•  

助け合い

経理、労務、総務のことでわからないこと、利用者同士で助け合いを目的とした掲示板です。ルールを守ってご利用くださいませ。

標準報酬決定通知書

質問 回答受付中

標準報酬決定通知書

2014/08/26 22:52

crimson

おはつ

回答数:4

編集


従業員6人の小さな会社を夫と営んでいます。
今まで我流で事務を一人でやってきましたが。教えてくれる方がいないので困っています。初めて投稿します。よろしくおねがいします

先日、標準報酬決定通知書が届きました。従業員の4.5.6月分の残業と休日手当が多かったので保険料が320千円から410千円に上がってしまいました。固定的賃金が上がっていないので、年金事務所に確認したら、4.5.6月分の実績で決まるので、従業員の給与から決定された保険料を引いてくださいといわれました。
その後どのような書類をださなければいけないのかを聞きたかったのですがめんどくさそうに早口で対応されたので、申し訳なく早々に切ってしまいました。

質問 ヽГ気鵑硫饉劼任320千円から410千円に保険料があがってしまった従業員は基本給を40万円くらいに設定して残業・休日手当など無し にしてしまうのでしょうか?(本人は残業手当が無くなるとやる気がなくなると拒否しています。)このままで良いのか?

質問 △海譴ら提出しなければいけない書類などがあれば教えてください (月額変更届等)

わかりづらかったらすみません よろしくお願いします


従業員6人の小さな会社を夫と営んでいます。
今まで我流で事務を一人でやってきましたが。教えてくれる方がいないので困っています。初めて投稿します。よろしくおねがいします

先日、標準報酬決定通知書が届きました。従業員の4.5.6月分の残業と休日手当が多かったので保険料が320千円から410千円に上がってしまいました。固定的賃金が上がっていないので、年金事務所に確認したら、4.5.6月分の実績で決まるので、従業員の給与から決定された保険料を引いてくださいといわれました。
その後どのような書類をださなければいけないのかを聞きたかったのですがめんどくさそうに早口で対応されたので、申し訳なく早々に切ってしまいました。

質問 ヽГ気鵑硫饉劼任320千円から410千円に保険料があがってしまった従業員は基本給を40万円くらいに設定して残業・休日手当など無し にしてしまうのでしょうか?(本人は残業手当が無くなるとやる気がなくなると拒否しています。)このままで良いのか?

質問 △海譴ら提出しなければいけない書類などがあれば教えてください (月額変更届等)

わかりづらかったらすみません よろしくお願いします

この質問に回答
回答一覧
並び順:
表示:
1件〜4件 (全4件)
| 1 |

1. Re: 標準報酬決定通知書

2014/08/27 17:20

efu

すごい常連さん

編集

標準報酬月額の変更には次の2種類があります。

1.定時改定(定時決定ともいいます)
毎年4月〜6月の3カ月の平均支給額で標準報酬月額を決定します。支給額には非課税給与(通勤手当など)や時間外手当、休日出勤手当も含めます。従前の報酬月額との差は無関係です。この手続きを「算定基礎届」といいます。
この手続きによって決定した標準報酬月額から算出した保険料は9月分から改定となります。通常は10月に支給される給与から徴収される保険料から新しい保険料を適用します(翌月徴収)。

2.随時改定
給与の固定給部分に変更があった月から3カ月の平均支給額が従前の標準報酬月額と比較して2等級以上の差(注1)がある場合に「月額変更届」を提出して、4ヶ月目から標準報酬月額を変更します。時間外手当や休日出勤手当の変動給がいくら多くても固定給に変更がない限り月額変更手当の提出は必要ありません。逆に固定給部分がたとえ1円でも変更があれば提出の対象となります(2等級以上の差がでることが条件になりますが・・・)。(注2)

注1.従前の標準報酬月額が最低あるいは最高である方は1等級の差でも改定となる場合があります。
注2.固定給部分がアップしているのに平均支給額がダウンしている場合、逆に固定給部分がダウンしているのに平均支給額がアップしている場合は随時改定の対象にはなりません。

また4月〜6月に固定給部分の変更があり、従前の報酬月額との差が2等級以上となった場合は随時改定が優先されます。4月に固定給が変更された場合は4月〜6月の給与支給額で月額変更届を提出し、7月分の保険料から改定された保険料を適用します(通常は8月に支給される給与から徴収します)。5月に固定給の変更があった場合は8月分の保険料から、6月に固定給の変更があった場合は9月分の保険料からの変更です。

以上を踏まえて、ご質問の場合は4月〜6月に固定給部分の変更がなかったのですから、その3カ月の平均支給額で標準報酬月額が決定します。残業が多かったのであれば当然ながら標準報酬月額はアップします。算定基礎届の提出時に意識的に時間外手当や休日出勤手当を低く記入することは違法行為となります。実際に残業を減らして支給額を調整することは問題ありません。社員が文句を言おうと法律で決められたことですのでどうにもなりません。来年からは4月〜6月の残業を減らすことが可能であればそのようにしましょう。

また質問,両豺隋標準報酬月額が32万円から41万円にアップしたのであって、保険料が32万円から41万円にアップしたのではありません。標準報酬月額から保険料を算出して保険料のアップ分を計算してみてください。

質問■厳邂聞澆竜詬燭埜把蟲詆分を減らし2等級以上の差が出るように調整し月額変更届を提出すれば4か月目からは低い報酬月額にすることは可能ですが、虚偽の金額を記入したり給与規定などを逸脱しないようにしてください。その際、賃金台帳や源泉徴収簿、出勤簿の提出を言われる可能性があります。改ざんしたりしないでくださいね。

標準報酬月額の変更には次の2種類があります。

1.定時改定(定時決定ともいいます)
毎年4月〜6月の3カ月の平均支給額で標準報酬月額を決定します。支給額には非課税給与(通勤手当など)や時間外手当、休日出勤手当も含めます。従前の報酬月額との差は無関係です。この手続きを「算定基礎届」といいます。
この手続きによって決定した標準報酬月額から算出した保険料は9月分から改定となります。通常は10月に支給される給与から徴収される保険料から新しい保険料を適用します(翌月徴収)。

2.随時改定
給与の固定給部分に変更があった月から3カ月の平均支給額が従前の標準報酬月額と比較して2等級以上の差(注1)がある場合に「月額変更届」を提出して、4ヶ月目から標準報酬月額を変更します。時間外手当や休日出勤手当の変動給がいくら多くても固定給に変更がない限り月額変更手当の提出は必要ありません。逆に固定給部分がたとえ1円でも変更があれば提出の対象となります(2等級以上の差がでることが条件になりますが・・・)。(注2)

注1.従前の標準報酬月額が最低あるいは最高である方は1等級の差でも改定となる場合があります。
注2.固定給部分がアップしているのに平均支給額がダウンしている場合、逆に固定給部分がダウンしているのに平均支給額がアップしている場合は随時改定の対象にはなりません。

また4月〜6月に固定給部分の変更があり、従前の報酬月額との差が2等級以上となった場合は随時改定が優先されます。4月に固定給が変更された場合は4月〜6月の給与支給額で月額変更届を提出し、7月分の保険料から改定された保険料を適用します(通常は8月に支給される給与から徴収します)。5月に固定給の変更があった場合は8月分の保険料から、6月に固定給の変更があった場合は9月分の保険料からの変更です。

以上を踏まえて、ご質問の場合は4月〜6月に固定給部分の変更がなかったのですから、その3カ月の平均支給額で標準報酬月額が決定します。残業が多かったのであれば当然ながら標準報酬月額はアップします。算定基礎届の提出時に意識的に時間外手当や休日出勤手当を低く記入することは違法行為となります。実際に残業を減らして支給額を調整することは問題ありません。社員が文句を言おうと法律で決められたことですのでどうにもなりません。来年からは4月〜6月の残業を減らすことが可能であればそのようにしましょう。

また質問,両豺隋標準報酬月額が32万円から41万円にアップしたのであって、保険料が32万円から41万円にアップしたのではありません。標準報酬月額から保険料を算出して保険料のアップ分を計算してみてください。

質問■厳邂聞澆竜詬燭埜把蟲詆分を減らし2等級以上の差が出るように調整し月額変更届を提出すれば4か月目からは低い報酬月額にすることは可能ですが、虚偽の金額を記入したり給与規定などを逸脱しないようにしてください。その際、賃金台帳や源泉徴収簿、出勤簿の提出を言われる可能性があります。改ざんしたりしないでくださいね。

返信

2. Re: 標準報酬決定通知書

2014/08/27 22:00

crimson

おはつ

編集

質問にお答えいただきありがとうございました。
 不安が解消されました。

 確認ですが
  固定給が変更されたわけではないので、月額変更届等は出さなくても良い・従業員には9月分の給料から改訂された保険料を引く ということで大丈夫でしょうか?

従業員には理解してもらうまで説明するようにします。


 < 保険料が32万円から41万円にアップしたのではありません

と指摘していただいたとおり 私の書き方が悪かったです。等級と付け加えるべきでした。ありがとうございました。

またわからないことがあったらよろしくおねがいします。

質問にお答えいただきありがとうございました。
 不安が解消されました。

 確認ですが
  固定給が変更されたわけではないので、月額変更届等は出さなくても良い・従業員には9月分の給料から改訂された保険料を引く ということで大丈夫でしょうか?

従業員には理解してもらうまで説明するようにします。


 < 保険料が32万円から41万円にアップしたのではありません

と指摘していただいたとおり 私の書き方が悪かったです。等級と付け加えるべきでした。ありがとうございました。

またわからないことがあったらよろしくおねがいします。

返信

3. Re: 標準報酬決定通知書

2014/08/27 22:25

efu

すごい常連さん

編集

>確認ですが
 固定給が変更されたわけではないので、月額変更届等は出さなくても良い・従業員には9月分の給料から改訂された保険料を引く ということで大丈夫でしょうか?



定時改定での変更ですから月額変更届の提出は必要ありません。

9月分の保険料から変更ですが、通常は10月に支給される給与(給与の名称にかかわらず※)から変更された9月分の保険料を徴収します。これを「翌月徴収」といいます。法律で定められた徴収方法は「翌月徴収」です。9月分の保険料を9月に支給される給与から徴収する会社もあります。これを「当月徴収」と言いますが法律で定められた正しい徴収方法ではありません。もし貴社が当月徴収を行っているのであればできるだけ早く翌月徴収に移行されることをお勧めします。
※「給与の名称にかかわらず」というのは、例えば給与の締め日が9月、支給日が10月であった場合、「9月分給与」と呼ぶ会社と「10月分給与」と呼ぶ会社があります。ですから回答では「10月に支給される給与」と記載しました。


翌月徴収:9月分の保険料は10月に支給される給与から徴収し、10月末日が納付期限となります。

当月徴収:9月分の保険料を9月に支給される給与から徴収し、10月末日が納付期限となります。

(注)賞与から徴収する保険料については賞与の支給月の保険料となり、支給月の翌月末日が納付期限となります。

>確認ですが
 固定給が変更されたわけではないので、月額変更届等は出さなくても良い・従業員には9月分の給料から改訂された保険料を引く ということで大丈夫でしょうか?



定時改定での変更ですから月額変更届の提出は必要ありません。

9月分の保険料から変更ですが、通常は10月に支給される給与(給与の名称にかかわらず※)から変更された9月分の保険料を徴収します。これを「翌月徴収」といいます。法律で定められた徴収方法は「翌月徴収」です。9月分の保険料を9月に支給される給与から徴収する会社もあります。これを「当月徴収」と言いますが法律で定められた正しい徴収方法ではありません。もし貴社が当月徴収を行っているのであればできるだけ早く翌月徴収に移行されることをお勧めします。
※「給与の名称にかかわらず」というのは、例えば給与の締め日が9月、支給日が10月であった場合、「9月分給与」と呼ぶ会社と「10月分給与」と呼ぶ会社があります。ですから回答では「10月に支給される給与」と記載しました。


翌月徴収:9月分の保険料は10月に支給される給与から徴収し、10月末日が納付期限となります。

当月徴収:9月分の保険料を9月に支給される給与から徴収し、10月末日が納付期限となります。

(注)賞与から徴収する保険料については賞与の支給月の保険料となり、支給月の翌月末日が納付期限となります。

返信

4. Re: 標準報酬決定通知書

2014/08/28 17:34

crimson

おはつ

編集


翌月徴収なので大丈夫です。
10月に支給される給与から徴収します。

ほんとうにありがとうございました。


翌月徴収なので大丈夫です。
10月に支給される給与から徴収します。

ほんとうにありがとうございました。

返信

1件〜4件 (全4件)
| 1 |
役に立った

0人がこのQ&Aが役に立ったと投票しています