•  

助け合い

経理、労務、総務のことでわからないこと、利用者同士で助け合いを目的とした掲示板です。ルールを守ってご利用くださいませ。

スポンサーリンク

退職金の処理について

質問 回答受付中

退職金の処理について

2006/05/31 20:45

keiko95

ちょい参加

回答数:5

編集

またまたお世話になります。教えてください。
退職金の処理についてですが、退職金が1000万あるのですが
お金がないため500万しか支払いをしてません。今回決算がくるのですが残りの500万は経費として計上しても良いのでしょうか?支払うのはいつになるかわかりません。こういった場合税務上問題とかあるのでしょうか?どなたか詳しい方よろしくお願いいたします。

またまたお世話になります。教えてください。
退職金の処理についてですが、退職金が1000万あるのですが
お金がないため500万しか支払いをしてません。今回決算がくるのですが残りの500万は経費として計上しても良いのでしょうか?支払うのはいつになるかわかりません。こういった場合税務上問題とかあるのでしょうか?どなたか詳しい方よろしくお願いいたします。

この質問に回答
回答

Re: 退職金の処理について

2006/05/31 21:32

crazy_cat

おはつ

編集

keiko95さん、一つ質問があります。
今回の退職金は、役員に対するものですか? それとも従業員に対するものですか?
退職金支払い側の税務上の扱いが若干異なりますので、教えてください。

keiko95さん、一つ質問があります。
今回の退職金は、役員に対するものですか? それとも従業員に対するものですか?
退職金支払い側の税務上の扱いが若干異なりますので、教えてください。

返信

回答一覧
並び順:
表示:
1件〜5件 (全5件)
| 1 |

1. Re: 退職金の処理について

2006/05/31 21:32

crazy_cat

おはつ

編集

keiko95さん、一つ質問があります。
今回の退職金は、役員に対するものですか? それとも従業員に対するものですか?
退職金支払い側の税務上の扱いが若干異なりますので、教えてください。

keiko95さん、一つ質問があります。
今回の退職金は、役員に対するものですか? それとも従業員に対するものですか?
退職金支払い側の税務上の扱いが若干異なりますので、教えてください。

返信

2. Re: 退職金の処理について

2006/06/15 20:17

keiko95

ちょい参加

編集

遅くなりまして申し訳ありませんでした。最近まで入院していたもので・・・・。質問についてですが、役員に対する退職金となります。説明不足で申し訳ありませんでした。またご教授よろしくお願いいたします。

遅くなりまして申し訳ありませんでした。最近まで入院していたもので・・・・。質問についてですが、役員に対する退職金となります。説明不足で申し訳ありませんでした。またご教授よろしくお願いいたします。

返信

3. Re: 退職金の処理について

2006/06/15 22:51

umi

常連さん

編集

役員退職金だと、不相当に高額な部分が損金不算入となるわけですから、「払えもしない退職給与を費用にしているのは利益調整じゃないのか」といわれたときに反論できるようにする必要があると思います。

役員退職金だと、不相当に高額な部分が損金不算入となるわけですから、「払えもしない退職給与を費用にしているのは利益調整じゃないのか」といわれたときに反論できるようにする必要があると思います。

返信

4. Re: 退職金の処理について

2006/06/20 20:29

keiko95

ちょい参加

編集

ありがとうございました。参考になりました。一応、勤続年数に見合った退職金の計算をしていますので、その心配はないと思われます。安心しました。

ありがとうございました。参考になりました。一応、勤続年数に見合った退職金の計算をしていますので、その心配はないと思われます。安心しました。

返信

5. Re: 退職金の処理について

2006/06/21 01:17

umi

常連さん

編集

以下雑談ですが。

最近、上場企業を中心に、役員報酬を成果主義にして退職金を廃止する例が相次いでいます。

そもそも役員というのは、会社との委任契約に基づいて会社の経営をしているわけですから、時間に縛られて働く従業員とは報酬体系が異なって当たり前といえば当たり前なのです。
そういうアメリカ型の考え方がいいか悪いかは別として、会社法ではその色がより濃くなっています。

そんな中で、勤続年数に応じて退職金が増えるという考え方も、役員に限ってはどんどん通用しなくなってきています。いずれは「成果」=利益=キャッシュを増やしていない役員にどうして退職金を払うのですか?と突っ込まれる日が来るかもしれませんね。

以下雑談ですが。

最近、上場企業を中心に、役員報酬を成果主義にして退職金を廃止する例が相次いでいます。

そもそも役員というのは、会社との委任契約に基づいて会社の経営をしているわけですから、時間に縛られて働く従業員とは報酬体系が異なって当たり前といえば当たり前なのです。
そういうアメリカ型の考え方がいいか悪いかは別として、会社法ではその色がより濃くなっています。

そんな中で、勤続年数に応じて退職金が増えるという考え方も、役員に限ってはどんどん通用しなくなってきています。いずれは「成果」=利益=キャッシュを増やしていない役員にどうして退職金を払うのですか?と突っ込まれる日が来るかもしれませんね。

返信

1件〜5件 (全5件)
| 1 |
役に立った

0人がこのQ&Aが役に立ったと投票しています