RuleStory

積極参加

回答数:0

編集

表記の件で教えてください。附属明細書の固定資産増減明細で当期中に50千円の建物附属設備を計上したのですが建物として計上すべきものだったので科目を当期中に訂正しました。

訂正仕訳
借方 建物 50千円  貸方 建物附属設備 50千円
こういった場合の附属明細書の書き方は
有形固定資産
,諒法
    期首  当期増加額   当期減少額 期末簿価 
建物       50千円           50千円
建附       50千円      50千円  0千円 

△諒法
    期首  当期増加額   当期減少額 期末簿価 
建物       50千円           50千円
建附                      0千円 
,療期の増減をそのまま記載する。
△賄期の増減はないものとして記載する。
どちらするべきなのでしょうか?
お手数ですがわかる方おしえていただけないでしょうか?
(参考になる資料等あれば教えていただけると幸いです。)

表記の件で教えてください。附属明細書固定資産増減明細で当期中に50千円の建物附属設備を計上したのですが建物として計上すべきものだったので科目を当期中に訂正しました。

訂正仕訳
借方 建物 50千円  貸方 建物附属設備 50千円
こういった場合の附属明細書の書き方は
有形固定資産
,諒法
    期首  当期増加額   当期減少額 期末簿価 
建物       50千円           50千円
建附       50千円      50千円  0千円 

△諒法
    期首  当期増加額   当期減少額 期末簿価 
建物       50千円           50千円
建附                      0千円 
,療期の増減をそのまま記載する。
△賄期の増減はないものとして記載する。
どちらするべきなのでしょうか?
お手数ですがわかる方おしえていただけないでしょうか?
(参考になる資料等あれば教えていただけると幸いです。)