•  

助け合い

経理、労務、総務のことでわからないこと、利用者同士で助け合いを目的とした掲示板です。ルールを守ってご利用くださいませ。

スポンサーリンク

市場販売目的のソフトウェアの償却について

質問 回答受付中

市場販売目的のソフトウェアの償却について

2008/07/10 20:53

kou1234

おはつ

回答数:1

編集

すいません。教えて下さい。

市場販売目的のソフトウェアについて、"見込販売数量または見込販売収益に基づいて償却されます。ただし毎期の償却額は、残存有効期間に基づく均等配分額を下回ってはならないとされているため、毎期の償却額は、見込販売数量または見込販売収益に基づいて算定した償却額と、残存有効期間に基づく均等配分額とを比較し、いずれか大きい方を計上することになります。"と書かれていますが、比較を行うは、期に1回だけなのでしょうか?半期や四半期に比較してもいいものでしょうか?もっと極端に言えば、毎月、比較することもありなんでしょうか?

すいません。教えて下さい。

市場販売目的のソフトウェアについて、"見込販売数量または見込販売収益に基づいて償却されます。ただし毎期の償却額は、残存有効期間に基づく均等配分額を下回ってはならないとされているため、毎期の償却額は、見込販売数量または見込販売収益に基づいて算定した償却額と、残存有効期間に基づく均等配分額とを比較し、いずれか大きい方を計上することになります。"と書かれていますが、比較を行うは、期に1回だけなのでしょうか?半期や四半期に比較してもいいものでしょうか?もっと極端に言えば、毎月、比較することもありなんでしょうか?

この質問に回答
回答一覧
並び順:
表示:
1件〜1件 (全1件)
| 1 |

1. Re: 市場販売目的のソフトウェアの償却について

2008/07/11 19:51

dodo

常連さん

編集

半期や四半期ごとに、償却額を比較して計上しても構わないと思います。

ただし、例えば、月ごとに償却額を比較して計上し、月ごとの償却額を累計して、年度(ないし四半期・半期)の償却額とすることはできないと思います。あくまで、年度(ないし四半期・半期)の償却額は、「期末」時点の最新の見込販売数量等に基づいて計上する必要があると思います。

(金融証券取引法等の適用を受ける会社の半期・四半期決算で、どの程度厳密な償却費の計上が求められているかは、知りませんが)

半期や四半期ごとに、償却額を比較して計上しても構わないと思います。

ただし、例えば、月ごとに償却額を比較して計上し、月ごとの償却額を累計して、年度(ないし四半期・半期)の償却額とすることはできないと思います。あくまで、年度(ないし四半期・半期)の償却額は、「期末」時点の最新の見込販売数量等に基づいて計上する必要があると思います。

(金融証券取引法等の適用を受ける会社の半期・四半期決算で、どの程度厳密な償却費の計上が求められているかは、知りませんが)

返信

1件〜1件 (全1件)
| 1 |
役に立った

0人がこのQ&Aが役に立ったと投票しています