•  

助け合い

経理、労務、総務のことでわからないこと、利用者同士で助け合いを目的とした掲示板です。ルールを守ってご利用くださいませ。

交際費?

質問 回答受付中

交際費?

2007/02/18 14:52

2047

積極参加

回答数:13

編集

お聞きしたいんですが、先代社長の命日に従業員みんなで食事をした場合は交際費に該当するのでしょうか??福利厚生費ではないですよね?未熟者ですいません。。おねがいします。

お聞きしたいんですが、先代社長の命日に従業員みんなで食事をした場合は交際費に該当するのでしょうか??福利厚生費ではないですよね?未熟者ですいません。。おねがいします。

この質問に回答
回答一覧
並び順:
表示:
1件〜13件 (全13件)
| 1 |

1. Re: 交際費?

2007/02/18 23:05

ぽてと

すごい常連さん

編集

どの程度の飲食をされたかが解らないので何とも言えませんが、全従業員に分け隔てなく振舞われたのであれば、一人当り5000円までの飲食なら福利厚生費で問題無いと思われます。

先代社長を偲び、社員の結束を高める為の懇親会と考えれば問題は無いでしょう。

どの程度の飲食をされたかが解らないので何とも言えませんが、全従業員に分け隔てなく振舞われたのであれば、一人当り5000円までの飲食なら福利厚生費で問題無いと思われます。

先代社長を偲び、社員の結束を高める為の懇親会と考えれば問題は無いでしょう。

返信

2. Re: 交際費?

2007/02/19 23:07

2047

積極参加

編集

お返事ありがとうございます。
一人5000円以下ですし、福利厚生費で処理しようと思います。またなにかあったらよろしくおねがいします。

お返事ありがとうございます。
一人5000円以下ですし、福利厚生費で処理しようと思います。またなにかあったらよろしくおねがいします。

返信

3. Re: 交際費?

2007/02/19 23:38

2047

積極参加

編集

交際費についてもう少しお聞きしてもよろしいでしょうか?
さっきの場合で一人あたり5000円を超えると交際費に該当するということなのですか?
それと、私はこれまで忘年会の費用などは金額に関係なくすべて福利厚生費としてきましたが、これもひとりあたり5000円を超えてしまうと交際費となるのでしょうか?
取引先に対しての接待の費用として一人当たり5000円以内であれば科目としては交際費として扱うが、申告の際に別表でその部分だけは全額損金算入になるという理解でよいのでしょうか?
なかなかうまく質問できなくてすいません。よろしくおねがいします。

交際費についてもう少しお聞きしてもよろしいでしょうか?
さっきの場合で一人あたり5000円を超えると交際費に該当するということなのですか?
それと、私はこれまで忘年会の費用などは金額に関係なくすべて福利厚生費としてきましたが、これもひとりあたり5000円を超えてしまうと交際費となるのでしょうか?
取引先に対しての接待の費用として一人当たり5000円以内であれば科目としては交際費として扱うが、申告の際に別表でその部分だけは全額損金算入になるという理解でよいのでしょうか?
なかなかうまく質問できなくてすいません。よろしくおねがいします。

返信

4. Re: 交際費?

2007/02/20 18:14

ぽてと

すごい常連さん

編集

>さっきの場合で一人あたり5000円を超えると交際費に該当するということなのですか?

これは色々と難しい問題なのですが、「専ら従業員の慰安のために行われる運動会、演芸会、旅行等のために通常要する費用」(措置法61条の40譴ら引用)に該当するのであれば、社会通念上逸脱しない程度の飲食費であれば交際費課税はされない事になります。

この社会通念上逸脱しない程度と言うのは明確な基準がある訳ではなく、資本金や業績など様々な要素が過去の判例からあるようです。
ですので、社会通念上逸脱しない程度の金額としては、1人あたり5000円以下と言うのは無難な金額と言えます。

実際には行われた飲食の実態が普通の忘年会であれば、福利厚生費で問題ないと思いますし、1人当たり5000円を超えてしまうのなら、超えた金額を交際費にするのも堅いやり方ですし、このあたりは企業の会計の裁量だと思いますよ。
調査で問題となるとしたら、高給食材を用いた忘年会であったり、自由参加の二次会まで福利厚生費にしている場合でしょうね。

>さっきの場合で一人あたり5000円を超えると交際費に該当するということなのですか?

これは色々と難しい問題なのですが、「専ら従業員の慰安のために行われる運動会、演芸会、旅行等のために通常要する費用」(措置法61条の40譴ら引用)に該当するのであれば、社会通念上逸脱しない程度の飲食費であれば交際費課税はされない事になります。

この社会通念上逸脱しない程度と言うのは明確な基準がある訳ではなく、資本金や業績など様々な要素が過去の判例からあるようです。
ですので、社会通念上逸脱しない程度の金額としては、1人あたり5000円以下と言うのは無難な金額と言えます。

実際には行われた飲食の実態が普通の忘年会であれば、福利厚生費で問題ないと思いますし、1人当たり5000円を超えてしまうのなら、超えた金額を交際費にするのも堅いやり方ですし、このあたりは企業の会計の裁量だと思いますよ。
調査で問題となるとしたら、高給食材を用いた忘年会であったり、自由参加の二次会まで福利厚生費にしている場合でしょうね。

返信

5. Re: 交際費?

2007/02/20 23:31

2047

積極参加

編集

企業の大小によって変わってくるとなるとなにか微妙ですね。
それなら無難なほうをとってやっていこうと思います。
又、これからは接待や、従業員の慰安の費用などの内容をしっかりとみていきたいと思います。本当にご丁寧にありがとうございます。

企業の大小によって変わってくるとなるとなにか微妙ですね。
それなら無難なほうをとってやっていこうと思います。
又、これからは接待や、従業員の慰安の費用などの内容をしっかりとみていきたいと思います。本当にご丁寧にありがとうございます。

返信

6. Re: 交際費?

2007/02/21 11:59

編集

ちと、気になりましたので。

>社会通念上逸脱しない程度の金額としては、1人あたり5000円以下と言うのは無難な金額と言えます。

金額基準を設けると、危険じゃありませんかねー。。。なーんて思ったりしてます(笑)。
この5000円基準について、判例等ありましたら、紹介いただきたいのです。
弊社でも役立てていこうと思っていますm(_ _)m

ちと、気になりましたので。

>社会通念上逸脱しない程度の金額としては、1人あたり5000円以下と言うのは無難な金額と言えます。

金額基準を設けると、危険じゃありませんかねー。。。なーんて思ったりしてます(笑)。
この5000円基準について、判例等ありましたら、紹介いただきたいのです。
弊社でも役立てていこうと思っていますm(_ _)m

返信

7. Re: 交際費?

2007/02/21 13:17

ぽてと

すごい常連さん

編集

5000円を直接基準とした判例は私も知識としてないのですが、社会通念上妥当な金額かを判断するに当たっては、交際費から除かれる5000円未満と言うのを1つの基準として考えても良いものと思い回答しました。

ただ、社員の福利厚生を目的とした費用なら何でもかんでも福利厚生費という訳には行かず、「通常要する費用」と言うよく見る表現が福利厚生費への抑止力になっているのも事実だと思います。

あとは各会社の会計方針の問題で、一般に会社は福利厚生としてどこまでのことをするか、専ら従業員の慰安費用をどこまで持つのか、という費用の範囲の話ですので、5000円未満であれば概ね認められて然るべき金額だと思いました。

個別の判例は多岐に渡るので示せませんが、二次会の費用まで含めて総合的に全額交際費認定をされた事もあると聞きますので、慎重な処理が必要なのは間違いないです^^;

金額を出したのが危険なのかもしれませんが、5000円を基準にして判定してくださいと言っている訳ではないのですが(汗)
書き方に問題があれば教えてください。。。
訂正したいと思います(ぺこ)

5000円を直接基準とした判例は私も知識としてないのですが、社会通念上妥当な金額かを判断するに当たっては、交際費から除かれる5000円未満と言うのを1つの基準として考えても良いものと思い回答しました。

ただ、社員の福利厚生を目的とした費用なら何でもかんでも福利厚生費という訳には行かず、「通常要する費用」と言うよく見る表現が福利厚生費への抑止力になっているのも事実だと思います。

あとは各会社の会計方針の問題で、一般に会社は福利厚生としてどこまでのことをするか、専ら従業員の慰安費用をどこまで持つのか、という費用の範囲の話ですので、5000円未満であれば概ね認められて然るべき金額だと思いました。

個別の判例は多岐に渡るので示せませんが、二次会の費用まで含めて総合的に全額交際費認定をされた事もあると聞きますので、慎重な処理が必要なのは間違いないです^^;

金額を出したのが危険なのかもしれませんが、5000円を基準にして判定してくださいと言っている訳ではないのですが(汗)
書き方に問題があれば教えてください。。。
訂正したいと思います(ぺこ)

返信

8. Re: 交際費?

2007/02/21 14:26

どんどん

積極参加

編集

5,000円という金額は、国税庁が出した基準だと思いますので、
社会通念上逸脱しないと言っていいのではないでしょうか。

「実際には行われた飲食の実態が普通の忘年会であれば、福利厚生費で問題ないと思いますし、1人当たり5000円を超えてしまうのなら、超えた金額を交際費にするのも堅いやり方ですし、このあたりは企業の会計の裁量だと思いますよ。」

これはちょっと危険では?
5,000円を超えたら超えた金額だけを交際費にするのはどうかと。

国税庁のホームページにある交際費等のQ&Aにありますが、
5,000円を超えた場合は全額交際費に該当するとなっています。

5,000円という金額は、国税庁が出した基準だと思いますので、
社会通念上逸脱しないと言っていいのではないでしょうか。

「実際には行われた飲食の実態が普通の忘年会であれば、福利厚生費で問題ないと思いますし、1人当たり5000円を超えてしまうのなら、超えた金額を交際費にするのも堅いやり方ですし、このあたりは企業の会計の裁量だと思いますよ。」

これはちょっと危険では?
5,000円を超えたら超えた金額だけを交際費にするのはどうかと。

国税庁のホームページにある交際費等のQ&Aにありますが、
5,000円を超えた場合は全額交際費に該当するとなっています。

返信

9. Re: 交際費?

2007/02/21 15:22

かめへん

神の領域

編集

個人的には、5,000円という金額で区切るのはどうかとは思います。
(もちろん、それぞれ会社の判断とは思いますが)

実際の内容によって、福利厚生費となるものであれば、福利厚生費、交際費に該当するものは交際費として処理すべきもので、高額なものでも福利厚生費に該当するものはあると思いますし、逆に少額であっても交際費に該当するものはいくらでもあるものと思います。
(もちろん、社外の者との飲食費等については、一定の要件を満たす前提で単価5千円以下のものは損金不算入の対象外とはなりますが)

おそらくpotetoさんの回答の趣旨は、常識的な金額がわかりにくいので5千円で線引きしては、という事と思いますが、それを見た人によっては、5千円という金額が一人歩きしてしまうような気がして、どうかな〜、という気はします。

下記サイトもご参考にされて下さい。
http://bizplus.nikkei.co.jp/genre/zaimu/rensai/point.cfm?i=20051215int01z1

>実際には行われた飲食の実態が普通の忘年会であれば、福利厚生費で問題ないと思いますし、1人当たり5000円を超えてしまうのなら、超えた金額を交際費にするのも堅いやり方ですし、このあたりは企業の会計の裁量だと思いますよ。」

確かに、これを読むと、5000円を超える部分のみ交際費とするように取れるので、それは不可、と思いますが、そうでなく、5000円を超えるものは、その全額を交際費とするということであれば、わかりますが。

個人的には、5,000円という金額で区切るのはどうかとは思います。
(もちろん、それぞれ会社の判断とは思いますが)

実際の内容によって、福利厚生費となるものであれば、福利厚生費、交際費に該当するものは交際費として処理すべきもので、高額なものでも福利厚生費に該当するものはあると思いますし、逆に少額であっても交際費に該当するものはいくらでもあるものと思います。
(もちろん、社外の者との飲食費等については、一定の要件を満たす前提で単価5千円以下のものは損金不算入の対象外とはなりますが)

おそらくpotetoさんの回答の趣旨は、常識的な金額がわかりにくいので5千円で線引きしては、という事と思いますが、それを見た人によっては、5千円という金額が一人歩きしてしまうような気がして、どうかな〜、という気はします。

下記サイトもご参考にされて下さい。
http://bizplus.nikkei.co.jp/genre/zaimu/rensai/point.cfm?i=20051215int01z1

>実際には行われた飲食の実態が普通の忘年会であれば、福利厚生費で問題ないと思いますし、1人当たり5000円を超えてしまうのなら、超えた金額を交際費にするのも堅いやり方ですし、このあたりは企業の会計の裁量だと思いますよ。」

確かに、これを読むと、5000円を超える部分のみ交際費とするように取れるので、それは不可、と思いますが、そうでなく、5000円を超えるものは、その全額を交際費とするということであれば、わかりますが。

返信

10. Re: 交際費?

2007/02/21 16:39

ぽてと

すごい常連さん

編集

かめへんさんお久しぶりです。

>5000円を超える部分のみ交際費とするように取れるので、それは不可、と思いますが、そうでなく、5000円を超えるものは、その全額を交際費とするということであれば、わかりますが。

やはり書き方に問題があるようなので、大変申し訳ありませんでした。

少し気になった点があるのですが、5000円を超える部分だけを交際費と言うのは不可なのでしょうか?
弊社の忘年会では一定金額までを会社負担とし、それ以上掛るようなら個人負担で忘年会をやってもらうようにしていました。(現在は全額個人負担ですが、、、)
その年によってやり方が異なっており、5000円を超えても会社負担としていた年は、超過分だけ交際費に計上していましたが、問題ありでしょうか?
何も言われた事無かったのですが、少し不安になってきました(汗)

話は戻りますが、確かに明確な基準がある訳では無いので、5000円が一人歩きしてしまう可能性のある表現は問題があったと思います。

改めて「通常要する費用」とは、明確な金額基準がある訳では無いので、行われた実態に基づいて個別に判断する必要があると思います。
これを踏まえて1人辺り5000円未満の飲食であれば、逸脱した費用とはいえないと思うので、福利厚生費で問題は無いと思いました。

かめへんさんお久しぶりです。

>5000円を超える部分のみ交際費とするように取れるので、それは不可、と思いますが、そうでなく、5000円を超えるものは、その全額を交際費とするということであれば、わかりますが。

やはり書き方に問題があるようなので、大変申し訳ありませんでした。

少し気になった点があるのですが、5000円を超える部分だけを交際費と言うのは不可なのでしょうか?
弊社の忘年会では一定金額までを会社負担とし、それ以上掛るようなら個人負担で忘年会をやってもらうようにしていました。(現在は全額個人負担ですが、、、)
その年によってやり方が異なっており、5000円を超えても会社負担としていた年は、超過分だけ交際費に計上していましたが、問題ありでしょうか?
何も言われた事無かったのですが、少し不安になってきました(汗)

話は戻りますが、確かに明確な基準がある訳では無いので、5000円が一人歩きしてしまう可能性のある表現は問題があったと思います。

改めて「通常要する費用」とは、明確な金額基準がある訳では無いので、行われた実態に基づいて個別に判断する必要があると思います。
これを踏まえて1人辺り5000円未満の飲食であれば、逸脱した費用とはいえないと思うので、福利厚生費で問題は無いと思いました。

返信

11. Re: 交際費?

2007/02/21 20:44

かめへん

神の領域

編集

>少し気になった点があるのですが、5000円を超える部分だけを交際費と言うのは不可なのでしょうか?
>弊社の忘年会では一定金額までを会社負担とし、それ以上掛るようなら個人負担で忘年会をやってもらうようにしていました。(現在は全額個人負担ですが、、、)
>その年によってやり方が異なっており、5000円を超えても会社負担としていた年は、超過分だけ交際費に計上していましたが、問題ありでしょうか?

会社での基準と税法上の基準が一致するとは限らないかもしれませんが、それは置いておいて、福利厚生費としての「通常要する費用」を超えていて、交際費と認められるものであれば、その取引全体が交際費に該当するものと思いますので、5000円を超える部分だけ交際費と言う訳にはいかないと思います。
ただ、会社の管理上で科目を分けても構いませんが、福利厚生費で処理した部分も申告書上では、交際費として処理すべき事となります。

例えは違いますが、従業員プラス取引先で飲みに行ったような場合、その行為全体が、従業員慰安ではなく、接待と言うか親睦目的とされ、交際費扱いになる訳で、そのうちの従業員の人数分が福利厚生費となる訳ではありませんので。

>少し気になった点があるのですが、5000円を超える部分だけを交際費と言うのは不可なのでしょうか?
>弊社の忘年会では一定金額までを会社負担とし、それ以上掛るようなら個人負担で忘年会をやってもらうようにしていました。(現在は全額個人負担ですが、、、)
>その年によってやり方が異なっており、5000円を超えても会社負担としていた年は、超過分だけ交際費に計上していましたが、問題ありでしょうか?

会社での基準と税法上の基準が一致するとは限らないかもしれませんが、それは置いておいて、福利厚生費としての「通常要する費用」を超えていて、交際費と認められるものであれば、その取引全体が交際費に該当するものと思いますので、5000円を超える部分だけ交際費と言う訳にはいかないと思います。
ただ、会社の管理上で科目を分けても構いませんが、福利厚生費で処理した部分も申告書上では、交際費として処理すべき事となります。

例えは違いますが、従業員プラス取引先で飲みに行ったような場合、その行為全体が、従業員慰安ではなく、接待と言うか親睦目的とされ、交際費扱いになる訳で、そのうちの従業員の人数分が福利厚生費となる訳ではありませんので。

返信

12. Re: 交際費?

2007/02/22 10:01

ぽてと

すごい常連さん

編集

>福利厚生費としての「通常要する費用」を超えていて、交際費と認められるものであれば、その取引全体が交際費に該当するものと思いますので、5000円を超える部分だけ交際費と言う訳にはいかないと思います。

弊社では通常忘年会と言うイベントに対して、会社負担は5000円までと言う暗黙の規定がありました。(念の為社内規定を見てみましたが、明記は無かったです)
これに従って、5000円を超える部分は社員負担で集金する年もあれば、全額を負担してあげる事もあり、そう言った事情で科目を分けていました。

>会社の管理上で科目を分けても構いませんが、福利厚生費で処理した部分も申告書上では、交際費として処理すべき事となります。

特に修正はしてないと思います。。。
弊社では通常社員負担分にするところを、会社側で負担してあげたと言う解釈で、この処理をしています。
実際には数万円程度で終ってしまう話なので、大したものではないのですが、税理士さんにも特に何か言われた事も無いので問題はないと思っていました。
もう一度相談して見ます。

福利厚生費としての「通常要する費用」を超えていて、交際費と認められるものであれば、その取引全体が交際費に該当するものと思いますので、5000円を超える部分だけ交際費と言う訳にはいかないと思います。

弊社では通常忘年会と言うイベントに対して、会社負担は5000円までと言う暗黙の規定がありました。(念の為社内規定を見てみましたが、明記は無かったです)
これに従って、5000円を超える部分は社員負担で集金する年もあれば、全額を負担してあげる事もあり、そう言った事情で科目を分けていました。

>会社の管理上で科目を分けても構いませんが、福利厚生費で処理した部分も申告書上では、交際費として処理すべき事となります。

特に修正はしてないと思います。。。
弊社では通常社員負担分にするところを、会社側で負担してあげたと言う解釈で、この処理をしています。
実際には数万円程度で終ってしまう話なので、大したものではないのですが、税理士さんにも特に何か言われた事も無いので問題はないと思っていました。
もう一度相談して見ます。

返信

13. Re: 交際費?

2007/02/22 11:49

編集

potetoさん、横レスすみませんでした。

かめへんさんから頂いたコメント通りのことを、私も考えておりました。
また、全額が交際費である場合は、最近の国税庁Q&Aからそのスタンスが見えるのですが、差額如何に関わらず、全額が交際費扱いかと考えております。

potetoさん、横レスすみませんでした。

かめへんさんから頂いたコメント通りのことを、私も考えておりました。
また、全額が交際費である場合は、最近の国税庁Q&Aからそのスタンスが見えるのですが、差額如何に関わらず、全額が交際費扱いかと考えております。

返信

1件〜13件 (全13件)
| 1 |
役に立った

0人がこのQ&Aが役に立ったと投票しています