•  

助け合い

経理、労務、総務のことでわからないこと、利用者同士で助け合いを目的とした掲示板です。ルールを守ってご利用くださいませ。

スポンサーリンク

ゲーム原価

質問 回答受付中

ゲーム原価

2010/06/16 22:57

ぴんころ

ちょい参加

回答数:1

編集

お聞きしたいとがあり、質問いたしました。今度、アイフォンのアプリを全世界で、販売するのですが、その時に原価については、一般的に、一括で、販売時に落としていいものでしょうか?それとも資産計上(アップル ストアで販売、ユーザ−はダウンロード課金)また、このような、ゲームの原価って、税務上の即時償却資産に該当するものでしょうか?金額が微妙で・・。それと、海外での販売報告が、日報でレポートで計上され、月末締めで、振込まれるのですが、その時に換算は、1ケ月まとめて、売上合計を月末のレートで換算してもいいのか?発生日ごとのレートで計上ですか?ゲームと海外売上計上方法は、初めてで・・。お手数ですが、よろしく、お願いいたします。

お聞きしたいとがあり、質問いたしました。今度、アイフォンのアプリを全世界で、販売するのですが、その時に原価については、一般的に、一括で、販売時に落としていいものでしょうか?それとも資産計上(アップル ストアで販売、ユーザ−はダウンロード課金)また、このような、ゲームの原価って、税務上の即時償却資産に該当するものでしょうか?金額が微妙で・・。それと、海外での販売報告が、日報でレポートで計上され、月末締めで、振込まれるのですが、その時に換算は、1ケ月まとめて、売上合計を月末のレートで換算してもいいのか?発生日ごとのレートで計上ですか?ゲームと海外売上計上方法は、初めてで・・。お手数ですが、よろしく、お願いいたします。

この質問に回答
回答一覧
並び順:
表示:
1件〜1件 (全1件)
| 1 |

1. Re: ゲーム原価

2010/06/23 18:04

むむむ

常連さん

編集

似た業種かと思いますので、分かるところだけ。

ご質問の主旨は、以下の2点でしょうか?
(1)ゲーム原価は資産計上が必要か?
(2)売上金のレートの換算はいつの時点か?


まず、ゲーム原価は資産となります。内容は、以下のサイトに分かり易く掲載されています。
http://www.kanjyoukamoku.com/softwer.html

で、ゲーム原価とひとくくりに仰っていますが、原価とするべき費用の中身については、
把握されていますでしょうか?
厳密にするならば、そのゲームを作るために掛かった費用、人件費やら水道光熱費やらも
含まれますので、1日2日で出来たものでなければ、それなりの金額になるのではないかと思います。

というのは実は建前で、弊社でも販売目的のソフトウェアを作成していますが、そこまで厳密には行っておりません。もともと、他業種からの参入で、IT業界特有の経理処理を行ってこなかったということと、開発者が特定のシステムに専従している訳ではないので、掛かる経費を把握しきれないためです。

ですので(いずれはやるべきと認識はしても)普通に人件費は人件費、水道光熱費は水道光熱費で計上され、販売権を購入したソフトウェア以外は、資産計上されていません。
開発を行うために購入した、機械やアプリケーションは、それぞれに資産計上しています。
販売するために掛かる毎月の費用は、経費として計上しています。


次に、売上計上は、日々把握できるのであれば、その都度売上計上するべきかと思いますが、海外取引を行ったことがないので、いつの時点でレート計算を行うかは分かりません。円建てでもらえるなら、(差額を考えるのが面倒なので)入金元にあわせるかな、と思います。
しかし何分素人考えですので、詳しい方のご指導を待ちたいと思います。


レスが付かずに果てしなく下がっていくようでしたら、レート換算だけの記事を、改めてご投稿されることをお勧めします。

似た業種かと思いますので、分かるところだけ。

ご質問の主旨は、以下の2点でしょうか?
(1)ゲーム原価は資産計上が必要か?
(2)売上金のレートの換算はいつの時点か?


まず、ゲーム原価は資産となります。内容は、以下のサイトに分かり易く掲載されています。
http://www.kanjyoukamoku.com/softwer.html

で、ゲーム原価とひとくくりに仰っていますが、原価とするべき費用の中身については、
把握されていますでしょうか?
厳密にするならば、そのゲームを作るために掛かった費用、人件費やら水道光熱費やらも
含まれますので、1日2日で出来たものでなければ、それなりの金額になるのではないかと思います。

というのは実は建前で、弊社でも販売目的のソフトウェアを作成していますが、そこまで厳密には行っておりません。もともと、他業種からの参入で、IT業界特有の経理処理を行ってこなかったということと、開発者が特定のシステムに専従している訳ではないので、掛かる経費を把握しきれないためです。

ですので(いずれはやるべきと認識はしても)普通に人件費は人件費、水道光熱費は水道光熱費で計上され、販売権を購入したソフトウェア以外は、資産計上されていません。
開発を行うために購入した、機械やアプリケーションは、それぞれに資産計上しています。
販売するために掛かる毎月の費用は、経費として計上しています。


次に、売上計上は、日々把握できるのであれば、その都度売上計上するべきかと思いますが、海外取引を行ったことがないので、いつの時点でレート計算を行うかは分かりません。円建てでもらえるなら、(差額を考えるのが面倒なので)入金元にあわせるかな、と思います。
しかし何分素人考えですので、詳しい方のご指導を待ちたいと思います。


レスが付かずに果てしなく下がっていくようでしたら、レート換算だけの記事を、改めてご投稿されることをお勧めします。

返信

1件〜1件 (全1件)
| 1 |
役に立った

0人がこのQ&Aが役に立ったと投票しています