•  

助け合い

経理、労務、総務のことでわからないこと、利用者同士で助け合いを目的とした掲示板です。ルールを守ってご利用くださいませ。

スポンサーリンク

扶養家族に今年から入れますか?

質問 回答受付中

扶養家族に今年から入れますか?

2005/02/24 12:49

hanabi

おはつ

回答数:3

編集

今年の1月に父親が亡くなりました。同居の母親(62歳)を扶養家族(所得税)に入れたいと思っていますが、年末調整の時に入れられますか?母親はパート収入で年間50万円ですが、今年は死亡保険金の収入(100万円)があるから入れられないと聞きました。本当ですか?

今年の1月に父親が亡くなりました。同居の母親(62歳)を扶養家族(所得税)に入れたいと思っていますが、年末調整の時に入れられますか?母親はパート収入で年間50万円ですが、今年は死亡保険金の収入(100万円)があるから入れられないと聞きました。本当ですか?

この質問に回答
回答一覧
並び順:
表示:
1件〜3件 (全3件)
| 1 |

1. Re: 扶養家族に今年から入れますか?

2005/02/24 16:56

さっち

ちょい参加

編集

レスがつかないようなので。。。

保険料の負担者、保険金受取人、被保険者の関係を書かれると
コメントしやすくなると思います。ご参考に。

http://www.taxanswer.nta.go.jp/1750.htm

お尋ねは、所得税についてですね?
社会保険は大丈夫ですか?

レスがつかないようなので。。。

保険料の負担者、保険金受取人、被保険者の関係を書かれると
コメントしやすくなると思います。ご参考に。

http://www.taxanswer.nta.go.jp/1750.htm

お尋ねは、所得税についてですね?
社会保険は大丈夫ですか?

返信

2. Re: 扶養家族に今年から入れますか?

2005/02/24 17:54

かめへん

神の領域

編集

扶養というのは、所得税の事でしょうか?健康保険の事でしょうか?

まず所得税の方から説明しますと、所得税の扶養に入れるのは、1月〜12月までの所得金額が38万円以下の場合で、パート等の給与所得の場合は、収入金額から給与所得控除額を控除した後の金額が所得金額となりますので、最低でも65万円の給与所得控除額がありますので、年間50万円であれば、給与所得に関しては所得金額は0円となります。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/1180.htm

死亡保険金の収入ですが、受取人がお母様と仮定して、その保険料を誰が支払っていたかによって税目が変わってきます。

お父様が支払っていたものであれば、相続財産となり、相続税の対象となりますので、所得税の扶養の判定の際の所得には含まれてきません。
(相続税の方も「500万円×法定相続人の数」までの非課税がありますので、これについては相続税はかかってきません)

もしお母様自身が保険料を支払っていたのであれば、一時所得としてお母様の所得となりますが、実際に支払った保険料は必要経費として差し引けますし、そこからさらに特別控除額50万円が引けますので、おそらく所得金額は0円か、少額で、38万円以下に収まるものと思います。

もし、それ以外の第三者、例えばhanabiさんとかが保険料を支払っていたものについて、お母様が保険金を受け取った場合は、贈与税の対象となりますが、所得税には関係ありませんので、扶養には入れるものと思います。

いずれにしても、おそらく所得税の扶養には問題なく入れるのでは、と思います。


次に、健康保険の扶養に入ることができるのは、向こう1年間の収入見込み額がおおむね130万円未満の場合で、こちらは収入金額で見ますので、パート収入については50万円ですが、但し、恒常的な収入に限られますので、保険金収入のような臨時的な収入は含めずに判定しますので、健康保険の方も問題なく扶養に入れるような気がします。


それと、ついでに書き加えると、お父様について、所得税については亡くなられた年までは扶養に入れる事が可能ですので、お父様の所得金額が38万円以下であれば、年末調整の際に会社に報告すれば扶養控除として控除が可能ですので、ぜひそうされたら良いと思います。
参考までに、給与所得の場合の必要経費代わりとなる給与所得控除額は下記サイトで計算できます。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/1410.htm
公的年金の場合の、必要経費代わりとなる公的年金等控除額は下記サイトで計算できます。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/1600.htm

扶養というのは、所得税の事でしょうか?健康保険の事でしょうか?

まず所得税の方から説明しますと、所得税の扶養に入れるのは、1月〜12月までの所得金額が38万円以下の場合で、パート等の給与所得の場合は、収入金額から給与所得控除額を控除した後の金額が所得金額となりますので、最低でも65万円の給与所得控除額がありますので、年間50万円であれば、給与所得に関しては所得金額は0円となります。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/1180.htm

死亡保険金の収入ですが、受取人がお母様と仮定して、その保険料を誰が支払っていたかによって税目が変わってきます。

お父様が支払っていたものであれば、相続財産となり、相続税の対象となりますので、所得税の扶養の判定の際の所得には含まれてきません。
(相続税の方も「500万円×法定相続人の数」までの非課税がありますので、これについては相続税はかかってきません)

もしお母様自身が保険料を支払っていたのであれば、一時所得としてお母様の所得となりますが、実際に支払った保険料は必要経費として差し引けますし、そこからさらに特別控除額50万円が引けますので、おそらく所得金額は0円か、少額で、38万円以下に収まるものと思います。

もし、それ以外の第三者、例えばhanabiさんとかが保険料を支払っていたものについて、お母様が保険金を受け取った場合は、贈与税の対象となりますが、所得税には関係ありませんので、扶養には入れるものと思います。

いずれにしても、おそらく所得税の扶養には問題なく入れるのでは、と思います。


次に、健康保険の扶養に入ることができるのは、向こう1年間の収入見込み額がおおむね130万円未満の場合で、こちらは収入金額で見ますので、パート収入については50万円ですが、但し、恒常的な収入に限られますので、保険金収入のような臨時的な収入は含めずに判定しますので、健康保険の方も問題なく扶養に入れるような気がします。


それと、ついでに書き加えると、お父様について、所得税については亡くなられた年までは扶養に入れる事が可能ですので、お父様の所得金額が38万円以下であれば、年末調整の際に会社に報告すれば扶養控除として控除が可能ですので、ぜひそうされたら良いと思います。
参考までに、給与所得の場合の必要経費代わりとなる給与所得控除額は下記サイトで計算できます。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/1410.htm
公的年金の場合の、必要経費代わりとなる公的年金等控除額は下記サイトで計算できます。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/1600.htm

返信

3. Re: 扶養家族に今年から入れますか?

2005/03/01 12:29

hanabi

おはつ

編集

ご回答有難うございました。
本当に助かりました。私の母親の場合は「相続税」になるようなので、
今年から扶養家族に入れようと思います。
HP等も大変ためになりました。

ちなみに健康保険での扶養家族の件ですが、会社に打診した所、

・私には兄(ちなみに別居・健康保険は会社の社会保険組合)がいるからダメ。
(社会保険では第一子がいる場合はそちらで入る事になっている)

・兄の会社でも無理な場合でも、母親が死亡保険金を受け取ってる今年はダメ。

との回答を貰いました。無知な私でもおかしいと思い、
「兄と疎遠になってる場合や勘当・行方不明の場合では?」と聞くと
「社会保険事務所は実際に誰が扶養しているかは問題ではない。」との返事でした。
社会保険事務所に出かけ、その旨を話すと兄は別居であるし全く問題ないとの事。

すべては、扶養家族に入れた事による「住宅手当」や「家族手当」を出したく無い為の嘘だと分かりました。
私は手当てが欲しい訳ではなく、健康保険証が欲しかっただけでしたのに、
かなり頭に来ましたし呆れました。

その後会社より、今回の母親を扶養家族を入れるにあたっての誓約書を書いてくれたら、
手続を取ると言われました。
誓約書の内容は手当ては「単身者」扱いで良いですというものです。
自分の会社の労働がこんな最低レベルだとは思いませんでした。

どこの会社もこのような事が起っているのでしょうか??

とは言え、今回の事ですごく勉強になりました。
この掲示版から得られるものはとても大きいですね。
有難うございました。

ご回答有難うございました。
本当に助かりました。私の母親の場合は「相続税」になるようなので、
今年から扶養家族に入れようと思います。
HP等も大変ためになりました。

ちなみに健康保険での扶養家族の件ですが、会社に打診した所、

・私には兄(ちなみに別居・健康保険は会社の社会保険組合)がいるからダメ。
(社会保険では第一子がいる場合はそちらで入る事になっている)

・兄の会社でも無理な場合でも、母親が死亡保険金を受け取ってる今年はダメ。

との回答を貰いました。無知な私でもおかしいと思い、
「兄と疎遠になってる場合や勘当・行方不明の場合では?」と聞くと
「社会保険事務所は実際に誰が扶養しているかは問題ではない。」との返事でした。
社会保険事務所に出かけ、その旨を話すと兄は別居であるし全く問題ないとの事。

すべては、扶養家族に入れた事による「住宅手当」や「家族手当」を出したく無い為の嘘だと分かりました。
私は手当てが欲しい訳ではなく、健康保険証が欲しかっただけでしたのに、
かなり頭に来ましたし呆れました。

その後会社より、今回の母親を扶養家族を入れるにあたっての誓約書を書いてくれたら、
手続を取ると言われました。
誓約書の内容は手当ては「単身者」扱いで良いですというものです。
自分の会社の労働がこんな最低レベルだとは思いませんでした。

どこの会社もこのような事が起っているのでしょうか??

とは言え、今回の事ですごく勉強になりました。
この掲示版から得られるものはとても大きいですね。
有難うございました。

返信

1件〜3件 (全3件)
| 1 |
役に立った

0人がこのQ&Aが役に立ったと投票しています