•  

助け合い

経理、労務、総務のことでわからないこと、利用者同士で助け合いを目的とした掲示板です。ルールを守ってご利用くださいませ。

スポンサーリンク

専従者の届けをしてなければ・・・

質問 回答受付中

専従者の届けをしてなければ・・・

2007/01/18 14:43

ginchan

おはつ

回答数:2

編集

こんにちわ。
次のような場合、控除、または経費として参入できる可能性はやっぱりゼロでしょうか?
不細工な質問だとわかっていますが、できればお教えください。

私は個人事業主です。
長女21歳は昨年6月まで近所のスーパーでアルバイトをしていました。
年間にするとこのアルバイトで得た所得は\480,000でした。
7月から資格を取るためアルバイトは辞め、
月5回ほど経理の学校に通っています。
それ以外は事務所の掃除、伝票整理と経費入力を
手伝ってもらっていました。
難しい仕事ではないですが、対価として月々5万円を渡していました。
彼女は扶養控除の対象にはなりませんよね?(380,000円超えてるので)
そして、専従者給与の変更届を出していなければ、この月々の5万円(5万円×6ヶ月分=30万円)は全額、給与扱いにもでききないのでしょうか?

こんにちわ。
次のような場合、控除、または経費として参入できる可能性はやっぱりゼロでしょうか?
不細工な質問だとわかっていますが、できればお教えください。

私は個人事業主です。
長女21歳は昨年6月まで近所のスーパーでアルバイトをしていました。
年間にするとこのアルバイトで得た所得は\480,000でした。
7月から資格を取るためアルバイトは辞め、
月5回ほど経理の学校に通っています。
それ以外は事務所の掃除、伝票整理と経費入力を
手伝ってもらっていました。
難しい仕事ではないですが、対価として月々5万円を渡していました。
彼女は扶養控除の対象にはなりませんよね?(380,000円超えてるので)
そして、専従者給与の変更届を出していなければ、この月々の5万円(5万円×6ヶ月分=30万円)は全額、給与扱いにもでききないのでしょうか?

この質問に回答
回答一覧
並び順:
表示:
1件〜2件 (全2件)
| 1 |

1. Re: 専従者の届けをしてなければ・・・

2007/01/18 15:12

かめへん

神の領域

編集

長女の方と生計を一にされているのであれば、事前に青色事業専従者給与に関する届出書を提出していなければ、実際に働かれて、それに対して給料を支払ったとしても、一切必要経費とする事はできません。
ご本人についても、その分は所得とはならない事になります。

ですから、扶養の判定は、6月までのアルバイトの分のみで行う事となり、その所得金額が38万円以下(給与収入ベースでは103万円以下)でなければ扶養に入る事もできない事となります。

所得が48万円というのが、給与所得控除後の所得金額が48万円という事であれば、残念ながら扶養には入れない事となりますが、そうでなく、給与収入が48万円だったのであれば、給与所得控除後の所得金額は0円となりますので、扶養に入れる事となります。

長女の方と生計を一にされているのであれば、事前に青色事業専従者給与に関する届出書を提出していなければ、実際に働かれて、それに対して給料を支払ったとしても、一切必要経費とする事はできません。
ご本人についても、その分は所得とはならない事になります。

ですから、扶養の判定は、6月までのアルバイトの分のみで行う事となり、その所得金額が38万円以下(給与収入ベースでは103万円以下)でなければ扶養に入る事もできない事となります。

所得が48万円というのが、給与所得控除後の所得金額が48万円という事であれば、残念ながら扶養には入れない事となりますが、そうでなく、給与収入が48万円だったのであれば、給与所得控除後の所得金額は0円となりますので、扶養に入れる事となります。

返信

2. Re: 専従者の届けをしてなければ・・・

2007/01/18 15:27

ginchan

おはつ

編集

ご回答いただきありがとうございました。

給与収入が48万円でした・・・。
扶養に入れるんですね(ホッ)

聞くは一時の恥と思い、お尋ねしました。
ありがとうございました。

ご回答いただきありがとうございました。

給与収入が48万円でした・・・。
扶養に入れるんですね(ホッ)

聞くは一時の恥と思い、お尋ねしました。
ありがとうございました。

返信

1件〜2件 (全2件)
| 1 |
役に立った

0人がこのQ&Aが役に立ったと投票しています