•  

助け合い

経理、労務、総務のことでわからないこと、利用者同士で助け合いを目的とした掲示板です。ルールを守ってご利用くださいませ。

スポンサーリンク

商品化権ライセンス契約

質問 回答受付中

商品化権ライセンス契約

2006/02/15 11:31

ajapa

積極参加

回答数:2

編集

この掲示板にはいつもお世話になってます。
初めて質問させていただきます。

弊社である製品の加工会社と商品化権ライセンス契約
というものを結びました。
特定商品の使用・販売を独占的に許諾するという内容
なのですが、これは営業権に該当するものでしょうか。

さらにややこしいことに、これに対するライセンス料の支払が
数度に渡って行っており(前渡しという形で)、
契約自体の成立は期末となっている場合、
初年度の償却費はゼロでいいんでしょうか。

ご教授いただければ幸いです。

この掲示板にはいつもお世話になってます。
初めて質問させていただきます。

弊社である製品の加工会社と商品化権ライセンス契約
というものを結びました。
特定商品の使用・販売を独占的に許諾するという内容
なのですが、これは営業権に該当するものでしょうか。

さらにややこしいことに、これに対するライセンス料の支払が
数度に渡って行っており(前渡しという形で)、
契約自体の成立は期末となっている場合、
初年度の償却費はゼロでいいんでしょうか。

ご教授いただければ幸いです。

この質問に回答
回答一覧
並び順:
表示:
1件〜2件 (全2件)
| 1 |

1. Re: 商品化権ライセンス契約

2006/02/15 22:04

おけ

さらにすごい常連さん

編集

まず、営業権というのは字面とは違う意味を持っていまして、
「営業をするための権利」ではないんです。
いってみれば会社などを買収するときの評価額と買取額との差額を意味します。
そのため、今回の商品化権は、簿記会計でいうところの営業権ではありません。

勘定科目は、そのままズバリの「独占的販売権」というのを中心に、
公開会社などの他社事例を参考になさってみてはいかがでしょうか。

償却費については、契約の開始日が期末日であれば、
期末日1日分を計上する必要があります。
ただし、このような権利は通常は月割り計上をするものなので、
結局のところ、1か月分の償却費を計上することになります。

もちろん、契約の開始日が翌期首であれば、当期の償却費はゼロです。

まず、営業権というのは字面とは違う意味を持っていまして、
「営業をするための権利」ではないんです。
いってみれば会社などを買収するときの評価額と買取額との差額を意味します。
そのため、今回の商品化権は、簿記会計でいうところの営業権ではありません。

勘定科目は、そのままズバリの「独占的販売権」というのを中心に、
公開会社などの他社事例を参考になさってみてはいかがでしょうか。

償却費については、契約の開始日が期末日であれば、
期末日1日分を計上する必要があります。
ただし、このような権利は通常は月割り計上をするものなので、
結局のところ、1か月分の償却費を計上することになります。

もちろん、契約の開始日が翌期首であれば、当期の償却費はゼロです。

返信

2. Re: 商品化権ライセンス契約

2006/02/16 10:12

ajapa

積極参加

編集

返信ありがとうございます。

内容からして無形固定資産なり税法上の繰延資産なりの
どこかに入るのかなと思いつつ、
耐用年数がわからず処理に困っておりました。
他社の事例を元に、契約内容の近いものを探してみる事にします。

〉償却費については、契約の開始日が期末日であれば、
〉期末日1日分を計上する必要があります。

そうですよね。勘違いしてました…。
ありがとうございます。

返信ありがとうございます。

内容からして無形固定資産なり税法上の繰延資産なりの
どこかに入るのかなと思いつつ、
耐用年数がわからず処理に困っておりました。
他社の事例を元に、契約内容の近いものを探してみる事にします。

〉償却費については、契約の開始日が期末日であれば、
〉期末日1日分を計上する必要があります。

そうですよね。勘違いしてました…。
ありがとうございます。

返信

1件〜2件 (全2件)
| 1 |
役に立った

0人がこのQ&Aが役に立ったと投票しています