ばっちょろげ

おはつ

回答数:0

編集

居住用に利用していたマンション1室を、賃貸に出した際の青色申告の減価償却の方法について教えてください。


マンション1室については新築で購入したので、購入時の契約書に建物と土地については金額が分かれて記載されています。そのため、建物・土地については合理的に按分が可能です。

その後、その建物部分について建物と建物付属設備に分けようと考えているのですが、今さら建築主から工事明細を入手することはほぼ現実的ではありません。

この場合、青色申告としては
「建物付属設備も建物に含めて計算する」という方法がとれるもの考えてよいものなのでしょうか。
※わからないものは仕方が無いので、建物付属設備分の短い償却期間による節税メリットは諦める。

それが認められない場合、どうにかして合理的根拠を探して正確に建物と建物付属設備を按分しなくてはならないと思うのですが、実質的な節税効果とそれに対しての労力が見合わないので、できればやりたくないと考えています。

※固定資産税評価額の再建築費評点数表を構造別に集計するような手法が紹介されているのも見ましたが、構造別の分類方法の情報が見当たらず、そこまで正確に出来るのかという疑問もあります。

居住用に利用していたマンション1室を、賃貸に出した際の青色申告の減価償却の方法について教えてください。


マンション1室については新築で購入したので、購入時の契約書に建物と土地については金額が分かれて記載されています。そのため、建物・土地については合理的に按分が可能です。

その後、その建物部分について建物と建物付属設備に分けようと考えているのですが、今さら建築主から工事明細を入手することはほぼ現実的ではありません。

この場合、青色申告としては
建物付属設備建物に含めて計算する」という方法がとれるもの考えてよいものなのでしょうか。
※わからないものは仕方が無いので、建物付属設備分の短い償却期間による節税メリットは諦める。

それが認められない場合、どうにかして合理的根拠を探して正確に建物と建物付属設備を按分しなくてはならないと思うのですが、実質的な節税効果とそれに対しての労力が見合わないので、できればやりたくないと考えています。

固定資産税評価額の再建築費評点数表を構造別に集計するような手法が紹介されているのも見ましたが、構造別の分類方法の情報が見当たらず、そこまで正確に出来るのかという疑問もあります。