•  

助け合い

経理、労務、総務のことでわからないこと、利用者同士で助け合いを目的とした掲示板です。ルールを守ってご利用くださいませ。

スポンサーリンク

圧縮記帳<続 至急>

質問 回答受付中

圧縮記帳<続 至急>

2011/02/02 01:19

misuta-x

すごい常連さん

回答数:2

編集

こんにちは

再度、お聞きしたいのですが
圧縮記帳額になぜ40%するのでしょうか?(繰延税金負債)
残りを圧縮記帳積立金にするのか


あと税務で別表4では、(1年目は)圧縮額は減算項目で
繰延や圧縮記帳の取崩は加算項目
知らない人にはどう説明すればよいでしょうか

よろしくお願いします。

こんにちは

再度、お聞きしたいのですが
圧縮記帳額になぜ40%するのでしょうか?(繰延税金負債)
残りを圧縮記帳積立金にするのか


あと税務で別表4では、(1年目は)圧縮額は減算項目で
繰延や圧縮記帳の取崩は加算項目
知らない人にはどう説明すればよいでしょうか

よろしくお願いします。

この質問に回答
回答一覧
並び順:
表示:
1件〜2件 (全2件)
| 1 |

1. Re: 圧縮記帳<続 至急>

2011/02/02 09:03

takapon

すごい常連さん

編集

40%ってのはとりあえずの率です。
実際には会社が適用している税効果計算の実効税率を使用してください。
初適用であるなら税効果の会計基準に計算式は書いてありますのでそちらを見てみてください。

圧縮積立金がなぜ税効果適用後の額になるのかって話であればもともと発生した益には税金がかかるわけでその税金部分の調整と税金控除後に残る利益部分の調整ってことでわかれているからです。

説明は圧縮記帳が税金の繰延を目的としていることを説明。
その後に益発生期では利益を認識しないため減算調整している。2期目以降は減価償却部分の差額を加算して結局は同額払うってのを理解してもらえばいいのかなと思います。

40%ってのはとりあえずの率です。
実際には会社が適用している税効果計算の実効税率を使用してください。
初適用であるなら税効果の会計基準に計算式は書いてありますのでそちらを見てみてください。

圧縮積立金がなぜ税効果適用後の額になるのかって話であればもともと発生した益には税金がかかるわけでその税金部分の調整と税金控除後に残る利益部分の調整ってことでわかれているからです。

説明は圧縮記帳が税金の繰延を目的としていることを説明。
その後に益発生期では利益を認識しないため減算調整している。2期目以降は減価償却部分の差額を加算して結局は同額払うってのを理解してもらえばいいのかなと思います。

返信

2. Re: 圧縮記帳<続 至急>

2011/02/02 20:33

misuta-x

すごい常連さん

編集

どうもありがとうございます。

勉強してみてわからない時は
またアドバイスをお願いします。

どうもありがとうございます。

勉強してみてわからない時は
またアドバイスをお願いします。

返信

1件〜2件 (全2件)
| 1 |
役に立った

0人がこのQ&Aが役に立ったと投票しています