•  

助け合い

経理、労務、総務のことでわからないこと、利用者同士で助け合いを目的とした掲示板です。ルールを守ってご利用くださいませ。

電脳名刺で名刺無料キャンペーン行っています

前期還付金処理の仮払金の処理で今期の処理事業税について

質問 回答受付中

前期還付金処理の仮払金の処理で今期の処理事業税について

2009/10/07 18:06

night

常連さん

回答数:1

編集

前期還付金処理の仮払金の処理で今期の処理
 前期決算にて予定納税分が還付で今期入金がありました
前期の決算において
  法人税還付金 50万円
  法人事業税  40万円 
法人県民税  20万円
  法人市民税  30万円

上記還付金を仮払金勘定にして当期入金がありました。
   預金/仮払金

法人事業税の還付金について申告加算や減算の必要はありますか?
 

前期還付金処理の仮払金の処理で今期の処理
 前期決算にて予定納税分が還付で今期入金がありました
前期の決算において
  法人税還付金 50万円
  法人事業税  40万円 
法人県民税  20万円
  法人市民税  30万円

上記還付金を仮払金勘定にして当期入金がありました。
   預金/仮払金

法人事業税の還付金について申告加算や減算の必要はありますか?
 

この質問に回答
回答一覧
並び順:
表示:
1件〜1件 (全1件)
| 1 |

1. Re: 前期還付金処理の仮払金の処理で今期の処理事業税について

2009/10/09 11:19

かめへん

神の領域

編集

法人事業税については、納付の場合は、申告書を提出した事業年度において、損金算入すべき事となりますので、還付の場合も同様ですから、申告書を提出した事業年度、すなわち前期分の確定申告であれば今期に益金算入すべき事となりますので、仮払金の入金処理をした時点では、決算上で収益として計上されていませんので、申告書上で加算が必要となります。

それ以前の問題として、仮払税金として処理した場合は、両建てで別表4に記載しているものと思いますので、還付時も同様となります。

おそらく、前期の申告書において、「仮払税金認定損」として別表4で減算して、別表5(1)にも「仮払税金」の残が残っているはずですよね。

ですから、今期においても、まずは、「仮払税金認定損戻入」として、別表4で、還付金額合計の140万円を加算します。

と同時に、法人税や法人県民税・法人市民税の還付金については、「法人税額の中間納付額及び過誤納に係る還付金額」として、それらの合計100万円を減算します。

結果として、差額40万円が加算された形となり、要は法人事業税分を加算した事となります。

もちろん、別表5(1)の「仮払税金」も、当期減で記入して、残をゼロにする事となります。

法人事業税については、納付の場合は、申告書を提出した事業年度において、損金算入すべき事となりますので、還付の場合も同様ですから、申告書を提出した事業年度、すなわち前期分の確定申告であれば今期に益金算入すべき事となりますので、仮払金の入金処理をした時点では、決算上で収益として計上されていませんので、申告書上で加算が必要となります。

それ以前の問題として、仮払税金として処理した場合は、両建てで別表4に記載しているものと思いますので、還付時も同様となります。

おそらく、前期の申告書において、「仮払税金認定損」として別表4で減算して、別表5(1)にも「仮払税金」の残が残っているはずですよね。

ですから、今期においても、まずは、「仮払税金認定損戻入」として、別表4で、還付金額合計の140万円を加算します。

と同時に、法人税や法人県民税・法人市民税の還付金については、「法人税額の中間納付額及び過誤納に係る還付金額」として、それらの合計100万円を減算します。

結果として、差額40万円が加算された形となり、要は法人事業税分を加算した事となります。

もちろん、別表5(1)の「仮払税金」も、当期減で記入して、残をゼロにする事となります。

返信

1件〜1件 (全1件)
| 1 |
役に立った

0人がこのQ&Aが役に立ったと投票しています