•  

助け合い

経理、労務、総務のことでわからないこと、利用者同士で助け合いを目的とした掲示板です。ルールを守ってご利用くださいませ。

スポンサーリンク

土木・建設部門の経理

質問 回答受付中

土木・建設部門の経理

2009/04/15 17:02

striker105

おはつ

回答数:3

編集

土木・建設部門の経理も併せて担当してるのですが
もっと簡略に仕訳を行いたいです
これまで製品の原材料を仕入れた場合は
(製)原材料仕入 100,000 | 買掛金 100,000
派遣元の会社に支払う作業員の人工費については
(製)外注加工費 600,000 |買掛金 600,000
などと仕訳けてましたがこれらをもうすべてまとめ
仕入高 | 買掛金と全てに仕入高をあてての仕訳でもよいでしょうか?
この方が相殺しわけなど非常に単純に行えますしね
特に問題はないでしょうか?
今期からこの仕訳でいこうかなと思うのですけど

土木・建設部門の経理も併せて担当してるのですが
もっと簡略に仕訳を行いたいです
これまで製品の原材料を仕入れた場合は
(製)原材料仕入 100,000 | 買掛金 100,000
派遣元の会社に支払う作業員の人工費については
(製)外注加工費 600,000 |買掛金 600,000
などと仕訳けてましたがこれらをもうすべてまとめ
仕入高 | 買掛金と全てに仕入高をあてての仕訳でもよいでしょうか?
この方が相殺しわけなど非常に単純に行えますしね
特に問題はないでしょうか?
今期からこの仕訳でいこうかなと思うのですけど

この質問に回答
回答一覧
並び順:
表示:
1件〜3件 (全3件)
| 1 |

1. Re: 土木・建設部門の経理

2009/04/15 20:12

nova

すごい常連さん

編集

こんにちは。

どの勘定科目をご使用になるかは各社の任意な判断ですが(余程違わない限り)、
会社の業務が高度化してくると必然的に使用する勘定科目も増えるものです。特に管理会計・部門会計などに重点を置くと。

また、過去からの経理処理の継続性を崩すこととなります。

ご質問にある まとめた結果の「仕入高」についてですが、
経営者から原材料と外注加工費の実績額は?と尋ねられたら即答できますか?
各々の勘定科目に分かれているからこそ、その元帳を見れば一発回答ですよね?

実際に作業する方の手間の問題と、経営判断の為に何が必要かとは次元の異なる事柄だと思いますので、上司あるいはお付の税理士さんなどとも充分にご相談になってみて下さい。

こんにちは。

どの勘定科目をご使用になるかは各社の任意な判断ですが(余程違わない限り)、
会社の業務が高度化してくると必然的に使用する勘定科目も増えるものです。特に管理会計・部門会計などに重点を置くと。

また、過去からの経理処理の継続性を崩すこととなります。

ご質問にある まとめた結果の「仕入高」についてですが、
経営者から原材料と外注加工費の実績額は?と尋ねられたら即答できますか?
各々の勘定科目に分かれているからこそ、その元帳を見れば一発回答ですよね?

実際に作業する方の手間の問題と、経営判断の為に何が必要かとは次元の異なる事柄だと思いますので、上司あるいはお付の税理士さんなどとも充分にご相談になってみて下さい。

返信

2. Re: 土木・建設部門の経理

2009/04/16 16:58

samo

積極参加

編集

外注加工賃となってますが、もしかしたら外注労務費に該当し、
原価報告書には労務費に含めている可能性もあります。
そうであれば、決算時に大変な思いをするかもしれませんので、
分けたままのほうがいいかと思います。
建設業の原価報告書は特別な処理方法がありますので、
上司の方または税理士さん、行政書士さんに相談されたほうがいいと思います。

外注加工賃となってますが、もしかしたら外注労務費に該当し、
原価報告書には労務費に含めている可能性もあります。
そうであれば、決算時に大変な思いをするかもしれませんので、
分けたままのほうがいいかと思います。
建設業の原価報告書は特別な処理方法がありますので、
上司の方または税理士さん、行政書士さんに相談されたほうがいいと思います。

返信

3. Re: 土木・建設部門の経理

2009/04/20 10:15

striker105

おはつ

編集

そうですね
実に愚かしい質問でした
今年度も前年度と同じ会計処理を継続いたしたく思います
返信ありがとうございました

そうですね
実に愚かしい質問でした
今年度も前年度と同じ会計処理を継続いたしたく思います
返信ありがとうございました

返信

1件〜3件 (全3件)
| 1 |
役に立った

0人がこのQ&Aが役に立ったと投票しています