•  

助け合い

経理、労務、総務のことでわからないこと、利用者同士で助け合いを目的とした掲示板です。ルールを守ってご利用くださいませ。

スポンサーリンク

源泉徴収税額について

質問 回答受付中

源泉徴収税額について

2018/09/01 23:20

himawari8

常連さん

回答数:1

編集

個人事業主です。いつも、ご教授いただきありがとうございます。
上記題名のご質問で、
300,000+24,000(消費税)=324,000の請求の場合、源泉徴収額は300,000×10.21%=30,630となるかと思いますが、あっていますでしょうか?
取引先より、前述の請求で、292,830が振り込まれ、この場合源泉徴収税が300,000-292,830=31,170となり計算があわないので、自分の計算が間違っているかと思いご質問させていただきました。
源泉徴収税のことが、いまひとつ理解できていないのですが、教えて頂けると助かります。よろしくお願いいたします。

個人事業主です。いつも、ご教授いただきありがとうございます。
上記題名のご質問で、
300,000+24,000(消費税)=324,000の請求の場合、源泉徴収額は300,000×10.21%=30,630となるかと思いますが、あっていますでしょうか?
取引先より、前述の請求で、292,830が振り込まれ、この場合源泉徴収税が300,000-292,830=31,170となり計算があわないので、自分の計算が間違っているかと思いご質問させていただきました。
源泉徴収税のことが、いまひとつ理解できていないのですが、教えて頂けると助かります。よろしくお願いいたします。

この質問に回答
回答一覧
並び順:
表示:
1件〜1件 (全1件)
| 1 |

1. Re:源泉徴収税額について

2018/09/02 09:05

efu

すごい常連さん

編集

請求書に税抜額と消費税額が明記されている場合の源泉税額は税抜額×10.21%で間違いありません(消費税額を明記していない税込金額での請求については税込金額×10.21%)。

ご質問の振込み差額は振込手数料(500円+消費税40円)と推測できます。
先方が振込手数料を貴社負担で振り込んだためです。

請求額324,000円(300,000+24,000)
源泉税30,630円(300,000×10.21%)
差引請求額293,370円

(上記の会計処理)※税抜経理の場合
売掛金293,370/売上300,000+仮受消費税24,000
仮払源泉税30,630/


振込額292,830円
誤差540円(振込手数料と推測)

(上記の会計処理)
普通預金292,830/売掛金293,370
支払手数料500+仮払消費税40/

請求書に税抜額と消費税額が明記されている場合の源泉税額は税抜額×10.21%で間違いありません(消費税額を明記していない税込金額での請求については税込金額×10.21%)。

ご質問の振込み差額は振込手数料(500円+消費税40円)と推測できます。
先方が振込手数料を貴社負担で振り込んだためです。

請求額324,000円(300,000+24,000)
源泉税30,630円(300,000×10.21%)
差引請求額293,370円

(上記の会計処理)※税抜経理の場合
売掛金293,370/売上300,000+仮受消費税24,000
仮払源泉税30,630/


振込額292,830円
誤差540円(振込手数料と推測)

(上記の会計処理)
普通預金292,830/売掛金293,370
支払手数料500+仮払消費税40/

返信

1件〜1件 (全1件)
| 1 |
役に立った

0人がこのQ&Aが役に立ったと投票しています