•  

助け合い

経理、労務、総務のことでわからないこと、利用者同士で助け合いを目的とした掲示板です。ルールを守ってご利用くださいませ。

スポンサーリンク

新規電話 買取・リース?

質問 回答受付中

新規電話 買取・リース?

2008/04/28 08:31

misuta-x

すごい常連さん

回答数:6

編集

会社の電話を新しくするのですが、資金面とかは全然関係なく
考えるとすれば買取、リースどちらを選択すればいいと思いますか
金額は200-250万



 

会社の電話を新しくするのですが、資金面とかは全然関係なく
考えるとすれば買取、リースどちらを選択すればいいと思いますか
金額は200-250万



 

この質問に回答
回答一覧
並び順:
表示:
1件〜6件 (全6件)
| 1 |

1. Re: 新規電話 買取・リース?

2008/04/29 11:09

せびら

常連さん

編集

資金面に関係なく考えればリースのほうが会社には便利で関係者の事務面も断然楽です。

ただ、会社は資金面、コスト面を抜きにして物事をきめることのできない存在ですから、misuta-xさんも悩んでおられる。

資金面の問題がない(リース期間中)、できるだけ事務コスト(人件費)を少なくしたい、その上、通話サービス面(故障時のリース会社の対応など)も心配がないなどを考慮すると200万円程度の設備ならばリースを選択しても株主に叱られることはないでしょう。


リース会社に、同種の設備をどの程度他社がリースとしているかなども参考に聞き、その結果と、これまでの検討結果〜コスト面では買取だが、リースのメリットのコスト換算は難しいがこのようなメリットがあると書いて、会社に提出されてはいかがですか。

資金面に関係なく考えればリースのほうが会社には便利で関係者の事務面も断然楽です。

ただ、会社は資金面、コスト面を抜きにして物事をきめることのできない存在ですから、misuta-xさんも悩んでおられる。

資金面の問題がない(リース期間中)、できるだけ事務コスト(人件費)を少なくしたい、その上、通話サービス面(故障時のリース会社の対応など)も心配がないなどを考慮すると200万円程度の設備ならばリースを選択しても株主に叱られることはないでしょう。


リース会社に、同種の設備をどの程度他社がリースとしているかなども参考に聞き、その結果と、これまでの検討結果〜コスト面では買取だが、リースのメリットのコスト換算は難しいがこのようなメリットがあると書いて、会社に提出されてはいかがですか。

返信

2. Re: 新規電話 買取・リース?

2008/05/02 07:48

PTA

すごい常連さん

編集

同様のスレッドをいくつか立てられているようで焦点が理解しづらいのですが、
「資金面に関係なく」というのはどういうことでしょうか?
お金は十分あるから、キャッシュ・フロー計算書は多少汚れても、損益計算上でのメリットが出れば良いということでしょうか。

ならば、どちらも大差ないと思います。
ご存じのとおり、本年度からリース会計基準が改正されましたので、リース資産も貸借対照表に資産として計上しなければなりません。
具体的には、将来の支払額を負債と認識して、
借方:リース資産/貸方:リース負債
また、リース料は、従来は、販売費および一般管理費の一本で計上していたものを原価償却分と利息分に分解して、
販売管理費として減価償却費
営業外費用として支払利息を計上しなければなりません。

リース期間中の合計費用計上額は、買い取りもリースも大差はないと思いますが、
手間という面では、個人差はあると思いますが、私は、ここまでくればリースの方が面倒に感じますし、貸借対照表に資産計上しなければならないのであればリースの意味がないので、買い取りの方に傾いています。

どちらにも、メリット・デメリットがありますので、御社ではどのメリットを享受し、どのデメリットには目をつぶるか、それ次第ではないかと思います。

今回のリース会計基準改正で、多くの企業がリースをやめてしまうのではないかと、リース会社は戦々恐々としているそうですが、こればかりは、ふたを開けてみないとわからないと思います。ただ、リース会社に相談すれば、リースが良いと言うに決まっていると思います。

同様のスレッドをいくつか立てられているようで焦点が理解しづらいのですが、
「資金面に関係なく」というのはどういうことでしょうか?
お金は十分あるから、キャッシュ・フロー計算書は多少汚れても、損益計算上でのメリットが出れば良いということでしょうか。

ならば、どちらも大差ないと思います。
ご存じのとおり、本年度からリース会計基準が改正されましたので、リース資産も貸借対照表に資産として計上しなければなりません。
具体的には、将来の支払額を負債と認識して、
借方:リース資産/貸方:リース負債
また、リース料は、従来は、販売費および一般管理費の一本で計上していたものを原価償却分と利息分に分解して、
販売管理費として減価償却費
営業外費用として支払利息を計上しなければなりません。

リース期間中の合計費用計上額は、買い取りもリースも大差はないと思いますが、
手間という面では、個人差はあると思いますが、私は、ここまでくればリースの方が面倒に感じますし、貸借対照表に資産計上しなければならないのであればリースの意味がないので、買い取りの方に傾いています。

どちらにも、メリット・デメリットがありますので、御社ではどのメリットを享受し、どのデメリットには目をつぶるか、それ次第ではないかと思います。

今回のリース会計基準改正で、多くの企業がリースをやめてしまうのではないかと、リース会社は戦々恐々としているそうですが、こればかりは、ふたを開けてみないとわからないと思います。ただ、リース会社に相談すれば、リースが良いと言うに決まっていると思います。

返信

3. Re: 新規電話 買取・リース?

2008/05/02 16:34

misuta-x

すごい常連さん

編集

貴重なご意見どうもありがとうございます。
色々と検討してみます

貴重なご意見どうもありがとうございます。
色々と検討してみます

返信

4. Re: 新規電話 買取・リース?

2008/05/02 16:36

misuta-x

すごい常連さん

編集

いつも貴重なご意見ありがとうございます。
私にとっては、本当に助かります
ご意見を参考にして検討します

いつも貴重なご意見ありがとうございます。
私にとっては、本当に助かります
ご意見を参考にして検討します

返信

5. Re: 新規電話 買取・リース?

2008/05/08 12:51

hhh

ちょい参加

編集

> ご存じのとおり、本年度からリース会計基準が
> 改正されましたので、リース資産も貸借対照表に
> 資産として計上しなければなりません。

5月2日に「中小企業の会計に関する指針(平成20年度版)」が出てきて、リース基準を強制適用されない会社についてはリースに関しては賃貸借処理を選択可とされているようです。

> ご存じのとおり、本年度からリース会計基準が
> 改正されましたので、リース資産も貸借対照表
> 資産として計上しなければなりません。

5月2日に「中小企業の会計に関する指針(平成20年度版)」が出てきて、リース基準を強制適用されない会社についてはリースに関しては賃貸借処理を選択可とされているようです。

返信

6. Re: 新規電話 買取・リース?

2008/05/09 07:39

PTA

すごい常連さん

編集

ご指摘ありがとうございます。
しかも、300万円までならば、大企業でも資産計上が不要のようですね。
もっと勉強します。

ご指摘ありがとうございます。
しかも、300万円までならば、大企業でも資産計上が不要のようですね。
もっと勉強します。

返信

1件〜6件 (全6件)
| 1 |
役に立った

0人がこのQ&Aが役に立ったと投票しています