•  

助け合い

経理、労務、総務のことでわからないこと、利用者同士で助け合いを目的とした掲示板です。ルールを守ってご利用くださいませ。

スポンサーリンク

フレックス制について

質問 回答受付中

フレックス制について

2007/02/19 19:41

eh84

積極参加

回答数:4

編集

いつもお世話になります。

現在フレックス制の導入を検討しているのですが、
フレキシブルタイム、休憩時間についておたずねします。

・標準労働時間1日8時間/週40時間
・フレックスにした場合コアタイム 12-17時
 フレキシブルタイム 7-12時/17-22時とする。

とした場合、例えば

9-17時勤務/休憩1h、17-18時休憩、18-19時勤務

というように、1日トータル8時間勤務、休憩2時間という勤務は可能なのでしょうか?

フレックスの前提として、始業、終業時間は労働者の決定に委ねる、とありますが、フレキシブルタイムの使い方?というかその辺がどこまで自由なのかどうなのかも含め、教えて頂けるとありがたいです。

(その前に今回の質問がそもそもフレックスと関係なかったらすみません・・・)

ちなみに現在は10-19時/休憩1hです。

宜しくお願いします。

いつもお世話になります。

現在フレックス制の導入を検討しているのですが、
フレキシブルタイム、休憩時間についておたずねします。

・標準労働時間1日8時間/週40時間
・フレックスにした場合コアタイム 12-17時
 フレキシブルタイム 7-12時/17-22時とする。

とした場合、例えば

9-17時勤務/休憩1h、17-18時休憩、18-19時勤務

というように、1日トータル8時間勤務、休憩2時間という勤務は可能なのでしょうか?

フレックスの前提として、始業、終業時間は労働者の決定に委ねる、とありますが、フレキシブルタイムの使い方?というかその辺がどこまで自由なのかどうなのかも含め、教えて頂けるとありがたいです。

(その前に今回の質問がそもそもフレックスと関係なかったらすみません・・・)

ちなみに現在は10-19時/休憩1hです。

宜しくお願いします。

この質問に回答
回答一覧
並び順:
表示:
1件〜4件 (全4件)
| 1 |

1. Re: フレックス制について

2007/02/21 13:06

kaibashira

さらにすごい常連さん

編集

通達等の明確な根拠を見つけることは
できなかったので、そういうものに基づいて
言っているわけではありませんが、
法定の休憩時間を12-17時の間に
1時間与えているのであれば、
それ以上の休憩時間を与えるのは
原則として自由なので、
労使の合意があれば、「フレキシブルタイムのうち、
17:00〜18:00の間に休憩を取ってもよい」
というような内容を協定に盛り込むことは
特段問題ないと思います。

使用者側が認めないのに、法定の休憩時間に加えて
フレキシブルタイムにおいて
労働者の自由な決定によって休憩を取る権利があるか、
というと、法文を読む限りそこまでは認めていない
のではないかと思います。

逆に、労働者としては特に望まないのに
「17:00〜18:00の間は必ず休憩せよ」というのも
フレキシブルタイムの趣旨に合わないでしょう。
かといってコアタイムを18:00までとして
17:00〜18:00を休憩とするのも
18:00に終業する人のことを考えると
あまり合理的ではないので、やはり最初の
「取ってもよい」という形の方が
良いのではないかと思います。

(現実に運用するに当たっては、休憩を取る場合は
管理職に申請する、等の仕組みを設けて
休憩している人とそうでない人をはっきり分けられる
ようにするのがいいと思います。)

通達等の明確な根拠を見つけることは
できなかったので、そういうものに基づいて
言っているわけではありませんが、
法定の休憩時間を12-17時の間に
1時間与えているのであれば、
それ以上の休憩時間を与えるのは
原則として自由なので、
労使の合意があれば、「フレキシブルタイムのうち、
17:00〜18:00の間に休憩を取ってもよい」
というような内容を協定に盛り込むことは
特段問題ないと思います。

使用者側が認めないのに、法定の休憩時間に加えて
フレキシブルタイムにおいて
労働者の自由な決定によって休憩を取る権利があるか、
というと、法文を読む限りそこまでは認めていない
のではないかと思います。

逆に、労働者としては特に望まないのに
「17:00〜18:00の間は必ず休憩せよ」というのも
フレキシブルタイムの趣旨に合わないでしょう。
かといってコアタイムを18:00までとして
17:00〜18:00を休憩とするのも
18:00に終業する人のことを考えると
あまり合理的ではないので、やはり最初の
「取ってもよい」という形の方が
良いのではないかと思います。

(現実に運用するに当たっては、休憩を取る場合は
管理職に申請する、等の仕組みを設けて
休憩している人とそうでない人をはっきり分けられる
ようにするのがいいと思います。)

返信

2. Re: フレックス制について

2007/02/21 16:06

eh84

積極参加

編集

kaibashiraさん、詳しくありがとうございます。

すみません、もう一つ質問なのですが(>_<)
ご返答頂いたように協定上「取ってよい」という
形にし、更に許認可についても協定に盛り込んでも
問題はありませんか?

あくまでも休憩は会社が与えるものとしておかないと
何だかその辺があいまいになって個人差が出てきそう
なので・・・。

kaibashiraさん、詳しくありがとうございます。

すみません、もう一つ質問なのですが(>_<)
ご返答頂いたように協定上「取ってよい」という
形にし、更に許認可についても協定に盛り込んでも
問題はありませんか?

あくまでも休憩は会社が与えるものとしておかないと
何だかその辺があいまいになって個人差が出てきそう
なので・・・。

返信

3. Re: フレックス制について

2007/02/21 16:32

kaibashira

さらにすごい常連さん

編集

許認可という言葉を私が勘違いしているかも
しれませんが、「休憩を希望する場合には、
予め上司に届け出て許可を得ること」というような
管理上当然に必要な連絡としての手順を定めることは、
特に協定として有害な内容とも考えられず、
問題ないのではないかと思います。

「会社が認めた場合には休憩を与える」という
ニュアンスだと、それがダメかというと
そういうこともないのでしょうが、
じゃあどういうときは認めて
どういうときは認めないのか、というのが
まさにあいまいで個人差のあるものに
なりそうな気がするので、
私が担当であればそういう書き方は
避けるかなあ、と思います。

許認可という言葉を私が勘違いしているかも
しれませんが、「休憩を希望する場合には、
予め上司に届け出て許可を得ること」というような
管理上当然に必要な連絡としての手順を定めることは、
特に協定として有害な内容とも考えられず、
問題ないのではないかと思います。

「会社が認めた場合には休憩を与える」という
ニュアンスだと、それがダメかというと
そういうこともないのでしょうが、
じゃあどういうときは認めて
どういうときは認めないのか、というのが
まさにあいまいで個人差のあるものに
なりそうな気がするので、
私が担当であればそういう書き方は
避けるかなあ、と思います。

返信

4. Re: フレックス制について

2007/02/21 18:33

eh84

積極参加

編集

kaibashiraさん

すみません、許認可はこちら
→「休憩を希望する場合には、予め上司に
届け出て許可を得ること」
の意味で書きました。

ですので盛り込んでも特に問題ないで
あろうという事ですね。

だいぶ作業が進みます!
ありがとうございました。

kaibashiraさん

すみません、許認可はこちら
→「休憩を希望する場合には、予め上司に
届け出て許可を得ること」
の意味で書きました。

ですので盛り込んでも特に問題ないで
あろうという事ですね。

だいぶ作業が進みます!
ありがとうございました。

返信

1件〜4件 (全4件)
| 1 |
役に立った

0人がこのQ&Aが役に立ったと投票しています