•  

助け合い

経理、労務、総務のことでわからないこと、利用者同士で助け合いを目的とした掲示板です。ルールを守ってご利用くださいませ。

スポンサーリンク

前期決算の間違いの修正について

質問 回答受付中

前期決算の間違いの修正について

2011/09/02 15:52

ibc

おはつ

回答数:2

編集

経理初心者で税理士さんがいない状態です。

前期が1期目(H21.12〜H22.11)、社員は私一人で当初給料の支払は末締めの末払いでしたが1月分より末締めの翌月10日払いに変更になりました。

給料は6月分まで手渡し(役員立替)で貰った日付などメモしておらず曖昧な記憶で会計ソフトに入力しなんとか決算・申告などを終えました。

終わってしばらくして1月分の給料の間違いに気付きました。
1月末に給料を計上し、2月10日にも給料を計上してしまっていました。この1月末に計上しなくていい分の源泉徴収税は支払い済みで年末調整も含めて終わっております。

※全てが初心者でのスタートだった為給料から源泉徴収税を差引かずそのまま受取り差引かない状態で計上、源泉徴収を支払う時になってまとめて入金し計上した次第で間違いだらけだったと反省しております。

この場合今期で修正できればと思うのですがどのように処理したらいいのでしょうか?

1月末→(例)給料100000/役員借入金110000
    旅費交通費10000/
と計上しております。

今期で実際には給料を貰っているが
   〔魄借入金110000/普通預金110000
としたらいいのか
   ¬魄借入金110000/前期損益修正益110000
とすればいいのかわかりません。
△両豺腟詢舛覆票莨辰気譴覆い泙淹弔襪隼廚Δ里任垢それでいいのでしょうか?いいのであればその仕組みを教えて頂ければと思います。

長々となり申し訳ありませんが宜しくお願いいたします。

経理初心者で税理士さんがいない状態です。

前期が1期目(H21.12〜H22.11)、社員は私一人で当初給料の支払は末締めの末払いでしたが1月分より末締めの翌月10日払いに変更になりました。

給料は6月分まで手渡し(役員立替)で貰った日付などメモしておらず曖昧な記憶で会計ソフトに入力しなんとか決算・申告などを終えました。

終わってしばらくして1月分の給料の間違いに気付きました。
1月末に給料を計上し、2月10日にも給料を計上してしまっていました。この1月末に計上しなくていい分の源泉徴収税は支払い済みで年末調整も含めて終わっております。

※全てが初心者でのスタートだった為給料から源泉徴収税を差引かずそのまま受取り差引かない状態で計上、源泉徴収を支払う時になってまとめて入金し計上した次第で間違いだらけだったと反省しております。

この場合今期で修正できればと思うのですがどのように処理したらいいのでしょうか?

1月末→(例)給料100000/役員借入金110000
    旅費交通費10000/
と計上しております。

今期で実際には給料を貰っているが
   〔魄借入金110000/普通預金110000
としたらいいのか
   役員借入金110000/前期損益修正益110000
とすればいいのかわかりません。
△両豺腟詢舛覆票莨辰気譴覆い泙淹弔襪隼廚Δ里任垢それでいいのでしょうか?いいのであればその仕組みを教えて頂ければと思います。

長々となり申し訳ありませんが宜しくお願いいたします。

この質問に回答
回答一覧
並び順:
表示:
1件〜2件 (全2件)
| 1 |

1. Re: 前期決算の間違いの修正について

2011/09/03 20:05

anoano

すごい常連さん

編集

色々大変な決算であったようですね。
ふと疑問に思うのが、
1月末に計上しなくともいい分の源泉税は納付済みで、なおかつ
年末調整に含めたということですが、22年分は13か月分の
給料で計算されてということでしょうか?
一人別源泉徴収簿に書き入れて計算しているはずなので、
その段階でミスに気が付かないのは特別な理由があったのかな
と思いました。
1月末の仕訳で役員借入金を使用しているということは、
1月末の分を支払ってしまったとの解釈になるので、
役員賞与扱いになると思います。
(〆4で給料をもらったとの記載があるが、それは借入金の返済に過ぎません。)
そこで、△猟正もできませんので、実際には22.11期の法人税申告書の上で加算処理をするしかないと思います。
役員賞与は「定期同額給与」に該当しないので、損金にならないからです。

色々大変な決算であったようですね。
ふと疑問に思うのが、
1月末に計上しなくともいい分の源泉税は納付済みで、なおかつ
年末調整に含めたということですが、22年分は13か月分の
給料で計算されてということでしょうか?
一人別源泉徴収簿に書き入れて計算しているはずなので、
その段階でミスに気が付かないのは特別な理由があったのかな
と思いました。
1月末の仕訳役員借入金を使用しているということは、
1月末の分を支払ってしまったとの解釈になるので、
役員賞与扱いになると思います。
(〆4で給料をもらったとの記載があるが、それは借入金の返済に過ぎません。)
そこで、△猟正もできませんので、実際には22.11期の法人税申告書の上で加算処理をするしかないと思います。
役員賞与は「定期同額給与」に該当しないので、損金にならないからです。

返信

2. Re: 前期決算の間違いの修正について

2011/09/12 16:33

ibc

おはつ

編集

説明が不足でこちらが伝えたかったことがうまく伝わっていなかったんですが回答下さいましてありがとうございました。
お礼が遅くなり申し訳ありません。

説明が不足でこちらが伝えたかったことがうまく伝わっていなかったんですが回答下さいましてありがとうございました。
お礼が遅くなり申し訳ありません。

返信

1件〜2件 (全2件)
| 1 |
役に立った

0人がこのQ&Aが役に立ったと投票しています