勘定にも

残高があったときは処理が必要ですか?

今まで6年間何も処理してないです。
税理士さんに何もしなくて大丈夫といわれてきてたので、
元入金がかなりのマイナスになってるんです。

返信

5. Re: 受取利息の決算仕訳について 助けてください。

2013/03/13 14:54

H2A

常連さん

編集

利息の入力を省いてしまうと、経理データ上でのその口座の残高と実際の通帳の残高が一致しなくなりますよ。トラブルの元です。他の部分でミスがあっても気づきにくくなります。

事業用の口座を分けずに生活口座と一緒にしている人の中には(これ自体勧められませんが)、事業分の明細のみを入力している人もいるらしいですが、税務署からはよろしくないと指導されると聞いています。

正しく記帳するのは自分自身のためなので、受取利息が発生しているならその日付できちんと事業主借で入力し、めんどくさいなら手続きして無利息口座に変更するか、そのどっちかでしょうね。

なお、事業主借は貸借対照表上ではもちろん負債ですので、現金や預金から引き出して事業主に返したり、事業主貸の残高があればどっちかがゼロになるところまで相殺するなどの決算仕訳を立てることになると思います。


追記

もしかして、勘定科目として「利息」を使わなくていいのか、という意味でしたかね。ソフトがどこまでよきに計らってくれるかでしょうが、決算ではその残高が残っているなら事業主借になるべきものなので、利息を事業主借に振り替える決算仕訳を立てることになるかと。それだと手間になるので、利息がついたときに事業主借で処理して、摘要に「利息」の旨を書いておけばいいと思いますよ。

利息の入力を省いてしまうと、経理データ上でのその口座の残高と実際の通帳の残高が一致しなくなりますよ。トラブルの元です。他の部分でミスがあっても気づきにくくなります。

事業用の口座を分けずに生活口座と一緒にしている人の中には(これ自体勧められませんが)、事業分の明細のみを入力している人もいるらしいですが、税務署からはよろしくないと指導されると聞いています。

正しく記帳するのは自分自身のためなので、受取利息が発生しているならその日付できちんと事業主借で入力し、めんどくさいなら手続きして無利息口座に変更するか、そのどっちかでしょうね。

なお、事業主借は貸借対照表上ではもちろん負債ですので、現金や預金から引き出して事業主に返したり、事業主貸の残高があればどっちかがゼロになるところまで相殺するなどの決算仕訳を立てることになると思います。


追記

もしかして、勘定科目として「利息」を使わなくていいのか、という意味でしたかね。ソフトがどこまでよきに計らってくれるかでしょうが、決算ではその残高が残っているなら事業主借になるべきものなので、利息を事業主借に振り替える決算仕訳を立てることになるかと。それだと手間になるので、利息がついたときに事業主借で処理して、摘要に「利息」の旨を書いておけばいいと思いますよ。

返信

6. Re: 受取利息の決算仕訳について 助けてください。

2013/03/13 14:34

misoni1101

おはつ

編集

ありがとうございます!

ということは、決算仕訳ではなくて
日々の記帳の際に受取利息勘定を発生させなくてよい、
という考えかたでよいのでしょうか?

そうすると負債にははいらないのかしら・・・。

まだ更新かけてないのでやってみます!


もう小指くらいは髪の毛抜いたかなぁ・・・。

回答いただいてありがとうございます!!!

もうちょっとなのでがんばってみます! :-x

ありがとうございます!

ということは、決算仕訳ではなくて
日々の記帳の際に受取利息勘定を発生させなくてよい、
という考えかたでよいのでしょうか?

そうすると負債にははいらないのかしら・・・。

まだ更新かけてないのでやってみます!


もう小指くらいは髪の毛抜いたかなぁ・・・。

回答いただいてありがとうございます!!!

もうちょっとなのでがんばってみます! :-x

返信

7. Re: 受取利息の決算仕訳について 助けてください。

2013/03/13 14:27

H2A

常連さん

編集

個人事業においては、事業用に使っている口座の利息でも、事業によるものとはされません。事業主個人の利息受取分を事業用の口座に入金したとみなすので、事業主からお金を借りた扱いにします。つまり、

普通預金/事業主借

の仕訳になりますね。定期性預金であっても同様です。

わかりづらい、毎度の処理がめんどくさい、ということであれば、今後は利息のつかない口座タイプに変更しておく手もありますね。ただし、残高が大きい場合は利息がつかなくなって勿体ないので、適宜処理する必要がありますね。事業内容やお金の動き方次第ですね。

個人事業においては、事業用に使っている口座の利息でも、事業によるものとはされません。事業主個人の利息受取分を事業用の口座に入金したとみなすので、事業主からお金を借りた扱いにします。つまり、

普通預金事業主借

仕訳になりますね。定期性預金であっても同様です。

わかりづらい、毎度の処理がめんどくさい、ということであれば、今後は利息のつかない口座タイプに変更しておく手もありますね。ただし、残高が大きい場合は利息がつかなくなって勿体ないので、適宜処理する必要がありますね。事業内容やお金の動き方次第ですね。

返信

1件〜7件 (全7件)
| 1 |
役に立った

0人がこのQ&Aが役に立ったと投票しています